自分の言葉で語る、クラスの共通言語を探る(面接練習はじめました)

ちょっと、今日のタイトルはいつもと趣向が違います^^;

9月になりました。

フィリピノナガイサでは平日、学齢期を超えた子どもたちが勉強しています。今日のように雨でも、みんな一生懸命がんばって通ってきています。

皆、今は学校に通っていませんが、来春、高校進学を目指しています。受験科目は志望校により少し違いますが、共通しているのは「面接・作文」です。

この2つは話すか書くかというアウトプットの手法の違いこそあれど、「自分を語るもの」という点では違いがありません。

「そろそろ受験準備を始めないとね」ということで、総合学習では「人生設計」をチャートシートに書き込んだばかり。(21-8-25 人生設計)

 

今日はそれを見て、

①書いてみてどうだった?

②この中から今日は1つだけ選んで、もう少し詳しく聞かせて~

と言って、講師やクラスの仲間と会話をしながら、チャートを深堀しました。(金曜日は会話クラスなので)

 

「日本語教室」として考えると、「がんばって日本語で話して」となるのが一般的なのでしょうが、私たちのクラスでは「まず、自分の言葉で話してみて」と言います。それでもためらっている生徒には、「タガログ語でも英語でも、ビサヤ語でもいいよ」と背中を押します。通訳者もいますしね。

さて、①「チャートを書いてみてどうだった?」の問いに、子どもたち、何と答えたと思いますか?

ー初めて書いた~

ー書くとき、たくさん考えた。

といったことでした。

 

そっか、すごくたくさん考えたから、こんなにたくさん書けたんだね^^

(年齢ごとに落とし込んで、やりたいことを所狭しと書いています)

次に②「たくさん書いた中で、今日は1つだけ決めて、もう少し詳しく聞かせて」と聞いてみました。

子どもたちは、自分たちの書いた(描いた)将来から、それぞれ、こんなことを選びましたよ。

例えば、「家族のために家を建てたい」と言った子と講師の会話はこんな感じ。

◆どうして、これを選んだの?

◇家族と約束したから!

◆へ~、●●さんの家族はどんな家族なの?

◇…

◆その約束を守るために、やっていることはある?

◇勉強

◆勉強は何をしているの?

◇毎日、日本語の勉強を復習している

◆毎日?

◇毎日、夜、このクラスの復習や新しい勉強をしている

◆そんなに、がんばっていたんだね!その様子を見て、家族は何か言っている?

◇応援してくれている

◆家族が応援してくれて、どんな気持ち?

◇うれしい

◆それは、うれしいよね~。家を建てようと思うと、お金がかかると思うけど、どうしたらいいのかな?

◇勉強してビジネススクールを卒業して、仕事して、お金貯めたい。

◆できそう?

◇家族と約束したから、出来ると思う

◆そっか、●●さんが頑張れるのは、「家族がいるから」なんだね。応援してるね!!

◇ありがとうございます。

・・・

 

ところどころ日本語で、でも直接やり取りできないところは通訳者がサポートしてくれました。

 

こういう会話を数名の生徒と繰り返したところ、ある生徒から突然、

「先生、inspirationは日本語で何ですか?」と聞かれました。

 

はて、インスピレーション…

「ひらめき」かな???

 

通訳がすぐに助けてくれて、

「うーん。たぶん、彼女の言っているのはそうじゃないと思う。motivationに近い意味かなぁ。家族がmotivationっていうことを言いたいんだと思う」

 

なるほど。

しかし、motivationはモチベーション^^;

これ、翻訳すると何だろう???

 

すぐに別の生徒が辞書を引いて、

「どうき?!」とフォローしてくれました。

 

そうだ、「動機」だ!!

 

今度は、別の子が「ドウキ?」と言っている。それで通訳者が「原動力でもいいんじゃない?」とフォローして^^

 

やがて、クラスには「動機」と「原動力」の渦が(笑)みんなで授業をすると、こういう化学反応が起きていいですね!

