【公開講座】国と世代を超えた移民のライフキャリア支援について

11月19日(土)、前半「フィリピンの教育事情」に続いて、後半は大阪Minamiこども教室様より古賀様と島村様を招聘し、ご講義いただきました。

大阪Minamiこども教室さんの設立経緯は2012年の悲しい事件によるものでしたが、それをある母子の悲しい事件として風化させず、こうした結果をもたらしてしまったのは地域、教育現場が抱える課題なのではないか?という問題意識を強く持たれたことが、活動のエンパワメントになっているのだと知りました。

私たちフィリピノナガイサはフィリピンの皆さんの相談にも応じることから、窓口としての機能を持ち、日本社会へ橋渡しするための「ハブ」の役目を担っていると考えておりますが、こうして同じような活動をしている団体さんと連携し、取組を発信していくことで、活動の輪が全国に広がることを期待しています。

この場をお借りして、この度の大阪Minamiこども教室様とのご縁に、熱く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

 

さて本講座終了後、ご参加者の方々からは次のようなお声が寄せられました。

・たくさんの仕事をこなしていることに驚いた

・多様な支援者を巻き込むことの重要性を学びました

・周りの人が活動に参加したくなるお人柄だった。古賀さんと島村さんが心を込めて発表している姿が印象的だった

・日本社会側も、ちゃんと知るべき内容だと思った

・このような草の根的な活動は評価される一方で、続けていくための資金調達の難しさがある。その点を助成金申請や賞金などでカバーし、継続していることが素晴らしい。

・・・

皆様、本日もおつかれさまでした。次回は12月10日になります。

【公開講座】フィリピンの教育事情

11月19日(土)、公開講座「フィリピンの教育事情」について、Ayako Kasahara Guzman先生(フィリピン日系人会インターナショナルスクール)にお話を伺いましたので、下記ご報告します。

 

★フィリピンの教育制度(K to 12)

★私立学校と公立学校のちがい

★私立学校の一日

★私立学校の一年

★知られていない日本の学校との大きな違い

・毎年入学手続きを行う

・転入、転出が多い

・国語であるフィリピン語が理解できない子どもが多い

・地方では、母語ではない言語(英語・フィリピノ語)で授業が行われる

・落第がある

・私立学校の入学試験で落とされることはない

★フィリピンの教育の現状と今後

・コロナ禍での問題点

 

・・・

 

ご参加者からは、次のようなご感想が寄せられました。

・フィリピンの教育事情が良く分かってよかった

・実際にフィリピン人の児童支援をしているので、参考になった

・ベトナムのお子さんの支援についても役に立つ話が聞けた

・多言語の国の教育について、理解を深めることができた

・お話が具体的で、とてもわかりやすかった

 

笠原先生、フィリピンからご登壇いただきまして誠にありがとうございました。そして、いつも当法人の講座にご参加いただいている皆様、おつかれさまでした。後半に続きます。

【公開講座】日本語教育参照枠が目指す多様な評価と、シビックプライド

11月5日(土)公開講座、前半の「『地域』日本語教育が目指す人物像とは」に続き、後半は「日本語教育参照枠が目指す多様な評価と、シビックプライド」を実施しました。

講師は常葉大学造形学部造形学科教授・安武伸朗様、文化庁国語課日本語教育調査官・松井孝浩様にお願いし、実施致しましたのでご報告いたします。

 

①文化庁国語課日本語教育調査官・松井孝浩様「日本語教育に関する法律・方針・施策と『日本語教育の参照枠』」

日本語教育の推進に関する法律(令和元年法律第48号)

日本語教育の推進に関する施策を総合的かつ効果的に推進するための基本的な方針

外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策(令和4年度改訂)の概要

外国人との共生社会の実現に向けたロードマップ

日本語教育の参照枠

国が出しているいくつかの報告書等をお示しいただき、来日し、滞在している方々の社会的文脈をよく考えた日本語教育の意義についてお話がありました。

 

ところで、皆さんは「シビックプライド」という言葉を聞いたことがありますか。シビックプライドとは「市民が、自分が暮らす都市に対して感じる誇りや愛着で、市民ひとりひとりが暮らしに感じる喜びから生まれたり、行政による戦略的なコミュニケーション計画から生まれたりするもの」と言われています。

このことは当法人はじめ、市民活動としての地域日本語教育団体さんは、腑に落ちるところではないかと考え、「シビックプライド」から活動のヒントが得られればと考えました。

