(報告)調査の手法から考える「生活者としての外国人」のニーズを基盤とした地域日本語教育

このたび、緊急開催!ということで公開講座「調査の手法から考える(「生活者としての外国人」のニーズを基盤とした地域日本語教育)」を実施しました。

講師は静岡県立大学国際関係学部教授・高畑幸先生です。

ところで、高畑先生からご参加者26名には事前にアンケートのご協力をお願いしていました。「今回、フィリピノナガイサの講座に参加するのは何回目ですか」の問いに、約半数の方が「はじめて」とご回答くださっています。

講座開始時の自己紹介では、全国から、さまざまな背景を持つ方々が、それぞれの現場ごとに課題意識を持って、ご参加いただいていることも伝わってまいりました。

日本語教育関係者(教師、ボランティア、日本語学校経営者)、自治体や国際交流協会の職員、大学教授、大学生、外国人雇用コンサルティング会社経営者、そして海外からのご参加も複数名…新しいつながりに感謝いたしますm(__)m

さぁ、内容のご報告です。先生からは冒頭、「本講座の目的として、『生活者としての外国人』が日本での生活をより充実したものにするために行う日本語教室というものがあり、そこにはどんなニーズがあるのか?それらを知るための調査の方法や気をつける点などについて学びます」というお話がありました。

一つの事例として、1990年代に先生が名古屋栄東地区のフィリピンコミュニィに関心を持ち、2000年代に入ってからは同地区の日本人を対象に外国人住民の地域参加に関する意識調査をしたこと、その調査をきっかけに、地域全体が共生社会に向けて動いていき、行政と地域組織、フィリピンコミュニティが連携した「共生事業」が根付いている…そのような話をお聞きしました。

この地区のフィリピンコミュニティであるフィリピン移住者センター(FMC)では、フィリピンの方々の生活や抱えている課題など、色々見えてきたのだそうです。(キーワード/「ラポール形成」「参与観察」「ゲートキーパー」)

その後、栄東地区の日本人住民を対象に意識調査をする必要を感じて、町内会長さんに協力のお願いに行ったそうですが、最初は「この人だれ?」というご反応だったとか。

けれども調査後、「数字として結果が表れる」というのが一つの説得材料になり、町全体が動いていった!と。

こうした実例を伺うと、大変励みになります。興味深くお聞きました。

また、調査実施前に町内会長さんたちと話しながら、先生が「もともと日本人住民も、”なんか最近、外国人増えているよね。何か一緒にできないかな”ということをぼんやりとでも思っているのでは?」と予想を付けていたからこその行動力と結果だったのだとわかりました。

調査の結果は当時、中日新聞にも取り上げられ、両者(フィリピンコミュニティと自治会)の声が社会の中に「見える化」されました。これにより、あらたに「行政(中区まちづくり推進室)」が加わり、互いの関係性が続く仕組みができたことも必見です。

★栄東まちづくりの会(こちら)…高畑先生の調査後、町内会等の地域組織から代表者を出して結成された。活動の目的のひとつが「外国人住民との共生」(2003年)。

★フィリピン人移住者センター(FMC)…日本で暮らすフィリピン人を支援し、社会・文化・経済・政治的地位の向上を目指すとともに、日本内外の他団体と連携しながら、フィリピン系コミュニティと日本社会との良好な関係を築くことを通じて多文化共生社会の構築を目指している団体です(代表:石原バージさん)。

それぞれの団体は長年にわたる多文化共生の活動が評価され、2013年と2015年に愛知県知事から表彰されたそうです。また、今年はコロナ対策に向けた活動として、「FMC」の皆さんが同地区の飲食店で働く外国人にマスクを配布されたとうこともお聞きしました。

栄東地区での多文化共生事業については、ぜひ「こちら」の動画もご覧ください(制作:DiVE.tv)。

こうした先生のお話から、リアルな社会現象の中に自分たちも存在しているということを「まず、知ること」「関心を持つこと」から調査へ踏み出し、分析結果から、それぞれの現象の関係性を知り、必要な仲介を行うことができることも教えていただきました。

