第11回 東アジア包摂都市ネットワーク(EA-ICN)・ワークショップにて事例発表

本日、代表理事・松本が「第11回 東アジア包摂都市ネットワーク」にて、事例発表を致します。

最終日の明日、都市ネットワーク会議では浜松市からの報告もあります。

 

主催: 大阪公立大学都市科学・防災研究センター、ICN-Japan、ICN-Korea、ICN-Taiwan、ICN-Hong Kong(準)

後援: 大阪市、八尾市、インクルーシブシティ研究会

詳細は「コチラ」をご覧ください。

 

フィリピノ語スピーチコンテスト、終わりました^^

コンテスタントのみなさま

コンテスタントとペアになり、本日までサポートしたスタッフみんな

審査員のみなさま

ご聴講のみなさま…

 

Maraming salamat po.

来年もやりましょう!

 

・・・・

文化庁委託「生活者としての外国人」日本語教育事業プログラムA「日本語教育を行う人材の養成・研修」

共催:浜松市

後援:(公財)浜松国際交流協会HICE

イベント:はままつグローバルフェア内

 

FN基金設立 寄付金・募金状況

新型コロナウィルス感染への対応が長期化し、経済的に困難を抱えている方々が増えていることから、静岡県西部に住むフィリピン人の生活支援に資することを目的に『FN基金』を設立しました。規約は下記の通りです。

21-6-10 FN基金-規約

開始して間もないにも関わらず、FN基金の趣旨に賛同していただき、たくさんの募金が集まりました。誠にありがとうございました。引き続き、支援活動を継続してまいります。2021年6月19日現在の寄付金・募金状況並びに支援状況は下記の通りです。

<寄付金・募金状況 2021年6月19日時点>

合計 153,623円

募金箱:  13,623円

寄付金:140,000円

<支援状況 2021年6月19日時点>

支援家族数:6組

(ご報告:3月6日)文化庁日本語学習サイト「つながるひろがるにほんごでのくらし」使い方の工夫を学んでみませんか

3月6日、文化庁の日本語学習サイト「つなひろ」の使い方講座を実施しましたので、ご報告します。全国から30名近くの皆様にご参加いただきました。

おかげさまをもちまして、講座へのリピーターが増えています。ありがとうございます。

今回の講師は有田玲子先生。先生はとにかく明るい!!そしてオンラインでは難しいと言われている「ワーク活動」も、明確なご指示でテキパキとお進めくださいました。

下記、この日の内容です。

・先生の自己紹介/ご参加者の皆様もブレークアウトで自己紹介しましょう

・「生活上、外国人が困ることとは?」押し付けではなくて、知らないとその人も困るというもの(例:その地域のごみ捨て方法)を、私たちは「どうやって学習に結びつけるか?」を考えましょう

・文化庁の「標準的なカリキュラム案」を見てみましょう

・「つなひろ」はもともと日本語教育の空白地域の学習者(約47万人いると言われている)が独習できることを想定して作りました

・動画視聴による表現や言葉の学習を通じて、「家族・隣人とのコミュニケーション」へ結びつけるのが「つなひろ」の役目です

・独習では難しいこともあるので、日本人と一緒に動画を見られるとよいですね

・「つなひろ」の特徴は、文字で覚えるのではなく、「この場面で、この表現が使える」を目指しています。自分の身近なことが言えるようになると忘れないですよね

・でも、「つなひろ」は発展的な学習もできるようになっています

・「つなひろ」を使って、○×問題・オープンクエスチョンを作るときのポイントを学びましょう

「つなひろ」の「図書館に行ってみよう」を見て、○×問題・オープンクエスチョンを各自、作ってみましょう

なぜ、私たちはこのような問題を事前準備として作っておくか!?学習者が自分で考えて、言葉で考えるという作業自体、そういう時間自体が「学びになる」からなんです

・各自が作成した○×問題・オープンクエスチョンをブレークアウトでシェアして、使ってみましょう。そして、互いの出題の「よいところ」を発見しましょう

※今回、ご参加者の皆様にお作りいただいたオープンクエスチョンは、後日、本HPに掲載させていただきますので楽しみにお待ちください。

そのほか、本講座に挙がった役に立つサイトは次の通りです。

日本語文型バンク (文型のレベルをチェックできる)国立国語研究所

最後に皆さんといっしょに集合写真を撮りました♪次回、3月13日も同じメンバーで学びます。引き続き、みなさまよろしくお願い致します。

土曜日の対面での教室はしばらく中止します。

現在、国内ではコロナウィルス感染拡大に関するフェーズが日々、刻々と変化しています。

そのため当法人は、土曜日の対面での教室を本日より年内いっぱい中止します。(実際には先週11月21日も元々クラスがない日でしたので、今年はこのまま皆さんには直接会えないままとなってしまいます)

ただし、「オンラインでの振替」「1月以降へのスケジュール変更」を検討しており、クラスごとに対応をしていきます。随時、個別に参加方法等をお伝えしていきますので、よろしくお願いします。

引き続き、気をつけてすごしましょう。(Keep Safe)

厚生労働省(こうせいろうどうしょう/Ministry of Health,Labour and Welfare)のホームページ(こちら

浜松市 特別定額給付金(とくべつていがくきゅうふきん)

本日、浜松市は市民の皆様に、

特別定額給付金の申請書を発送されたそうです。

説明がわかりやすいのでご覧ください。

(制作:浜松市、(公財)浜松国際交流協会)

 

★動画…どんな書面が届くか、書面はどうやって出すか?

(英語) https://youtu.be/ur3ePEzFFy4

(タガログ語) https://youtu.be/hfZqYnvG0GU

 

★翻訳…「申請書の書き方

タガログ語

tagarogugo2

 

 

その他の言語も掲載されています。

HICEホームページ

 

【報告】ハロハロクラス

2週続けて台風が来るのではないかと、心配された週末でしたが、

おかげさまをもちまして、今日は無事に教室を実施することができました。

 

ハロハロクラスの様子をご報告いたします。

 

(※次回、10月13日(土)はハロハロクラス、休みです)

 

IMG_9902

IMG_9903

IMG_9904

IMG_9905

IMG_9906