そこで、続いては安武先生にご講義をお願い致しました。

 

②常葉大学造形学部造形学科教授・安武伸朗様「『静岡市民のシビックプライドの種を探す』課題解決学習(PBL)の実践報告」

冒頭、先生から「シビックプライド」の概要を簡単に伺ったあと、常葉大学の学生たちが2011年~2018年にかけて実施した取組についてお聞きしました。(常葉大学造形学部「シビックプライド研究会(未来デザイン研究会)」学生が参加する正課外PBLとして運営。大学の地域貢献活動支援、静岡県の大学コンソーシアムによる行政の課題解決事業支援など、学内外の活動資金を活用した事例)

★2011年 街を知る地図を作る

★2012年 愛着を語るワークショップ

★2013年 愛着を投稿してもらうWeb

★2014年 愛着の展示会をひらく

★2015年 人に注目する

★2016年 移住したい人にむけた魅力をまとめる

★2017年 静岡の嬉しい暮らし方を伝える

★2018年 嬉しい暮らし方から知る

上記の取組において、デザイン系の学部の強みとして、誇りや愛着が感じられる過程を「見える化」できたことは、シビックプライドに関する調査への理解に大きく寄与したのではないかというお話がありました。プロジェクトをチームで前に進めるのに、「見える化」することは、とても大切なのですね。

こうして、学生たちが「課題解決型学習」形式の調査で得られた結果や気づきを見える化し、ディスカッションを通して、シビックプライドの種のようなものを見つけていこうとした試みた一連の取組は、とても面白いと思いました。また、研究を進めていくうちに学生たちは「シビックプライドの確認には、自分の愛着を語り合う。だけど象徴的なデータはあまりない。シビックプライドの種は絞り込みが難しく、優先順位も混とんとしている」ということに気づいたそうです。

そしてもっと面白いことに、本講座はもともと「シビックプライドについて知りたい」ということから、安武先生にお願いしたのですが、実際はこうした「シビックプライド」の奥深さのみならず、学生たちの「課題解決型学習の過程やその効果」からも、私たち受講者に示唆を与えてくれたことでした。

学生たちによるアクティブラーニングによって、教員にも気づきが生まれたというお話が先生からありましたが、学生たちは現実社会に自身で見つけた課題に取り組む中で自己評価し、自身のキャリア形成についても考えるよう変化し、社会へ巣立って行ったそうです。シビックプライドの研究によって、地域の大人たちからお話を聞く機会を得て、就職活動への考え方にも影響を与えたというのです。

自分の暮らす都市への愛着、シビックプライドの醸成によって自己実現を考えるに至ったという大学生がたどった道筋の事例は、地域の日本語教育にとっても参考になるお話がたくさん含まれていたと思います。

安武先生、大変興味深いお話を聞かせていただきありがとうございました。

なお、安武先生の教え子たちが研究した成果の一部を、ウェブサイトで見つけました(シビックプライドの種発見ワークショップ

 

・・・

ご参加者からは「シビックプライド」について多くの感想が寄せられました。

・日本語教育とは違う分野から地域を見つめるような事例を聞けて、新鮮だった。

・自分の住んでいる地域で共に暮らす外国人も巻き込んで、その都市にプライドを持つということがよかった。なにか一緒に作り上げていきたいと思った。

・とても良い内容だったので、日本語教育とのつながりが考えられるように発展して捉えなおしたい。

・日本語学習者をお客さんにしないというような発想が大事だと思うが、シビックプライドのワークショップにその可能性を感じた。

・街づくりは人づくりだということを改めて感じました。

 

次回は11月19日です。ご参加いただいた皆様、長いお時間おつかれさまでした。

【公開講座】「地域」日本語教育が目指す人物像とは

11月5日、今年度も公開講座(日本語教育に関わる人材の養成・研修)が始まりました。この講座は当法人が文化庁より委託を受け、共催・浜松市、後援・(公財)浜松国際交流協会HICEで実施するものです。

この日は「『地域』日本語教育が目指す人物像とは」と題し、岩手大学国際教育センター教授・松岡洋子様、浜松市国際課・古橋広樹様にお話を伺いましたので、下記の通りご報告します。

 

★浜松市国際課・古橋広樹様

・浜松市の概要(浜松市の地理的な特徴や都市としての魅力、浜松市が調査した外国人市民の状況などから見えること等をお話いただきました)

