特別企画 創刊900号!!「社会教育」に「ことばの教育の今と未来(講座)」が掲載されました

みなさんにご報告です!

今年2月14日(日)はままつグローバルフェアに、当法人がオンライン配信を出展したのを覚えていらっしゃいますか。

「『多文化共生時代』を縦・横につなぐ 学校教育×社会教育 ことばの教育の今と未来」

 

この日、「社会教育(一般財団法人日本青年館様)」の取材を受けていたのですが、このたびそちらの創刊900号という栄えある特別企画の回に記事として掲載していただきました!

さすが、特別記念号とあって、いつも以上に内容が充実しており分厚いです!

目次の目立つところへ「CLOSE UP」として扱っていただき、光栄です。(KEYWORDやさしい日本語と書いてあります)

 

記事はp.94~p.96で、ご登壇者4名、それぞれの内容の骨子がまとめられています。

★相互理解を深める「やさしい日本語」(吉開章さん)

★機械翻訳の教育的利用(成田潤也さん)

★多様性を尊重する社会へ(萩元直樹さん)

★当事者からの意見(アバスマリさん)

★登壇者全員

全文はぜひ、「社会教育」をご購読ください♪

こちら

 

なお、本機関紙を当法人も定期購読しておりますが、社会変化の激しい昨今において、社会教育分野の息の長い学び(個々の人生そのものに直結すると言っても過言ではない)は、私たちの活動のあり方においても大変参考になっています。

このたびは創刊から900号という節目とのこと、誠におめでとうございます。

前身の「教育と社会」は1946年に創刊、戦後直後だったのですね。そして今の「社会教育」に改題したのは1950年だそうです。長い歴史の中に私たちの活動も刻んでいただけたのだと思うと、感無量です。

どうもありがとうございました。Maraming salamat po.

 

***

参考までに講座のチラシを再掲します。

【報告】外国人の「生活」と「就労」

昨年度のご報告です。「外国人の生活と就労(文化庁委託、人材育成講座)」を実施しました。(ご報告が遅くなりすみませんでした)

本講座は、前半を申請取次行政書士の古橋洋美様にお話いただきました。古橋様からは、在留資格の種類やそれぞれの資格にどちらの国籍の人が多いのか、なぜ多いのかなど、詳細にお話をいただきました。このことから、ご参加者のアンケートでは「これまでお聞きした行政書士の先生の話の中で、一番わかりやすかった」「とても詳しく知ることができてよかった」というお声を多く頂戴しました。また、行政書士という業務の特性上、申請取次までが業務であり、在留資格の取得や延長が完了すると、それまで聞いていた相談事にずっと伴走できないもどかしさがあること、けれどもこの点をNPOと連携することでカバーしてもらえていることなどをお話いただきました。これにより、私どもは自身の活動の存在意義を改めて見直す機会となりました。

後半は当法人から代表理事の松本が、定住外国人の生活に関わる上で気にかけているポイントや、活動における苦悩などをざっくばらんにお話申し上げました。ご参加者からは、「HPやSNSからは知ることができないフィリピノナガイサの一面を知ることができ、団体を身近に感じた」というご感想を頂戴しました。いつもHPには良いご報告をするように心がけていますが、一人一人の生活や生き方に関わるということは、実は活動に関わる私たちにとっても勉強の日々であり、考えさせられることも多いのです。あまりこうした話をしたことがなかったのですが、ご参加者との距離も近く大変有意義な時間を過ごすことができました。

今年度も皆様とともに情報共有し、お時間を過ごせることを楽しみにしております。

どうもありがとうございましたm(__)m Maraming salamat po.

