「防災」をテーマにして/I’ve learned different types of disaster.

浜北クラスの報告です。今日も、文化庁日本語学習サイト「つなひろ」を使いました。(レベル3/シーン2-1「防災について考えよう」)

クラスは1:30~3:30ですが、部屋は1時から空いていますので「自主勉したい人は早く来てOK!」となっています。1時前後に学習者たちは続々と集まるのですが、ニコニコした顔で「セルフスタディ?(やってもいい?)」と言いながらやってきます。

対面で集まって勉強する意義の一つに「自主学習(メイン講師抜きで、仲間と勉強をシェアし合う)の存在がある」というのが、すっかりこのクラスで定着しています。それは、「コチラ」のクラスから引き継いだからかもしれません。

授業前、みなさんはこちらのプリントを使って、今日の予習をしていました。(静岡県 地震防災ハンドブック「やさしい日本語」版

定刻1:30には、一斉にクラス活動スタートです。さぁ、みなさん。今日の目標に向かってがんばりましょう!

本日のポートフォリオは次の通り。今日も学習者に合わせて、英語とポルトガル語版を用意しています。

内容①

「アンジェラさんは、自分の家の近くの避難場所を知っていますか。」

「避難場所って…」

 

突然ですが、リスニングです。アンジェラさんの話をよく聞いてくださいね。避難場所って、何ですか?!

★みんなが、逃げる場所

★地震の時「とか」→「災害」「地震」「台風」「大雨」「豪雨」「洪水」「河川氾濫」「土砂崩れ」など…

 

内容②

講師「今から私が、アンジェラさんと同僚のスクリプトを読みます。応答してくださいね。」と言いながら、「相槌」に関する箇所を学習者が呼応します。それと同時に、講師が板書していきました。このスクリプトに出てきた「相槌」は、ご覧の通り。

…こんなにたくさん相槌のバリエーションがあるんですね^^

普段、皆さんはどうでしょうか?「oo」「Sim」「アーハン!?」(笑)

「これらがあることで、会話も弾み、良好な関係の助けになりますよね」と申し上げたところ、各々がさっそく「そうですねぇ」「ほんとうに」と言いながら、眉毛を上げて、ゲラゲラ笑いながら反応してくれました^^;

「いいねぇ!互いの表情もよく見て~」

「みんな、目はどう?眉毛は???」

「今は特にマスクしているから、こんな風に言いながら目元で表情を意識しないとミスコミュニケーションになっちゃうかもね。今日から眉毛のエクササイズしてね~」

クラスは一気に、淀川長治さんのモノマネをする小松政夫さんだらけに(笑)

 

内容④

アンジェラさんの最後の言葉を振り返りましょう。同僚と話をした後、何と言っていますか?

「鈴木さんと話せて、ちょっと安心しました」

これもコミュニケーションではとても大切な言葉ですよね。そんな風に言ったら、何か困ったときには皆さんを助けてくれる日本人になるかもしれません。ぜひ、これから使ってみてくださいね。

 

…休憩…

 

後半は、センター長といっしょに館内をツアーしましょう。スマホで撮影OK!前半覚えた日本語も、センター長に使ってね。

まずは1階から。

 

ここで、センター長の粋な工夫。「さて、1階の説明は私がしました。2階にも同じものがあります。ここからは、皆さんが探してください」ということで、非常口や消火器、避難経路を確認しました。(これは、事務局と打ち合わせなしで、センター長が考えておいてくださったもの!おかげで、学びが深まりました。ありがとうございますm(__)m)

ここで、ある学習者から「私は持病がある。ここにはAEDある?」と質問がありました。「実物、ありますよ」ということで、中を開けて見せていただきました。

「センター長とはなせて、ちょっとあんしんしました^^」

(頭の上に載っている柿は、柿農家でバイト中の学習者から、センター長にお礼ですって。私たちのノリにお付き合いいただき、ありがとうございますm(__)m)

 

勉強は、もうひと踏ん張り。

ここからは、

★HICE防災マップ(英語版)(ポルトガル語版

★静岡県「避難生活ガイドブック(やさしい日本語版・多言語版)」

を使って、グループのメンバーと自宅近くの避難所を調べたり、おしゃべりしましょう。「相槌」も上手に使って会話のキャッチボールを体験してね♪

 

