だれでもさんかできますよ(浜北クラス)

下記、バヤニハン浜北クラスの報告です。

今週は台風15号の影響で県内大雨となり、市内でも河川氾濫や浸水の被害に見舞われました。このような悪天候直後の教室での再会には、「こんにちは」+αで挨拶をしましょう。

・こんにちは、「昨日は大丈夫でしたか」

・こんにちは、「昨日は大変でしたね」

・こんにちは、「すごい雨でしたね」

 

こうした挨拶のウォーミングアップを終え、今日も文化庁の日本語学習動画サイト「つながるひろがるにほんごでのくらし(つなひろ)」を使いました。取り上げたのは、レベル2・シーン7-1「だれでもさんかできますよ」です。

こちらが、教案とポートフォリオです。

さっそく、この日のCan Doの共有から。

ファシリテーターが「日本人のご参加者のみなさん、タガログ語のCan Doを読んでみましょうか~」と呼びかけたのですが、一同「えええ~っ!???」とザワつきました(笑)

フィリピノ語特有の「~ng(ングッ、ンガッ)」の読み方が難しく、ぎこちなさに照れつつも、全員必死に読み切りました。

そんな日本人が奮闘する様子を見ていたフィリピン人学習者たちが、「先生たち、かわいい~。なんか、違う国の言葉を喋るってかわいく感じるんだね。フレッシュ!」と感想を述べていました。

そうですね~。もしかしたら皆さんが日本語を喋る姿って、日本人からは同じように見えているのかもしれませんね^^

こうしたミラー体験(合わせ鏡とも言うべき体験)から感じ取ることって、とても大切♡

それでは、本日のCan Do「行事について情報を得て、参加方法についてきくことができる」を達成できるよう、いってみましょ~。

 

①フリマ…

動画のオウさんの表情に注目しましょう。どんな顔をしていますか?

(皆さん、顔マネがお上手^^;)

一体、どうしてオウさんはこんな表情なのでしょう?!

「フリマのこと、わかんなかったんじゃない?」

そうみたいですね。初めての言葉、知らない言葉、良く聞こえないとき、聞き取れないとき…。こんな顔になりますよね。

皆さんはこんなとき、どうしますか?オウさんの言い方のほかにも、聞き返すアクションや言葉を考えてみましょうか。

 

②参加方法

次に参加方法について聞きましょう。どんな表現があるでしょうか?

★何時からですか╱何時から始まりますか

★場所はどこですか

★お金はかかりますか

…いいですね。では、それらをポートフォリオにメモしておいてくださいね。

 

③印象の良い、会話の終わり方

さてさて、会話はABAB…とキャッチボールが続きますが、「そろそろ終わり」というサインを出さないと、なかなか終われないですよねぇ。

動画ではオウさんが「晴れるといいですね」と言って、会話を終えています。みなさんだったら、どうしますか?相手に嫌な思いをさせない、会話の終わり方も一緒に考えてみましょう。

・楽しみですね

・また、会いましょう

・あっ(と言って、腕時計を見る)

…(笑)なるほど!

 

と、ここまでアッという間に前半が終わりました。

***

 

後半の冒頭は、「フリマ」以外のイベントをみんなで考えて出し合いましたよ。

これら、自分たちで出し合ったイベントと前半のCan Doを踏まえて、グループごとにスクリプトを作ってみましょう。

おっ、さっそく真剣。

かと思いきや、すごく楽しそう!!

みんな、良い表情です。

 

楽しくおしゃべりしながら、みんなが作り上げたスクリプトはこちら。

そして、書いたスクリプトで会話練習をしましょう。上手にできるでしょうか。

いずれのイベントも誘われたら、楽しそうです^^

「持ち物」「自分用の皿」「待ち合わせ」などなど…

「つなひろ」のスクリプトには無い、オリジナルの語彙も追加で覚えることができました。その他、クラスでは「共通言語としての日本語」に欠かせない「円滑なコミュニケーションのあり方」を、こんな風に実践して学び合っています。

クラスはコロナ禍で人数制限はありますが、国籍問わずご参加いただけます。皆様にご参加いただけると嬉しいです。引き続き、よろしくお願いします。

 