その他、調査の進め方や注意点などをお聞きしましたが、こちらはご参加いただいた方のみの特典として、本記事への掲載はここまでにさせていただきますm(__)m

「社会調査」について詳しく知りたい方は、「社会調査士」の認定団体である一般社団法人社会調査協会ホームページをどうぞ(こちら

全国で200以上の大学に社会調査士資格取得のためのカリキュラムがあり、ホームページではその大学の一覧が見られます。これは学生が「社会調査士の資格を取りたい」というときにも、自治体が「住民に向けた調査で地元大学の協力を得たい」という場合にも参考になるそうですよ。

さらに、社会調査について独学でもっと勉強を深めたい方は、甲南大学の「社会調査工房オンライン」のサイトにも調査のノウハウが書かれています。参考にしてください。

最後は恒例のご参加者と記念撮影をさせていただきました。本事業は文化庁委託にて実施しましたが、皆さまとともにこうした講座に参加した足跡を残すこともまた、次の活動に結び付きます。ご参加、ご協力、改めましてありがとうございます。

講座を改めて振り返りまして、先生から大事なメッセージを受け取ったと思います。それは、「調査をするということは、調査を受ける側の時間を奪ったり、調査内容によっては精神的苦痛を与えるようなものもあるかもしれない。そのことを常に頭に入れた態度と配慮をもって、調査に関わるように」ということです。信頼関係の構築、無駄のない聞き方の大切さから、これまで本事業がシリーズで実施してきた「やさしい日本語」に通じる点が非常に多いと感じました。

高畑先生、今回は大変貴重なお話を聞かせてくださいまして、ありがとうございました。Maraming salamat po.

私の大切な人は…→尊敬する人は…(面接)

こんにちは。いつもなら駅南教室がある月曜日ですが、今日は勤労感謝の日のため、休みです。さて、その駅南教室について。先週の報告をもう少し。

先日、東京都のコロナウィルス感染防止呼びかけ動画を見ながら、聴解・読解問題に挑戦したことを書きました(こちら)。その続きです。

ところで、ここには「大切な人」と書いてありますよね。みなさんの大切な人はだれですか?

私の大切な人は、〇〇です。

①この時間は会話練習なので、発表してもらいます。

それを聞きながら、講師はひらがなで板書していきます。「かれし」って言った子もいました。紹介してもらわなくちゃ(笑)

②次に、生徒たちは自分で漢字を調べながらノートに自分が発表した文章を書き留めます。

③「どんな人ですか?」という問いに、形容詞を入れて考えます。

まずは自分で辞書(グーグルを使う人が多いようです)で調べますが、きれいに翻訳されることはまずないですね。確かめが必要です。そのため、

④「私の母は〇〇です」「私の父は▲▲です」など。もう一度、講師が発表を聞きながら日本語を整理していきます。

こうして自分と関係性のある人たちの呼称を覚えたり、その人たちがどんな人かを習った形容詞を使って言い表したりしながら、語彙を増やしています。

ところで、この子達は近いうちに高校受験が控えています。そのため、少し聞き方を変えてもう一度、尋ねます。

「あなたの尊敬する人は、だれですか?」

面接や作文ではこのような質問の仕方をされることもしっかり押さえてもらって、この時間は終了です。コロナウィルス感染防止の呼びかけについても、「具体的に大切な人を思い浮かべながら」聞いてもらうことができたと思います。

次はバイリンガル講師による漢字の授業!この日は「これまで覚えた漢字を誰が一番多く書けるか?」ホワイトボードに書いて競っていましたよ^^

すごい!まだ先月、クラスに参加したばかりの子供たちも多いのですが、平日継続して通った成果が出ています♪みんな、真剣で楽しそう!!

このクラスにはバイリンガル講師3名、日本語教師3名、算数の講師1名、合計7名が子供たちの支援にあたっています。子供たちがどんどん幹を太くし、枝を伸ばし、葉、実、花が着けられるようサポートしていきたいと思います。

このあと、ちょっと寒くなってきますが頑張りましょうね♪

静岡市「多文化共生サポーター養成講座」へ行ってきました。

こんにちは。11月の割に、暖かい日が続いています。

さて、少しご報告が遅くなりましたm(__)m

11月14日(土)静岡市主催「多文化共生サポーター養成講座」にて「やさしい日本語の情報発信と意思疎通」というタイトルで講座を担当させていただきました。

静岡市のこちらの講座、とてもすてきなんです!まず、ご担当の国際交流課職員の皆様が熱心でいっしょうけんめい(これは、ものすごく大事なこと)!地区ごとの特性や共生社会に関する困りごとも把握されていて、そのためこの講座を立ち上げる必要を感じて実施していらっしゃるとのこと。そして、カリキュラムは在住外国人の声を反映するような構成にしてあること。また、講座に自治会長さんが複数名、自主的にご参加されていらっしゃること。などなど…