どこかのタイミングで教師が提示しなければと思っていた受験に必要な語彙が、それを待たずに自然と沸き起こる。というか、これはすでに子どもたちが言いたいことを持っているということだとも思うのです。言い方がわからないだけで。

 

さらにこのクラスは、「動機」の「機」とは何か?について、話が発展して。

 

「機械」の「機」なんじゃないか!

いや「機会」の「機」なんじゃないか!?

 

正解は「機会」なんだけど、「機会」ってなんだろうね?ということから、今度は「きっかけ」という新しい言葉を提示するタイミングを得ました。

 

そう、「きっかけ」という語彙も面接では必須語彙なのです。

 

ー本校を受験したきっかけは何ですか?

ー来日したきっかけは何ですか?

 

聞かれそうですよね。

 

・・・

今日はみなさんの自己理解を深め、自己効力感を高めて受験に挑めるように授業を展開しました。それと、受験勉強期間は心が折れそうなときもある。仲間は必要!

友だちの話を聞いて、「へ~、そんな考えを持っていたんだね」という他者理解を深める時間でもあったとしたら、うれしいです^^

 

会話は意思疎通なので、レベル差があっても場が機能することを目指しているというのもあり、あえてレベル分けせず通訳者に助けてもらいながらみんなでいっしょに勉強しています。

 

さて、今日の宿題は

①今日話したことを忘れないよう、自分の言葉で日記を書く。

②余裕があったら、書いた日記をスマホで日本語に翻訳してみる。

 

今日のまとめが、来週どのように皆さんの記録として書きまとめられているのか、楽しみです。会話はすぐに流れてしまいますが、文章にすると何度でもそれを磨いて反芻できます。これは作文を書くことにもつながっていく力です。

 

受験日まで、そうやって言葉を磨いていきましょう。

大丈夫!先輩たちが同じようにして卒業していきましたよ^^

【申込フォーム】「生活者としての外国人」のライフステージに寄り添う地域日本語教育を考える

***先着100名、お申込み受付中!***

 

文化庁委託「生活者としての外国人」のライフステージに寄り添う地域日本語教育を考える

9月20日(月)午後1:30~5:30
オンライン会議システムzoom
参加費無料

地域日本語教室は、社会情勢が切り離せません。それに伴い、関わる人材の変化も求められます。

私たちフィリピノナガイサが文化庁より「生活者としての外国人」のための日本語教育事業を受託してから11年が経ちました。 開始直後の学習ニーズは「生活上での困りごと」でしたが、滞在年数が長くなり、今では「就労」「ライフキャリア(人生そのもの)」に変化してきています。 こうした方々に寄り添う、地域日本語教育人材のあり方について考えてみたいと思います。

そして、海外の移民施策の事例も参考にしましょう。

お申込みは、(こちら)

 

 

★PDFチラシ(9月20日)

 

主催:NPO法人フィリピノナガイサ

共催:浜松市

後援:(公財)浜松国際交流協会(HICE)

 

 

総務省「多文化共生事例集(令和3年度版)」に「バヤニハンクラス」が掲載されました。

8月は大雨に緊急事態宣言と、大変な日が続きました。

みなさん、いかがお過ごしでしたでしょうか。

 

さて、本日付けで総務省から、

「多文化共生事例集(令和3年度版)」が更新されましたので、

こちら」にご報告します。

 

当法人は、p.44~p.45に掲載されています。

 

ちなみにこの事例集は、2017年にも発行されています。

こちら

 

あれから5年が経ち、内容が更新されています。

共生社会実現を目指す日本語教室は、社会動向とともにあります。

外国人住民の増加・多国籍化、在留資格「特定技能」の創設、多様性・包摂性のある社会実現の動き、デジタル化の進展、気象災害の激甚化などの社会経済情勢の変化…

加えて昨年からのコロナ禍…

 

アップデートしたものを掲載する機会をいただき、ありがとうございました。

Maraming salamat po.