・地域日本語教育推進方針について(日本語学習機会が公的保障されていない身分に基づく在留資格者を主とした施策推進、活動に基づく在留資格者への生活者として必要な日本語学習支援の効果的な方策の検討についてなど、お話いただきました)

・浜松市の日本語教育施策について(参考

・日本語教育に携わる人材の養成について

・NPO等と連携した日本語教室について(市内協働センター3会場において、日本語学習初心者を対象とした、ひらがな・カタカナ・基礎漢字を集中的に学習する市日本語教室入門クラスを開催/協働センターでの地域日本語教室開催に当たり、団体との協働・連携による地域共通で使用可能なカリキュラムや教材等を検討/市としての地域日本語教育推進の方向性を関係者間で共有した上で、各団体のこれまでの経験やノウハウを生かした、地域として一体感のある持続可能な教室を目指すことなど、浜松市の取組のご紹介がありました)(参考

 

★岩手大学国際教育センター教授・松岡洋子様

・わたしたちの「地域」は、どんな「地域」?(エビデンスなどをもとに、自分の暮らす都市や街の特色を把握する意義についてお話いただきました)

・「地域」で日本語教育をする意味(そもそも「日本語教育」とは?何のための移住者の第二言語教育か?ということを、海外の事例を交えながら考えてみました)

・「地域」日本語教育人材ってどんな人?(①移住者のための日本語教育が出来る人材/②相互理解を働きかけるコミュニティづくりができる人材/③言語・文化を調整しながらコミュニケーションとしての日本語教育ができる人材→①~③すべてわかっていて仲介役になる人、いずれかができるという立ち位置を担う人がそれぞれ必要というお話を、お聞きしました)

・・・

古橋様と松岡様のお話を受けて、参加者のご感想の一部は次の通りです。

★豊富な事例と本音の問題意識を共有していただいたことで、日本語教育に携わる意欲がさらに増した

★地域の日本語教室が置かれている状況についてよく理解できた

★地域に関わってほしい人物像について、大胆に言ってもらえてよかった

★講師陣が本音をお話くださったので、説得力があり納得できた

★浜松市は地域と連携して、日本語教育人材とボランティア養成の両方を本当に力を入れてやっているということが、よくわかった

★他国の言語政策・移民政策の事例を交えながら、クリティカルに指摘されていたのでとても勉強になった

★地域での日本語教師は単に日本語を教える存在ではなく、地域で共生する存在としての「受容性」を認識しました

★もっと広い視野を持って、日本語教育に携わる必要を感じた

・・・

 

こちらを皮切りに、本シリーズ講座は1月21日まで続きます。引き続きどうぞよろしくお願いします。

 

【受講者募集】「地域の活力向上・共生社会実現に向けた、自治体と連携して行う「地域」日本語教育とは

フィリピノナガイサでは文化庁から委託を受けて、「地域日本語教育実践プログラム」を実施しています。この中で、日本語教育に携わる人材の養成・研修に取り組んでいます。

日本語教育事業ではありますが例年、ご参加者は日本語教師・ボランティアのみならず全国の自治体職員の皆様や大学生、定住外国人の皆様に及びます。

自治体と連携して行う「地域」の活力向上・共生社会実現に向けた日本語教育について、今年度は「シビック・プライド」という考え方にもヒントを得て、公開で講座を実施してみたいと思います。

皆様のご参加を、お待ち申し上げます。

***

11月5日(土)13:00~17:30 ※途中、休憩あり

オンライン会議システムzoom

定員100名 参加費無料

お申込みは「こちら

 

【参加者募集中】「生活者としての外国人」のライフステージに寄り添う地域日本語教育を考える

お待たせいたしました。公開講座のお知らせです。

今年も文化庁より委託を受けて、「『生活者としての外国人』のライフステージに寄り添う地域日本語教育を考える」を実施します。(共催:浜松市、後援:(公財)浜松国際交流協会(HICE))

この講座は今から2年前、思い切ってオンライン実施に切り替えたところ、全国の方々にご参加いただけるまでに成長しました。おととし・昨年、受講された方々は今、全国各地でそれぞれにこれまでのご活動をブラッシュアップされたり、新しい団体を立ち上げたりしてご活躍なさっています。