さて、このようにお集まりいただいた方々に、当法人からは次のことをお話申し上げました。

①プロローグとしてコロナ禍におけるフィリピンの皆さんの情報収集状況について。(「やさしい日本語」は様々に工夫されて出されていたけど、実際にはそこから情報を取る人は少なかったこと/大使館や同胞仲間による発信から情報収集していたこと)

②それなら、「やさしい日本語」はいらないんじゃない?ってことではなくて、どのように「やさしい日本語」が機能したかというと…。日本人の友人がいると、公的機関が出した「やさしい日本語」をいっしょに見ながらサポートしてもらったり、「情報がここにあるよ」と教えてもらえること。

文化庁の実施した調査によると「やさしい日本語」は普及していないようで、今日はいっしょに普及する活動のアイディアを共有したいこと。

③実際、どうやって外国人の困っていることをキャッチしたり、役に立てるの?ということで、これまで当法人が実施した「やさしい日本語などの意思疎通」による交流の活動事例をご紹介しました。

外へ出て、日本語を使ってやってみることで自信につなげたいという思いで実施しています。また、出かけてみると想定外の発見もあり、次の授業の組立に役立ちます。
外国人にも日本人にも共通する「生活」というテーマを軸にして、同じ場に参加者をセッティングすることもあります。また、これもやってみるとわかりますが、「ご愁傷様です」は舌が回りにくいので「このたびは、大変ですね」に変えてみるよいとアドバイスしたとか、医者に「舌をベ―っと出して」と言われても「べーっ」がわからないのでノーリアクションだったとか、そんなこともありました。
外国人はいつも教わるばかりではななく、「いっしょにやりませんか」と日本の方々にお声をかけて交流が深まった事例です。
言語としての日本語にこだわることなく、地元の方が一生懸命その土地の良さを学習者に伝えてくださったり、反対にジェスチャーで「いっしょに写真を撮りたい」と地元の方に学習者から伝えた事例です。
外国人と接点を持ったことで、日本の方もご自身の使われる日本語に意識が向いたという事例です。
日本語学習者に毎回、「お土産」になるものを渡せることを意識しています。それは教材としてのプリントだったり、ゲストにお願いするノベルティであったり、「フォトジェニック」だったりします。それらを見て、授業や交流を思い出してもらえればと思っています。

というわけで、当法人からはネタを出し尽くしましたので^^;あとは、受講者の皆様にグループワーク活動をしていただきました。

「着付け体験会」「祭り体験」「子育て世代を集めて、絵本読み聞か会」「お酒を酌み交わしながら、自国の言葉を教え合います」などのアイディアが出ていました。

以上、ここまでが第一部でした。

次の第二部は留学生の皆さんが「日本語で分かりにくいこと」を発表なさいました。静岡市は留学生が多いのも特色ですね。彼らのお声、ほんのごく一部ですが、ご紹介します。ぜひ下記、お読みいただきたいです!

ホテルフロントのバイトで、マニュアルには「よろしゅうございますか?」と書いてあったので、そのまま使った。でも、実際にそんな言葉を使う日本人はいないみたいで、マニュアル通りと実社会の言葉のバランスの理解が難しい。
サークルで先輩が自分のことを「○○ちゃん」と呼んでくれているので、自分もしばらく「●●ちゃん」と先輩のことを呼び続けていた。ある日、同級生から「先輩には”さん”を付けて呼ぶんだよ」と言われた。日本は社会に出る前の学校生活なのに上下関係があるんだと驚いた!
「ヤバイ」という言葉がやばい!!!初めて「ヤバイ」の言葉を聞いたのは「あの服、やばくない?!(ダサいの意味で、マイナスイメージ)」。次に聞いたときは「この料理、超ヤバイ!(おいしいの意味でプラスイメージ)」どうして、同じ言葉なのに逆の意味があるの?「やばい」と思う!!(笑)