 

・・・

(番外編)

アップデートに際して、写真選びに迷いました。

コロナ以前のものか、コロナ以降のものか。

 

2種類提出しましたが、コロナ以前のものが掲載されました^^

バヤニハンクラスのサブタイトル、「~みんなで地域をつくっていこう~」という思いを伝えることができていれば幸いです。

 

 

 

(募集)「生活者としての外国人」のライフステージに寄り添う地域日本語教育について考える

フィリピノナガイサは今年度も文化庁より委託を受け、「生活者としての外国人」のための日本語教育事業を展開しています。

その中で、日本語教育を行う人材の養成・研修の実施が定められています。昨年度は「やさしい日本語」を軸にカリキュラムを立て、オンラインで全国から多くの方々にご参加いただきました。これにより、「地域」日本語教育のあり方について理解を深めました。

今年度は「知の循環型社会」という視点で、より専門的に「地域」の日本語教育に焦点を当て、すぐに実践できる内容を目指しています。具体的な事例紹介やワークも充実していますので、お楽しみに。

本取組の趣旨にご賛同いただき、ご登壇いただく先生方は次の通りです。

皆様とともに学びを深め、その学びが全国に広がることを楽しみにしております。お申込みは、メール( filipinonagkaisa@yahoo.co.jp )

 

「お名前」「ご連絡先」「ご所属先」「人材育成講座・参加希望」を記してお送りください。これにて仮予約後、申込みフォームをお送りさせていただきます。

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

*参加方法について、昨年との変更点*

①顔出しでご参加いただくことをお願い致します。

②基本的に全11回(第一期・第二期)を「通して」ご参加いただける方、先着40名を募集します。単発での参加はできませんので、ご了承ください。(ご都合の悪い日がある方は、ご相談ください)

なお、9月20日のみ「公開」としており、上限100名になっています。

第三期の日程と内容は改めてご案内します(オフライン予定)。

 

*チラシ再掲*

★チラシ おもて面

★チラシ裏面

 

 

夏休み企画!みなさん、楽器博物館へいっしょにいきませんか(UD・男女共同参画提案事業)

こんにちは。7月に入り、まもなく子どもたちは夏休みです。うれしいような、しかし宿題の山に追われて大変なような…

フィリピノナガイサの子どもたちもご多分に漏れずなのですが、毎年、外国にルーツのある子どもたちからは、こんな声がチラホラ聞かれます。

絵日記の宿題困るー。どこも出かけてないし、書くことないー。書き方もわからないー。

そこで、今年は7月31日に浜松駅から徒歩で行ける「楽器博物館へいっしょに出かけよう」という企画を考えました。

浜松在住外国人の親子と、日本語を使って交流してくださる方を先着15名募集します。(浜松市UD・男女共同参画提案事業)

第一部~第三部まで、終日「オフライン(対面)」で参加できる方、お待ちしています。

 

【第一部】

多言語音声翻訳VoiceTra(ボイストラ)の操作を使います。コロナ禍におけるスマートフォンを使ったソーシャルディスタンスについても、取り上げます。

ご参加希望の方は、事前にご自身のスマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードしていただきますようお願い致します。(ダウンロートはコチラ

講師は、社会教育主事の萩元直樹さんです。(今回、講師のみオンラインでの参加になりますが、ご了承ください)

 

【第二部】

ここから、浜松在住外国人の親子が参加します。第一部で学んだボイストラを使って、世界の楽器について学んだり、「インスタ映え」する写真を撮り合ったりするなどして、お楽しみください。

【第三部】

子どもたちの夏休みの宿題はもとより、みなさんもこの夏の思い出として、いっしょに楽器博物館で交流した思い出を書き留めましょう。書き方が分からない子どもたちがいたら、ボイストラを使ってフォローしていただければと思います。

 

コロナウィルス感染症対策には万全を期して実施します。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

 