(クラススケジュール)次回は10月8日です。

ときめき取材記 アバスマリさん

当法人が実施する教室活動で活躍している、スタッフで大学生のアバスマリさん。「ときめき取材記」より取材を受け、ウェブサイトに掲載されました。

来日してから出会った地域のボランティアさんの励まし、支えについても書かれています。ぜひ、ご覧ください。

 

★マリさんの記事は、「こちら

★ときめき取材記については、「こちら」

私たちの街の、リアルCan Do

週末、また台風が近づいているようです。皆様、気を付けてお過ごしください。

さっそくですが、当法人は文化庁より委託を受けて、日本語教育にまつわる各種事業を展開しています。国の方では、令和3年10月12日に「日本語教育の参照枠 報告」が取りまとめられ、このあと「日本語を使って〇〇できる」というCan do評価が整理されていくものと思われます。

そこで、私たちの周りの「日本語を使って」という現状を見渡しています。実社会に結びつく日本語学習とは?

地元企業様やご専門家の方々に協力を仰いでいるところです。会議へのご出席を賜りまして、誠にありがとうございました。

 

★静岡県立大学 国際関係学部教授 高畑幸様

第一伊藤建設株式会社 梅澤雄喜様

東京日本語ねっと代表 有田玲子様

文化庁委託・浜北BAYANIHANクラスも、はじまりました~(ワイワイ)

こんにちは。本日から、浜北バヤニハンクラス(BAYANIHAN)が始まりました!さっそくですがみなさん、「BAYANIHANは、Tagalog di ba?これ、日本語でどういう意味だと思う???」というところからスタート。

「たすける」からの「たすけ”あい”」というニュアンスは、この事業の要かなと思います。新しい言葉、ぜひ覚えましょう^^

そして、こちらの浜北会場は8月まで、浜松市再委託「週末浜北コース」を実施していたので、リピーターさんもいらっしゃいますし、リピーターさんがご新規さんを連れての参加♡という、広がりに発展しての本日。

そのため自己紹介は、「こんにちは」「はじめまして」「あらためまして」を使い分けました。生活者の方々向けの授業では、知っていることだらけだとご満足いただけませんし、知らないことだらけではモチベーションが下がってしまうこともしばしば。すでに知っている「こんにちは」「はじめまして」を使って、イキイキと自己紹介できる。新しい「あらためまして」という言葉を使ってみる。

こんなことを織り交ぜながら、教師一同、使用語彙の選出やカリキュラムを工夫しています。

最後に「よろしくおねがいします」で、しっかり締めましょう。ということで、書ける学習者が前に来て、板書してくれました。

次に、こちらは本日のポートフォリオ(フォーム)です。テーマと目標をみんなで共有し、勉強したことをこちらに書き込んでいきます。このポートフォリオは皆さんの学習の記録になっていきますよ。

次に、「つなひろ(文化庁・日本語学習動画サイト つながるひろがるにほんごでのくらし)」を見てみましょう。

先生やクラスの仲間といっしょに動画を見ながら次回以降、勉強したいテーマを選んで、学びたい理由を日本語で考えます。ポートフォリオに書き込んでくださいね。最後に発表してもらいますよ~。

↑↑↑

こんなふうに、いくつものグループに分かれて、個々に必要なテーマ・レベルにあった日本語で、言いたいことや発表前のまとめ方を考えます。

実は、教室開始前に先生方は「個々の皆さんが、30分以内で伝えたいことを考えてまとめて、”発表できた”ということを目指せるよう、サポートしましょう」という目標を共有しています。本事業は地域日本語教育実践プログラム (地域日本語の教育実践)として、「チームティーチング」についても試行錯誤中です。

・・・

さぁ、しばし授業はそれぞれのグループの先生方にお任せして、子どもたちの様子をチラリと見てきましょう。

このクラスでは学習者が親子で通えるよう、未就学児(託児)と学齢期(学習支援)のお子さんを受け入れています。

ただし、人数に限りがありまして、ご相談の上となりますm(__)m)

・・・

さて、大人のみなさん。30分経ちましたが、発表できそうですか?発表の順番はどうやって決めましょうか?!