授業のまとめとして、ポートフォリオへの記入も忘れずに。

★たくさん勉強して、この笑顔^^

 

★さっそく「安心しました」を使って感想を書いてくれて、うれしいな。

 

★感想に、「I’ve learned different types of disaster.」と書いてくれました。

このクラスの方々の学習ニーズは「話すこと」と聞いておりましたので、いかにして(必要不可欠な)「防災」をテーマにしながら、皆さんのニーズに応えるか、展開を悩みました。この方はさらに「I’ve learned new nihongo words」「I’ve learned where to go in case of disasters.(Evacuate)」 というコメントもあわせて寄せてくださいましたが、避難に関する新しい情報を知り、充実した学びになっていたとしたら幸いです。

これを実現できているのは、日本語教育実習生2名、バイリンガルスタッフ2名、地域のご参加者のおかげです。「おしゃべりの相手」をしてくださることで、事前に講師が用意した教案や教材以上の成果へ押しあげてくれています!

Maraming salamat po.

来週で、今年度の浜北クラスは最後になります。

(浜北クラス報告)「かじですか、きゅうきゅうですか」

11月6日、バヤニハン浜北クラスのご報告です。浜北クラスの秋は全4回、とても短いので、「命を守る」「緊急時の対応」に焦点を当てて優先順位の高い日本語を選んで勉強することにしています。

今日は文化庁日本語学習動画サイト「つなひろ」より、シーン2(9-3)「かじですか、きゅうきゅうですか」の勉強です。

初公開!?本日の教案は下記の通り。

なお、今日から静岡文化芸術大学の日本語教育を専攻している学生さんたちが、実習先として当法人を選び、参加しています。

 

さて、まずは「つなひろ」を視聴(かじですか、きゅうきゅうですか

浜北クラスはプロジェクターを使う環境が整わないということもありますが、個々にスマホで動画を見てもらっています。(授業の導入です)

個別に視聴すると言語設定を各自が自由に選べますし(このクラスはフィリピン、ドイツ、ブラジルの方が在籍)、教室での視聴経験が在宅学習への取り組みのハードルを低くしてくれていて、これはこれでメリットにつながっています。

動画視聴後、聞き取れたフレーズや語彙、映像から、今日のテーマを想像します。今日の場合ですと、「救急車?」「火事?」「友達、階段、落ちた?!」皆が、口々に言います。

(講師)「オウさんは、どんな顔をしていましたか?」

―ちょっと、怒っているみたい

ーまじめ

ーヤバイ

…シリアスな場面ということをイメージできたところで、今日のポートフォリオを配布しました。「目標」の箇所は学習者ごとの言語を用意していますが、これは「つなひろ」のウェブサイトから”コピペ”で再掲しています。生徒とともに今日の学習内容を共有するために、目標箇所は学習者の母語別を使うようにしています。(この日は、英語とポルトガル語を用意しました)

ちなみに、このポートフォリオは文化庁カリキュラム案5点セットのうち、「『生活者としての外国人」に対する日本語教育における日本語能力評価について」を参考に作成しています。

さぁ、目標を共有できたところで今日、覚えてほしいフレーズも確認していきましょう。

①119番、消防署です。かじですか、きゅうきゅうですか。

「かじです」「きゅうきゅうです」と言いながら、書きます。「きゅうきゅう」という言葉は、「浜松市における地域日本語教育の総合的な体制づくり推進事業」の復習にもなりました。思い出して書けるでしょうか。拗音と長音の組み合わせなので拍が取りにくく、文字として捉えるのは少し難しいですね。もう一度、よく確認しましょう。

次に、住所を答えます。在留カードを見ながら、書きましょう。そして、しっかり覚えましょう。

覚えた後は、発声します。ところで、緊急時に住所を「はっきり伝えること」は大事ですが、どのように言えば日本人の消防・救急隊員に聞き取りやすいのでしょうか。むやみに練習するのではなく、子音と母音を意識して一つずつの音をゆっくりで言うこと、意味のある塊を意識して話すことなど、日本語の音の特徴を捉えながら練習しています。回を重ねるごとに、見違えるように「ハッキリ」聞こえています!このようなトレーニングは独学ではなかなか身に付けられませんし、意思疎通のため、ぜひ教室活動を活用していただければと思います。

休憩明けはワーク活動をしました。「どうしましたか」の問いに対するバリエーションを、グループに分かれて考えました。119番に電話をかけるような事態って、いったいどんな時なのでしょう?!