あまりにチャーミングな留学生3人に、すっかり皆がファンになってしまいました^^スリランカの留学生は最後にこのように言ってくれました。「私たちの日本語の言い間違いや聞き間違いはそんなに深刻ではない。笑えるものばかり。それって、学校や職場のスパイスみたいなものでしょう?」と♪

第三部は「自治会加入のお知らせ」の「やさしい日本語」リライトに挑戦。このあと本当に地域で使うものらしいです。とても実践的なワークですね。

しかし、元の文章を見たところ、リライトの難易度が高い(^^;)

ご参加者の皆さんとともに、悩んでまいりました(笑)

最後は、静岡県からお預かりしていた「やさ日富士夫くん」のバッジをご参加者の皆様に差し上げまして、講座を終えました。

たまに別の地区にお出かけしますと刺激を受けて勉強になります。このたびお声をかけていただきました静岡市国際交流課さま、どうもありがとうございました。Maraming salamat po.

「多文化共生社会」の防災・減災

地震、台風、大雨、洪水…日本は自然災害がとても多い国です。

そんな中、国内には300万人近い外国人が暮らしていますが、「自国との気候・起こり得る災害の種類の違い」を知らない人も多くいます。多様化が進む私たちの「地域の防災・減災への意識」は、従来のままで大丈夫でしょうか。

そこで、講座を一つ計画しました。参加費無料、定員90名まで、詳細は下記チラシをご覧ください。

本講座の第一部では、東日本大震災でのご経験から当時困ったことや、現在の住民の意識変化を共生社会の視点からお聞きします。(講師は仙台多文化共生センター長の菊地哲佳さん)

第二部では「浜松市災害時多言語支援センター」の取組をお聞きします。(講師は公益財団法人浜松国際交流協会HICEのキクヤマリサさん)

地域日本語教室はたいてい協働センター(公民館)を会場とすることが多いですね。こうした施設利用者は日本語教室に通う外国人のほか、地元住民もいます。

このように人々が集う場を捉えて、日ごろの教室活動で災害への備えとしてできることを今一度考えられるよう、ご参加者の皆様と共有したいと思っています。

日本語教育のご関係者はもとより、通訳・翻訳者、自治会の方、地域の方など。全国から国籍問わず参加をお待ちしています。(講座は日本語で行います)

お申し込みはメール( filipinonagkaisa@yahoo.co.jp )まで。「お名前」「ご所属」「ご連絡先」を記してお申し込みください。ご参加者には、12月15日ごろ、参加URLをお送りします。

よろしくお願い致します。

主催:NPO法人フィリピノナガイサ

共催:浜松市・(公財)浜松国際交流協会(HICE)

「やさしい日本語」のわかりやすさの「たしかめ」を日本語学習教材に取り入れました

日本に暮らす外国人が年々増えており、そうした人たちのうち「英語よりも日本語のほうがわかりやすいこともある」というのが、少しずつ知られるようになりました。当法人でも公開講座や本HPを通じて周知しているところです。

ただ、その時に使う日本語は、少しコツや工夫が必要です。これを「やさしい日本語」と言います。

今夏、法務省「やさしい日本語ガイドライン」が制定されたことも記憶に新しいことです。

ごく最近では東京都の小池百合子知事が、コロナウィルス感染拡大防止のための啓発動画を「やさしい日本語」で出しましたが、みなさんご存じでしょうか。(こちら

日本語教師としては、これ、大変わかりやすいと感じました。その理由は、

★「やさしい日本語」の原則でもある”はさみの法則”が使われている

★ジェスチャーが適宜ついている

…でも、「やさしい日本語の情報発信」の中でも都知事の動画は「わかりやすさ」が桁外れだなと思いました。

もしかして!話し言葉特有の「フィラー(言い淀み)がない」から?この点は、「情報提供」をする際、とくに意識されたい点ですね。

・・・と思うのは日本語教室運営者(日本人)としての気づきなのですが、一方で実際に「みんなは、どうなのか?」を確かめることも大事だと思いました。

というわけで、さっそく動画を授業(日本語レベルは初級ほど)での教材として取り扱いました。「確かめ」の方法は次のようにしました。

①視聴した後、会話教材として

②スクリプト(UDフォント)を作成し、読解問題として。

さて、このスクリプトを読みながら「浜松市の新しい生活様式(やさしい日本語版)」から、文章に合うピクトグラムを探しましょう~

「マスク」「手を洗う」は完璧!「人と人との間をできるだけあける」と「離れる」については、「できるだけ」や「離れる」といった意味が難しい様子。”2m”を手掛かりにして!と補足して、わかったみたいです。「正面を避ける」と「人と近くで話さない」の状況はほぼ同じ(似ている)というのもイメージがわかないようでした。「正面を避ける」がちょっと、難しいのかも。