(ご報告:3月13日)②文化庁日本語学習サイト「つながるひろがるにほんごでのくらし」使い方の工夫を学んでみませんか

先週の続きです^^2週続けて、文化庁の日本語学習サイト「つながるひろがるにほんごでのくらし」について学んでいます。

先週は動画に沿って質問文を作るというワークでしたが、今日は生活上の場面を想定して、「日本語支援者が自分でもスクリプトを作ってみる」というワークを行いました。

・はじめに、「つながる場面」を皆で考えました(自治体、学校、公園、日本語教室、お隣さん、お店、ビジネスクラブ、ジム・・・)。けっこう、つながる場面ってありますよね~

・次に、「つながる」ために「やさしい日本語」を取り入れてみませんか?ということで、東京都の外国人おもてなしフォーラムの「やさしい日本語」についての動画を視聴し、「やさしい日本語」のポイントを整理しました

・とはいえ、話し方のコツはあるものの「やさしい日本語」は広めようと思って広められるものではなく、一人一人が使っていくと自然と使う人が広がっていくものですね

・ここで一つの例として、「いちご狩り」を知らない外国人の友人に「ええっと、いちご狩りは…(こんなのだよ)」と説明して、「(一緒に)どうですか?」と言って誘うという一連の流れを、「やさしい日本語」で考えてみました。

・その後、ブレークアウトルームで参加者同士が内容をシェアしました。誘い方もいろいろありました^^どれも、「ぜひ、行きましょう!」と答えたくなるものばかり!

・そして、文化庁の「つなひろ」よりレベル2の「たのしみです」を視聴しました。「つなひろ」はCan-doがベースになっている点、レベル2は会話のキャッチボールが5往復程度という点にも注目しながら。

・さて、いよいよ本日のメインでもある「スクリプト」づくりに挑戦です。ブレークアウトルームに分かれて、テーマをグループごとに決めてスクリプトを作っていきます。フィラーなどを入れてナチュラルに、それでいて「生活者としての外国人」にとって「やさしい日本語」でというバランスが難しいですね。講師と事務局でそれぞれのブレークアウトルームを拝見いたしましたが、どちらのグループも熱い議論が展開されていました。

※こちらでご参加者の皆様が考えてくださったスクリプトは、後日、本HPで掲載させていただきます。楽しみにお待ちください!!

こうして2回にわたる講座が終了しました。本講座は昨年末から講師の有田先生とともに準備を進めてまいりました。先生やご参加者の皆様のおかげで、「つなひろ」の有意義な使い方がよくわかりました。

動画という媒体にチョコっと事前準備をして、「生活者としての外国人」とのおしゃべりを楽しみながら「つながるひろがる」社会を目指していきたいと思います。

最後になりましたが、全国の皆様ともつながれましたこと、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。また、皆さまとご一緒できますように(#^.^#)

今回の講座で参考にご紹介したURLは次の通りです。「地域性」を教材にすることは、とても大切です♡(”いわて”をはなそう

(ご報告)学社連携「ことばの教育の今と未来」

2月14日のご報告です。このたび、「第11回はままつグローバルフェア(オンライン)」に、当法人が文化庁から委託を受けて実施した「多文化共生時代」を縦と横につなぐ 学校教育×社会教育「ことばの教育の今と未来」のライブ配信を提供しました。

広報開始から大きな反響を頂戴し、後日、録画配信希望のご希望も多く寄せていただきましたので、どなたでも見られるように致しました。ぜひ、ご覧ください。

また、本講座は静岡新聞(2月17日朝刊)にも掲載していただきました。(やさしい日本語ツーリズム研究会のサイトに飛びます

さらに、一般財団法人日本青年館が発行する「社会教育」からも取材を受けました。こちらは6月に発行される第900号という節目に、特集が組まれて掲載されることに!掲載が決まり次第、本サイトでもご報告申し上げます。

ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

今年度8月の成田氏萩元氏の講座により「学社連携」というキーワードに接して実施するに至った本講座ですが、今回は「知の循環型社会」という新たなキーワードに巡り合うこととなりました。

私たちは活動に参加するすべてのひとが、支援する・されるという関係を超えて学び合い、D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)が波及することを願っています。