【お申込み】

「お名前」「ご連絡先」「7月31日参加希望」を記して、filipinonagkaisa@yahoo.co.jp まで、メールでお申し込みください。

当法人から「申し込み完了です」というお返事をもちまして、受付完了とさせていただきます。

会話クラスはじめした&「つなひろ」新機能使ってみました/駅南教室

悪天候が続いています。みなさま、気を付けてお過ごしください。

さて、フィリピノナガイサでは平日、学齢期を超えた若い子たちが数名、勉強しています。

今年度は4月に開講し、6月末まで「ひらがな・カタカナの読み書き」「初期適応として学校で使う言葉」「小学校1年生の漢字」などを勉強してきました。

このあと高校受験を目指す子どもたちも含まれますので、そろそろ面接を意識して「会話」も取り入れておきたいところ。

ただ「面接」と言っても、いきなり面接官とのQ&A・応答練習をするわけでなく、ウォーミングアップとして「会話へのアレルギーを無くす」という感じですね。今日は日本人講師1名がメインを務め、アシスタント補助にバイリンガル2名、日本人1名、みんなで若い子たちをサポートしました。

さぁ、授業冒頭、メイン講師から生徒に「今日から毎週金曜日、会話の勉強を始めましょう。ところでみなさんに質問です。日本語で会話ができるようになると、どんないいことがあると思いますか」と聞いてみると、

「…」シーン。

ポツリ「Trabaho」

あ~、仕事ですね。他は?

「working」

あ~、仕事ですね。他は?

「レストラン」

あ~、レストランでの会話ですね。他は?

「…」し~ん。

…とまぁ、ちょっと止まってしまったのですが、こうして自分たちで「なぜ、会話の勉強をするのか?」を考えて、出てきた回答そのものを個々が学ぶ原動力や目標に設定してもらえたらと思って質問しました。

でも、やはり思春期の子供たち。まだイメージできることが少ないなぁ。そこで、「滞在年数の長いバイリンガルの先生たちは、日本語会話ができるようになって良かったと感じたことありますか?」とお聞きしてみました。

「日本人の友達が増えました。日本語も教えてもらえるし、情報も聞ける。あと、友達が増えると楽しいよ」ということでした。

そうですか^^

じゃあ、みんなも日本語でたくさん会話できるようになると楽しさが広がりますね♪

よーし、さっそく会話の勉強を始めましょう。教材はもちろん、文化庁日本語学習サイト「つなひろ」です!

 

と、動画を見る前にハンドアウトを見てくださいね。今日の内容ですが、以前、バヤニハン中区クラスでも同じテーマを取り扱いました。

同じハンドアウト、同じ教材でも生徒が変わると展開が変わるのが面白いところです。このイラストを見て、子どもたちは「アドボ」の材料の一部であることはすぐに分かった様子なのですが、

「ほかにどんな食材があればアドボができるのかしら???」と聞いたところ、「いつもお母さんが作っているから、知らない~。わからない~」と。

講師「そんなはずはない!だって、食べたことあるでしょ⁉(笑)」何が入っているのか、よく考えて書き出しましょう。日本語で食材がわからないときは、

「ガーリックは、日本語で何ですか」など、周りのアシスタント講師に聞いて埋めてね。

次に、動画を見てみましょう。今日は「つなひろ」レベル1、2-1「牛乳はどこですか」を見ますよ。

子どもたちはすぐに、動画のシチュエーションをイメージできたみたいです。そればかりか!!たった1回の動画視聴で、スクリプトを完コピしてました( ゚Д゚)(写真は、生徒に聞きながら講師が板書したスクリプト)ここまで覚えていれば、ロープレは簡単ですね。

しかくのブランクには、「ぎゅうにゅう」のほか、書き留めたアドボの材料をいれてもOK.