このような方々と、活動するうえで情報交換できるネットワークが築けたことも、私たち団体にとって大切なつながりになっています。皆様、本当にありがとうございます。

ところで令和元年6月28日に公布・施行された「日本語教育の推進に関する法律(令和元年法律第48号)」の基本理念の一つに、

「国内における日本語教育が地域の活力の向上に寄与するものであるとの認識の下行われること」というのがあります。

今年度はこの「地域の活力」について理解を深めるべく、カリキュラムを考えました。リピーターでのご受講も、ご新規でのご受講も大歓迎です。お申込み、お待ちしております。

参加お申込みフォーム 「こちら

 

最後になりましたが、本講座へのご参加に際して、注意点は次の通りですm(__)m

 

・「第1期(11月5日) 公開部分のみのご参加」or「第1期&2期(11月5日~1月21日) シリーズ通してのご参加」のどちらかをお選びください。

・「第1期&2期」の両方をご希望の場合、基本的には全出席できる方とさせていただきます。

・基本的に「顔出し」での参加をお願いします。

・もう一度。お申込みはフォームからよろしくお願いします。「こちら

 

***

 

写真は昨年度、ご受講くださいました皆さんです^^

 

【リマインド】スピーチコンテスト、みんな見てね(zoomはこちら)

みなさん、明日はフィリピノ語スピーチコンテストです。どなたでもご視聴いただけます(99名まで)。

 

どうぞ、下記zoomのURLからご参加ください。

 

コンテスト後は、フィリピノ語体験講座もあります♪

 

Zoomミーティングに参加する https://us02web.zoom.us/j/81145012218?pwd=Nk4renZDU2E1UUh5QXVuVFlXTnhYdz09

ミーティングID: 811 4501 2218

パスコード: 976256

 

【参加者募集中】2月13日 言語を覚える難しさを体験しよう(オンライン)

2月13日(日)午後1時~3時、「言語を覚える難しさを体験しよう」を実施しますので、下記の通りご案内します。本取組は、文化庁委託「生活者としての外国人」のための日本語教育事業の一環として行われます。

「言語を覚える難しさ」を体験するために、今回2つのコースをご用意しました。Aコース・Bコースともに、「こちらのフォーム」または、チラシQRコードからお申し込みください。

 

なお、Aコースへお申込みの方は、下記あわせてご覧ください。ご不明な点は、当法人にお問合せください(filipinonagkaisa@yahoo.co.jp)

Bコースへお申込みの方は、2月10日までに参加URLをお送りします。当日はスピーチコンテスタントの応援(ご聴講)と、フィリピノ語講座へのご参加(受講)をお楽しみください。

みんなで「はままつグローバルフェア」に参加し、多文化共生イベントを楽しみましょう♪

フィリピノ語スピーチコンテストの顔合わせしました♪

2月13日(日)はままつグローバルフェア内で実施する「フィリピノ語スピーチコンテスト」の出場者の方々が少しずつエントリーしてくださっています。

先日、第一回の打ち合わせをしました。当法人のフィリピンスタッフとコンテスタントをマッチングし、ペアで練習をして本番を目指していただきます。

こうご期待!!

一緒に出場してくださる仲間をまだまだ募集しています。詳しくは「コチラ」をご覧ください。

 

ズバリ!「つながるひろがる にほんごでのくらし」(日本語教育を行う人材の養成・研修の実施)

事務局、半場です。(本日は名乗らないと、下記ご報告が進みませんので失礼致します。よろしくお願いします)。

さっそくですが、文化庁委託「生活者としての外国人」のための日本語事業のうち、「日本語教育を行う人材の養成・研修」第二期が無事に終わりました。

今期最後にあたる12月18日は、東京にほんごネットの有田玲子先生にご講義をお願いしました。

先生はこの日のために、なんと9月20日の第一期から全9回、全てにご参加くださり、「”日本語教師・支援者の”Can do」を一緒に考えてくださいました。

6月に講師依頼をさせていただいてから、毎月3時間近くミーティングを繰り返して参りましたので、本番終了後は先生も私も、「(何かを!?)出し尽くしましたね」という感じでした。

というわけで、思いの詰まった第二期最終回のご報告です。

 

(前半)

★つなひろ概要

★質問づくり(昨年度の講座 もご参照ください)

 

(後半)まず有田先生から、私たちの出会いや日本語支援者としてのモヤモヤについて、「打ち合わせであんなこと話したよね、これも話したよね」ということをご参加者の皆さんに共有してくださいました。

皆さんもそれぞれの現場で抱えているモヤモヤがあるはず!今日は一緒に語り合いましょう。ちなみに半場のモヤモヤは、「日本語教師のマインドセット(専門性)と言われる昨今、コーディネーターとしてやるべきこと・やりたいことはたくさんあるけど、限られた教室時間数でどうしたらいいの~(悲鳴)」というものでした。

そこでこの半年、先生から出されていた宿題が、ズバリこちら!