そう呼びかけたところ、「最初はグー」「じゃんけん」というお声がチラホラ。お子さんを日本の幼稚園に通わせているお母様方は、子どもの遊びにお詳しいのですね。

「じゃあ、じゃんけんを知っている人は、やり方をみんなにも教えて」ということで、学習者同士でじゃんけんをリードして、発表する順番を決めました。(「勝った人が最後ね」ということになったようです)

授業冒頭の自己紹介を前に付けてから、

・私は「銀行を利用しよう」を勉強したいです。仕事の関係で使いたいです。私は運営スタッフをしているからです。

・私は「銀行を利用しよう」と「役所に行こう」について、勉強したいです。なぜなら、役所は書類の関係で私たちの生活に必要だからです。

・私は「〇〇はどこですか」を勉強したいです。なぜなら、買い物をするときに場所を聞きたいからです。

・ぼくは、「あいさつをしよう」を勉強したいです。学校で使いたいからです。日本語を上手にしゃべりたいからです。

・私は、3つあります。ひとつはレベル2・シーン1です。ふたつ目はレベル3・シーン3です。みっつ目はここにはないけれど、主人の家族やおしゅうとめさんとうまくコミュニケーションを取れるようになりたいです。そのために、日本のマナーと、自分をアピールする日本語を勉強したいです。

~パチパチパチ~

 

みなさんが勉強したい内容と、その理由をお聞きできました。次回以降、講師陣でこれらのテーマをカリキュラムに落とし込んで、担当を決めてきますね。お楽しみに^^

最後に今日の感想を聞いて終わりです。みなさん、いかがでしたか?

・この「バヤニハンクラス」の意味を聞いて、私たち外国人にとって大切なことだと思いました。このクラスで日本語を勉強して、もっと自信を持てるようにがんばりたいです。

・今日は楽しかったです。いっぱい勉強になりました。

・たのしかったです。

・初めてで緊張しましたが、楽しかったです。

・私はこのクラスで日本語を勉強して、とてもhappyです。自己紹介を日本語でできるようになって、自信が持てました。

 

ポートフォリオの「新しく覚えた言葉」の欄には、「しゅじん」「ていねいなことば」「あらためまして」「と、もうします」「たすけあい」が挙げられました。

みなさんが書いてくださったポートフォリオは11月ごろ、ある程度まとまったところで振り返りの時間を取りましょう。ピンク色のファイルに、しっかり保管しておいてくださいね。

本日も、おつかれさまでした。

 

バヤニハン浜北 秋スケジュール

本日の教案(20220910)

 

 

【参加者募集中】フィリピノナガイサの人気講座に成長しました╱「生活者としての外国人」のライフステージに寄り添う地域日本語教育を考える

お待たせいたしました。公開講座のお知らせです。

今年も文化庁より委託を受けて、「『生活者としての外国人』のライフステージに寄り添う地域日本語教育を考える」を実施します。(共催:浜松市、後援:(公財)浜松国際交流協会(HICE))

この講座は今から2年前、思い切ってオンライン実施に切り替えたところ、全国の方々にご参加いただけるまでに成長しました。おととし・昨年、受講された方々が今、全国各地でそれぞれにこれまでのご活動をブラッシュアップされたり、新しい団体を立ち上げたりしてご活躍なさっています。

このような方々と、活動するうえで情報交換できるネットワークが築けたことも、私たち団体にとって大切なつながりになっています。皆様、本当にありがとうございます。

ところで令和元年6月28日に公布・施行された「日本語教育の推進に関する法律(令和元年法律第48号)」の基本理念の一つに、

「国内における日本語教育が地域の活力の向上に寄与するものであるとの認識の下行われること」というのがあります。

今年度はこの「地域の活力」について理解を深めるべく、カリキュラムを考えました。リピーターでのご受講も、ご新規でのご受講も大歓迎です。お申込み、お待ちしております。

参加お申込みフォーム 「こちら

 

最後になりましたが、本講座へのご参加に際して、注意点は次の通りですm(__)m

 

・「第1期(11月5日) 公開部分のみのご参加」or「第1期&2期(11月5日~1月21日) シリーズ通してのご参加」のどちらかをお選びください。

・「第1期&2期」の両方をご希望の場合、基本的には全出席できる方とさせていただきます。

・基本的に「顔出し」での参加をお願いします。

・もう一度。お申込みはフォームからよろしくお願いします。「こちら

 

***

 

写真は昨年度、ご受講くださいました皆さんです^^