実際には自治体が違うので、注意喚起の内容(呼びかけ)がピタリと合わない部分もあり、そこは会話でカバーしたかったのですが、初級クラスではそのあたりの微妙なニュアンスの違いを捉えて会話に発展させるのは難しいので、もう少し上のクラスへお預けです。

コロナに関する情報に限らず、これまでも公的機関から様々に工夫されて生活に必要な情報提供は続いてきたわけですが、本人たちに届いていかなければあまり意味がありません。教室で取り扱う意義はありそうです。

また、「使ってみてどうだったか?」を関係機関にフィードバックして、よりよいものに改善されていく必要もあります。引き続き、生活に即したレアリア教材を見つけていきたいと思います。

と、ここまで書いたことと真逆ではあるものの大事なご報告!

実際には東京都のこちらの動画は「英語」でも、そして!!「タガログ語」でも発信されています。そのほかの言語も出ていますが、これは東京都が各国の大使館に動画のシェアの協力をお願いをしたそうです(本日昼の都知事会見より)

フィリピンの方に限って言えば、「情報発信」を届けるためのキーワードは「大使館」「動画」です。この記事を書いている今現在、動画再生数もやさしい日本語版よりもタガログ語版が圧倒的に多くなってることがわかります。このことから、フィリピン大使館のご協力は大変大きいものだったのではないかと思われます。

10,647回視聴・2020/11/13 
1672回視聴・2020/11/12

私たちも海外へ行ったら、まずは日本の外務省や大使館といった情報を探すことで安心できるということはありますね。グローバル社会においては国レベルでの交流、協力がますます必要な時代になっています。

復習しましょう^^「おりがみ」と「日本語」

前日の勉強は、「こちら

ごく簡単な「おります」「あげます」「あわせます」「とじます」などを勉強しました。

今日はもう少し日本語を付け足して、手順の「説明」ができるようにしましょう。「折り方」の紙を見ながら、作業を思い出し、日本語をクラスでシェアしながら書き込んでいきます。

あとはこれに接続詞をつければ、バッチリですね。

そうそう、料理や「折り紙」など。作業が完成したときには「できあがり」という言い方をします。

でもあと、もう一つ!子供たちに「心」を伝えたい♡

「羽を広げます」

どうやって???

「ゆっくり」「やさしく」ほかにも、「ていねいに」「そっと」など。折り紙が破れないように、副詞を入れていきましょう。「大事に扱う」ということを気にかけてほしいと思います。

きっと、鶴も喜んでいます^^

今にも羽ばたきそうな鶴の「できあがり」♡

ポストコロナ時代の多文化共生施策(浜松市から、ウェブセミナーのご案内)

浜松市国際課から、ウェブセミナー「ポストコロナ時代の多文化共生施策」のお知らせです。

移民受け入れ時代と言っても過言ではない今。多文化共生に関するさまざまな施策と私たちの活動はとても身近にありますが、これからはコロナを外しては考えられない状況になりました。

とくにSNSが発達し、また対面よりもオンラインが加速している状況で、いかにして大事な情報を届けるのか?あるいは届いたかどうかの確認はどうするのか?