「先生、お客じゃなくてお店の人の方をやってもいいですか」

どーぞ、どーぞ。自主的に役割を考えて挑戦してくれて、うれしい限りです。その後、バヤニハンクラス同様「アフレコ」にも挑戦しました。若い世代はアニメ慣れしているのかしら?今日はより、ハイクオリティなアフレコでした^^

口元と話すスピードがうまく合うまで、しっかり動画を見て台詞を練習する熱の入りよう。もうこうなると、講師の出番はなかったです(笑)

みんなが真剣に勉強したおかげで時間も余りましたので、昨日更新されたばかりの「つなひろレベルチェック機能」を各自、やってみてもらいました。

みなさん、「レベル1」だったようですが、すぐにあちこちから動画再生の音声が聞こえてきました~(さっそく、お試しする姿が!自宅でも視聴してくれそう)

「先生、私は次、レストランの会話をお願いします」

「先生、僕は道を聞くのを勉強したいです」

そうですか、そうですか、わかりました(感動)。本当は今月以降の大まかなカリキュラムを組んでおりましたが、次回以降、皆さんのリクエストにお応えして参りたいと思います。

みなさん、今日も「楽」しかったですね♪

新機能追加!!文化庁日本語学習サイト「つなひろ」

当法人の日本語教室でも活用している、文化庁「生活者としての外国人」のための日本語学習サイト「つながるひろがるにほんごでのくらし」(通称:つなひろ)に、新機能が追加されたそうです~

サイトURLは「こちら

※報道発表は「こちら

 

ー新規点は次の通りー

★自己評価チェック機能を実装し、自分に合ったレベルの学習コンテンツへのアクセスが容易になりました!

・簡単なアンケートに答えることで自分に合ったレベルがわかります。

・できないと感じている事柄について、学習に適切な動画ページへと誘導できるようになりました。

セルフスタディのための動画教材としてもオススメしやすいですし、

教室活動の中でも、どのコンテンツを扱うかの参考になりそうです♪

 

 

★生活の場面の読み書きに関するコンテンツが追加されました!

  

おお~、ちょうどこの内容(在留カードを見ながら、必要書類を書く)を2週間前のバヤニハン教室(中区)で実施したばかりです!

 

ところで、当法人のウェブサイトにも「つなひろ」のアイコンあります。

みんな、見てね(こちら

 

・・・・・

 

「つなひろ」のサイトは、Edge、Google Chrome、Safari に対応しています。(Internet Explorerには対応していません)

※表示がうまくいかない場合はキャッシュクリアをお試しください。

 

令和3年度 文化庁「日本語教育推進事業」の採択団体公開

令和3年度の文化庁の事業について、採択団体の公開がされています。

活動団体が全国に広がっていることから、より一層の連携を深めることができそうです。

 

○令和3年度 地域日本語教育の総合的な体制づくり推進事業(対象:都道府県・政令指定都市等)【採択団体こちら

*こちらの事業については浜松市が文化庁より委託を受け、当法人は再委託という形式で関わらせていただいております。

 

○令和3年度 「生活者としての外国人」のための日本語教育事業(対象:公益法人・NPO法人・大学・任意団体等)【採択団体こちら

当法人は文化庁より、地域日本語教育実践プログラムAの委託を受けております。

 

 

 

そのほか、全国では様々な事業が展開されています。

○令和度 「生活者としての外国人」のための日本語教室空白地域解消推進事業(対象:市区町村等)

【採択団体】

地域日本語教育スタートアッププログラム

https://www.bunka.go.jp/seisaku/kokugo_nihongo/kyoiku/seikatsusha_startup_program/1416434.html

○令和3年度 日本語教育人材の養成・研修カリキュラム等開発事業(対象:大学・日本語教育機関・NPO法人等)

【採択団体】

https://www.bunka.go.jp/seisaku/kokugo_nihongo/kyoiku/kyoiku_jinzaiyosei/92934401.html

○令和3年度 日本語教育人材の研修プログラム普及事業(対象:大学・日本語教育機関・NPO法人等)