また、皆様とお目にかかれるのを楽しみにしております♪

はままつグローバルフェアでオンライン配信決定!「ことばの教育の今と未来」

突然ですが、皆さんは昨夏、フィリピノナガイサが開催した2つの大人気講座を覚えていらっしゃるでしょうか。

①「新時代の言語教育」小学校の外国語教育と機械翻訳技術の融合(講師:神奈川県教育委員会指導主事 成田潤也氏)こちら

②簡単!すぐ使える!!やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講師:社会教育主事 萩元直樹氏)こちら

今回は、その2つを一度にお聞きできる、とっても贅沢、かつ大胆な講座のお知らせです。

・・・と、その前に。

私たちフィリピノナガイサは団体設立から四半世紀が経ちました。この間、それぞれの時代で「地域連携」活動に邁進し、「子ども支援」活動も休むことなく継続してきました。

今ではすべての取組をフィリピン人と日本人スタッフが協働実施していますし、会に賛同する日本人も増えました。さらに、子供たちも次々成人して今では会を支える側に回っています。

今はまだ「フィリピノナガイサ」という小さな世界での出来事に過ぎませんが、このように時代を縦と横に結ぶ視点が社会のあちこちに広がると、「面」になり、多文化共生社会は「一般化する」のではないか?!

「ああ、もう一度、成田先生と萩元さんの話を一遍に聞いてみたい!」という欲張りな願いから生まれた講座、今回はそのお知らせなのです。(それで、話は前に戻ります)

さて今回、ダイナミックに時代を縦と横に思い切りぶち抜いてくださるのは「やさしい日本語ツーリズム研究会」の吉開章氏です。そして3人のパネリストに混じって、フィリピノナガイサからもスタッフのマリちゃんとハンバが参加します。

私たち5人は打ち合わせの中で、「とにかくそれぞれの主張を持ち寄って、楽しみましょう」ということを確認しあったばかり。配信中は、ご参加者の皆さんにも気軽にチャットでコメントを寄せていただきたいです♪みんなでこの講座を作って、盛り上げましょう。

なお、このコンテンツは「はままつグローバルフェア」で配信されます。学社連携、乞うご期待!先着100名までで、キャンセル待ちも受け付けます。

・・・

お申込みは「こちら」(お申込み専用フォームから、お願いします)

みなさんとご一緒できるのを、楽しみにしています。最後にisa pa(もう1回)、チラシです^^

文化庁「つながるひろがるにほんごでのくらし」の使い方をみんなでいっしょに考えませんか

こんにちは。1年のくくりを年度で動いている私たちは、3月までラストスパート!

今年度の最後は、私たちといっしょに文化庁の日本語学習サイト「つながるひろがるにほんごでのくらし」使う工夫を学んでみませんか。

お申込みは、「コチラ

文化庁の「つながるひろがるにほんごでのくらし」のウェブサイトは「コチラ

「つながるひろがるにほんごでのくらし」、通称「つなひろ」は、空白地域に在住し、近隣に日本語教室がない人たちのために開発されたウェブサイトですが、地域日本語教室でも工夫すれば自律学習やコミュニケーションの促進に活用できそうです。

まだ開発されたばかりですので、関わる日本語学習者や地域ごとにあわせて活用のアレンジは様々に考えられます。

今回は制作メンバーでもある有田玲子さんを講師にお招きします。有田先生にアドバイスをいただきながら、皆さんとともに使う工夫をたくさん考えて、事例を集めたいと思います。

集めた事例は「つながるひろがる」の言葉通り、さらに全国の皆さんと共有し活用できるよう公開する予定です。まずは、その事例を一緒に考えてくださる40名の皆さん!お待ちしていますm(__)m