この宿題について、有田先生の真意は「今は半場さんしかできないやり方になっているので、他の人にも”つなひろ”を使いやすいようにしてみてください」ということでした。これは、大きな宿題をもらったな~(++)(笑)これが今年6月のことです。

そして12月になり、この宿題に向き合って半年経ちました。今回は有田先生からご質問を受けながら(しかも講座という公開形式で)、「つなひろ」を使った活動の収穫、レベル1・2・3の違いで気づいたことや活動事例をご紹介しました。

活動の事例は「こちら」をもとに、お話しました。私が気を付けていることと言えば、教室活動に欠かせない「教案」と「ポートフォリオ」に型を作ることで、「Can do」がぶれないようにということになります。

つなひろを使った活動の「収穫」「気づき」については、来年2月に文化庁主催「つなひろ活用セミナー」に登壇することが決まりましたので、そちらでもう一度お話させていただければと思います。(告知開始しましたら、本HPで公開します)

キーワードは「余白」です。余白を作ることで教室活動に関わる人が増え、その方々は共生社会に関心を持ち、当事者になって教室の外(社会というリアル)へつなげてくださっています。こうした関わりが、日本語教師のマインドセット(専門性)にもつながっていきました。

数多ある日本語教材で、なぜ「つなひろ」を使ったのかという思いも、文化庁事業の受託団体として、今回お伝えする機会をいただきました。

さて、ここまでがフィリピノナガイサの半場の場合…なのですが、ご参加者の皆さんはいかがでしょうか。今回は、フィリピノナガイサの学習者が使っているポートフォリオを使って、現場でのモヤモヤや本講座での気づきなど、なんでも書き落としてみましょう。

そして、書き込んだポートフォリオをもとに、ご参加者の皆さんとおしゃべりをしてみてください。皆さんは本シリーズ講座でどんな学びがあったでしょうか

・・・

最後に、本シリーズ講座を通して先生にとっての学びもお聞かせくださいました。(有田先生、ありがとうございます)

先生は「余白」というところをキーワードとして、もう一度お言葉で返してくださいました。「場」「カリキュラム」「ファシリテーション」の3つの要素があってこそなんだけど、「余白」はその外にあるのではなく、実は「3つが重なったところ」にあるのではないか?

日本語教師・支援者はこの3つをどのくらいの面積で重ね合わせて「余白」を作るのか。そのようにまとめてくださいました。

・・・

講座後、ご参加者の皆様が続々とアンケートで本講座の感想を寄せてくださいました。お声として多く聞かれたものを「一部」で恐縮ですがご紹介します。

・本日の有田先生のお話もまとめとして素晴らしい回だった。

・作成者のお一人である有田先生から、「つなひろ」の概要や考え方が聞けてとてもよかった。使い方がよくわかり理解が深まった。使ってみようと思った。

・とても良かったです。オンライン、対面の両方で実践できそうです。ありがとうございました。

・フィリピノナガイサの講座は内容が濃い。実践的で、とても参考になった。

・制度趣旨に基づく活動の在り方を考えることができた。

・終わってしまうのが寂しい。これからも、今回のご参加者の方々とご縁をつなげていきたい。

・ブレークアウトルームで全国の方とお話することができたことは、コロナ禍で貴重でした。話す時間も多く、情報共有もできて良かった。

・ポートフォリオの意義を感じた。これからの活力になりそうな時間だった。

・3か月間、とても面白かった。

・ボランティアの目的は何か、再確認できました。

こうして、第二期が終わりました。

本講座の特徴として、講師の皆様が口をそろえておっしゃるのは、「フィリピノナガイサのご参加者は学びが濃く、深い」「こんなにアンケートをしっかり書いてくれる講座って、ないですよ!素晴らしいですね!!」ということでした。

しかし、これもひとえに9月以降、講師の諸先生方がたすきを繋いできてくださったおかげです。また、ご参加者の皆様が各地現場で課題意識を持って努力されていらっしゃるということなのだと思います。

皆様のアンケートでのお声や成果物については、もれなく文化庁へ報告して参ります。この場をお借りして関わっていただいたすべての皆様に、心よりお礼申し上げます。

みなさま、また会いましょう♪

NPO法人フィリピノナガイサ 半場和美