ソーシャルディスタンスをはじめとする「新しい生活様式」が推奨される中、どのように交流を深めればよいのか。

1990年以降、ニューカマーと呼ばれる方々の来日以降ずっと伴走してきた「多文化共生」の在り方や考え方といった根幹を守りながら、しかしwithコロナの中で活動をするのは一見すると相反する面もあり、戸惑いや不安もあります。

当法人としても、関心をもって聴講したいと思います。みなさんも、いかがでしょうか。

主催は外国人集住都市会議会員都市でもある群馬県太田市と大泉町、それから静岡県浜松市です。

申込フォームは「こちら」(12月8日まで)

「おりがみ」と「日本語」(駅南教室)

フィリピノナガイサは9月から就学に困難を抱えている子供たちのため、平日に学習・日本語教室を実施しています(駅南教室)。

これは、浜松市定住外国人の子供の就学支援事業の委託を受けて実施しています。

さて、平日ほぼ毎日を共に過ごす私たち。しかもまだ年齢も若いということもあり、「なんでも学びにつながる」というのがいいですよね。授業は教科書を使って勉強する時間もありますし、それを「実践」や「会話」などに発展させることも可能です。

というわけで、日本語の教科書を使って一通り動詞のグループ分けや変化を学んだあと、それを「手作業」に結び付けて言葉を使ってみました。

ずっと座学の勉強というのは生徒も講師もへとへとになりますものね。後半はアクティビティしましょ♪

それで何をしたかというと、折り紙で鶴を折ってみました。「折り紙」を題材にしたのは講師の趣味です。(すみません^^;)

ちなみに、皆がこのクラスに入ったころ「趣味」についても日本語で言う勉強をしているのですが、みなさん覚えているでしょうか?!自分の趣味について話せるかしら?高校受験を控えた子たちについては趣味についても即答できるといいですね。

…なんていう導入から、「私の趣味は折り紙です」(みんな束の間の教科書とノートから解放されて、ふ~)

あ!でも、

\日本語を言いながら折ってください/

簡単な動詞を言いながら折っていきましょう~

簡単な動詞と手作業が合うように覚えて、この日の学習は終わりです^^

明日は、「文レベル」にして作業を復習しましょう^^

やさしい日本語で仲良くなろう!(浜松市UD講師派遣プログラム)

こんにちは。

浜松市では「UD講師派遣プログラム」というのを実施しています。小学校4年生になると総合学習でユニバーサルデザインについて学ぶのですが、その一環で外部講師を招いて授業をすることもあります。当法人は「やさしい日本語」に関して、この講師登録をしており、このたび双葉小学校からお声を掛けていただき、行ってまいりました。

この日のことが、小学校のHPに掲載されました。

さて、改めまして流れは次の通り。

①みんなは、お年寄り、自分より年下の子、障がい者と話をしたことがある?そのとき、伝えようとして、どんなことに気をつけて話をしたか教えて!

みんながその時、気づいたりやったことは、今日話をする「やさしい日本語」に関係があるよ~

ところで、「やさしい日本語」の”やさしい”は、どんな意味だと思う?

…???

「優しい」は出てきたけど、簡単な意味を持つ「易しい」の方は出てきませんでした。そこで、静岡県「話そう、やさしい日本語」の動画を見て、理解を深めました。

次に、「やさしい日本語」の感覚がつかめたところで、ワークに挑戦!

みんなは昼休み、どんなことをして遊んでいるの?その遊びをやさしい日本語で教えて!

「鬼滅の刃」ブーム到来により、「鬼」の漢字の書き方を聞かれました^^;(おにごっこ)

班で考えて、発表するときには自然と話言葉としての「やさしい日本語」に調整していました。子供たち、スゴイ!

今回、子供たちになるべく質問を投げかけるように努めました。誰かにやさしくしたことがある経験を思い出してもらえるよう引き出せれば「やさしい日本語」の授業はほぼゴールです。あとは、その思いを子供たちがどのようにアレンジし、運用できるかを見守れる大人でありたいと思いました。

浜松市内小中学校には、実に1800名を超える外国にルーツを持つ子供たちが通っています。「やさしい日本語」を通して、子供たち同士が仲良くなれることを願います^^

このたびは、大変貴重な機会をいただきました。子供たちと関係者の皆様に、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。Maraming salamat po.

フィリピノナガイサの「コロナウィルス感染防止対策」です

こんにちは。連日、全国的にコロナウィルス感染拡大のニュースが、また聞かれるようになりました。ここで改めて、皆さんに確認してもらいたいことがあります。

浜松市のHPをご覧ください(「浜松市の新しい生活様式」)

対面での日本語教室では次のように対応しています。(9月現在)コロナウィルスへの対策は日々フェーズが変化しています。引き続き、情報を注視してください。