本講座は文化庁委託、浜松市後援、(公財)浜松国際交流協会(HICE)後援、そして特定非営利活動法人フィリピノナガイサ主催にて実施します。

「外国人の生活と就労」在留資格を扱う行政書士と、外国人支援団体との連携から見る

みなさん、こんにちは。今日は文化庁から委託を受けて実施している人材育成事業、公開講座のお知らせです。

当法人は今年度から、行政書士の古橋洋美先生と連携をしております。その中で、先生からこんな話をお聞きしました。

行政書士という仕事は在留資格に関する業務までは携わるけど、資格認定が取れたところで手を離れてしまうので、生活相談として受けていた案件については橋渡し先として、NPO法人の存在は貴重だというものでした。

いっぽう、私たちも日ごろの活動において、在住外国人から様々な相談を聞くけれど、専門家への橋渡しは欠かせないということを強く感じています。

この両者が手を携えて、外国人のための支援をするという事例はきっと、今後、外国人の定住化が進む上では参考になる取組の一つではないかと考えます。

皆様のご参加を、お待ち申し上げます。

お申込みは「コチラ

多文化共生社会の防災・減災(報告)

今年も残すところ、わずかになりました。 年末年始は大寒波がやってくるようです。皆様、気を付けてお過ごしください。

さて、12月19日に文化庁委託人材育成講座 「多文化共生社会の防災・減災」を実施しました。 共催浜松市、 公益財団法人浜松国際交流協会(HICE)

 講師は、仙台多文化共生センター 菊池哲佳(あきよし)さん、 それから (公財)浜松国際交流協会(HICE) 多文化共生コーディネーターキクヤマリサさん。 ご参加者は全国から日本語教師はもとより、 自治体・国際交流協会関係者、 地域の活動を推進されてる方などがお見えでした。 皆様、ありがとうございました。

内容はこちらをご覧ください。

★菊池様資料

仙台多文化共生センターHP(こちら

★キクヤマ様資料

(公財)浜松国際交流協会(HICE)HP(こちら

★講座の要点(内容)

ブラッシュアップ!通訳・翻訳のスキルと心がけ

お知らせです。2月11日と23日に、通訳・翻訳の仕事に興味のある人向けに、勉強会を行います。久しぶりに対面での公開講座です。

こちら毎年問い合わせを受け、人気講座ですが、ソーシャルディスタンス維持のため、定員45名の部屋に対して受講者は20名までの募集となっています。

どうぞ、お早めにお申し込みください。

なお、昨年の本講座の様子は(こちら)をご覧ください。

「多文化共生社会」の防災・減災

地震、台風、大雨、洪水…日本は自然災害がとても多い国です。

そんな中、国内には300万人近い外国人が暮らしていますが、「自国との気候・起こり得る災害の種類の違い」を知らない人も多くいます。多様化が進む私たちの「地域の防災・減災への意識」は、従来のままで大丈夫でしょうか。

そこで、講座を一つ計画しました。参加費無料、定員90名まで、詳細は下記チラシをご覧ください。

本講座の第一部では、東日本大震災でのご経験から当時困ったことや、現在の住民の意識変化を共生社会の視点からお聞きします。(講師は仙台多文化共生センター長の菊地哲佳さん)

第二部では「浜松市災害時多言語支援センター」の取組をお聞きします。(講師は公益財団法人浜松国際交流協会HICEのキクヤマリサさん)

地域日本語教室はたいてい協働センター(公民館)を会場とすることが多いですね。こうした施設利用者は日本語教室に通う外国人のほか、地元住民もいます。

このように人々が集う場を捉えて、日ごろの教室活動で災害への備えとしてできることを今一度考えられるよう、ご参加者の皆様と共有したいと思っています。

日本語教育のご関係者はもとより、通訳・翻訳者、自治会の方、地域の方など。全国から国籍問わず参加をお待ちしています。(講座は日本語で行います)

お申し込みはメール( filipinonagkaisa@yahoo.co.jp )まで。「お名前」「ご所属」「ご連絡先」を記してお申し込みください。ご参加者には、12月15日ごろ、参加URLをお送りします。

よろしくお願い致します。

主催:NPO法人フィリピノナガイサ

共催:浜松市・(公財)浜松国際交流協会(HICE)