【採択団体】

https://www.bunka.go.jp/seisaku/kokugo_nihongo/kyoiku/jinzainokenshu_boshu/92934501.html

浜北クラス1期、終了の報告。テーマは「防災」

当法人は6月、毎週土曜日全4回、浜名協働センターにおいて「バヤニハン日本語教室」を展開して参りました。おかげさまをもちまして、6月26日に終了しましたのでご報告します。

 

さて、最終回のテーマは「防災」。かねてより「浜松市の各区ごとに、定住外国人向けの防災教室があってもいいくらい」と行政に声を上げてきたことが、少しずつ形になっています。

昨年に引き続き、浜松市から日本語教室(文化庁・地域日本語教育の総合的な体制づくり推進事業)として浜北区をお任せいただいているバトンを受け取る形で、当法人が同地区に教室(文化庁・「生活者としての外国人」のための日本語教育事業)を設置することで、この「防災」を取り上げることを今年度の特色にしています。

「ことば」を扱い、学ぶ教室の特性として「防災」を扱うのにできる視点はなんだろうか…と考えるのですが、ふと、出入国在留管理庁が監修している「生活・仕事ガイドブック(やさしい日本語版)」の赤い字で書かれた箇所に目が留まりました。

各所に「日本人に○○と質問します」「日本人に○○と言います」と書いてあります。このことから、災害への備えや知識、情報提供を重視するのはもちろんのこと、地域日本語教室の役割を改めて感じます。

そこで一層、災害時の意思疎通をイメージしやすいよう、今回初めて言葉の勉強の前にワークを一つ付け加えました。

場所ごとに、近くの日本人について想像してみましょう。具体的にお名前がわかる場合は「~さん」「~せんせい」と、覚えたひらがなでメモします。

いえのとなりの「えまさん」、かいしゃの「ひらたさん」、ようちえんの「たなかせんせい」など。

スーパーなどでは「店員さん」に派生させてもいいと思います。自分の回りの日本人を思い出して、クラスみんなでシェアしましょう。

ほかに、こんなワークも。

コチラの動画を見ながら、大きな地震を自分ごととしてイメージしてもらいました。

そのあと大地震の際、場所ごとに自分の身を守れそうな「もの」に、どんなものがあるかを考え、ワークシートにメモしておきました。

寝室なら「ベッド」、リビングなら「クッション」、にほんごきょうしつなら「ざぶとん」「つくえ」「いす」。道路なら持っている「カバン」、アピタなら「かいものかご」など。こちらも覚えたひらがな・カタカナを使って書き留めます。

「『かいものかご』なんてかぶって逃げて、お店の人にに怒られない?」と心配する声も聞かれましたが、滞在年数の長いスタッフが「大丈夫!ちゃんと後で事情を説明して返せばいいんだよ」としっかり伝える姿は、さすがです)

ところで、この「くるりん」と丸まっているものは「だんごむし」です。クラスには地元幼稚園からの紹介で通っているママたちもいるので、お子さんを守るときは「だんごむしポーズで」というお話をしました。お子さんがいざというとき過剰に怖がらないよう、こうしたポーズを日々の遊びの中に取り入れてもらうのも良いとおもいます。

 

そのほか地元の方から、住所とは別の「地区」を教えていただきました。

最後は、このクラス以外にも継続学習ができるようほかの教室や次回お知らせをして終わりました。みんなで次回教室のチラシを持ち、再会を約束して終わりです。

名残惜しくて、みんなとお開きまで時間がかかりました(;;)それだけ、新しく良い出会いがこの地区に生まれたことを心よりうれしく思います。

Maraming salamat po.

フィリピノナガイサは、3か月後にまた浜北へ伺います♪

最近のハロハロクラス^^

ハロハロクラスでは、このクラスの卒業生(現・高校生、大学生)や地域のボランティアの方々が、フィリピンルーツの小中学生のために、日本語や学習支援をしえてくださっています。