そのあと3つずつ、各グループで話し合った表現を書き留めました。

こうしてフリートークの時間を設けることのメリットは、既成の日本語ではなく、「ご自身にとって必要な日本語」が覚えられることです。今日は、「私は糖尿病。救急車が来たら、言ったほうがいい?どうやって言う?」それを聞いた別の人が、「えっ!?私は高血圧。どうすればいい?」という話になり、教材では網羅できなかった「持病」についても個別に必要なものとして、抑えることができました。

 

続いて、発表でシェアします。今日は3グループありますので、自分のグループのほか6個、合わせて9個、「どうしましたか」のバリエーションを共有できますね^^

ちなみに、このクラスには臨月の妊婦さんがいます。ですからバイリンガルスタッフから、「あなたは破水という言葉も覚えたほうがいいよ」とアドバイスして、発表していました。

また、「腰が痛いです」と考えたグループがありましたが、「腰が痛いというだけだと救急車が来てくれないどころか、旦那さんも病院へ連れて行ってくれないかもよ(大爆笑)と言いながら…、『うごけません』を付けたしましょう」という共有をしました。

最後に、板書のおさらいをして、ポートフォリオへ「感想」の記入と、それに対してスタッフや実習生からのコメントをお返ししました。

 

★「意識がある、意識がない」という日本語を初めて覚えたようです。

 

★「ものが落ちてきました」の「もの」についても一緒に考えました!箱、石、大きなもの、なんでも…頭に当たったら、救急車を呼ぶかもしれません。

こちらはポルトガル語での感想でしたので、ボイストラで翻訳させていただきました。

「この授業はとても気に入りました。コミュニケーションが取れます。先生たちはたくさん、教えてくれます。そして、とても親切で丁寧に説明してくれます」

Obrigada! うれしいです^^

このクラスはメイン講師、バイリンガル講師2名、そして今日からは日本語教育実習生2名が加わりましたので、手厚いサポートをご提供できていますm(__)m

最後に記念撮影♪

ワーク活動で使いました、カラーペンをご提供いただいたトラベレックスジャパン様、ありがとうございました。

 

【申込フォーム】「生活者としての外国人」のライフステージに寄り添う地域日本語教育を考える

***先着100名、お申込み受付中!***

 

文化庁委託「生活者としての外国人」のライフステージに寄り添う地域日本語教育を考える

9月20日(月)午後1:30~5:30
オンライン会議システムzoom
参加費無料

地域日本語教室は、社会情勢が切り離せません。それに伴い、関わる人材の変化も求められます。

私たちフィリピノナガイサが文化庁より「生活者としての外国人」のための日本語教育事業を受託してから11年が経ちました。 開始直後の学習ニーズは「生活上での困りごと」でしたが、滞在年数が長くなり、今では「就労」「ライフキャリア(人生そのもの)」に変化してきています。 こうした方々に寄り添う、地域日本語教育人材のあり方について考えてみたいと思います。

そして、海外の移民施策の事例も参考にしましょう。

お申込みは、(こちら)

 

 

★PDFチラシ(9月20日)

 

主催:NPO法人フィリピノナガイサ

共催:浜松市

後援:(公財)浜松国際交流協会(HICE)

 

 

総務省「多文化共生事例集(令和3年度版)」に「バヤニハンクラス」が掲載されました。

8月は大雨に緊急事態宣言と、大変な日が続きました。

みなさん、いかがお過ごしでしたでしょうか。

 

さて、本日付けで総務省から、

「多文化共生事例集(令和3年度版)」が更新されましたので、

こちら」にご報告します。

 

当法人は、p.44~p.45に掲載されています。

 

ちなみにこの事例集は、2017年にも発行されています。

こちら

 

あれから5年が経ち、内容が更新されています。

共生社会実現を目指す日本語教室は、社会動向とともにあります。

外国人住民の増加・多国籍化、在留資格「特定技能」の創設、多様性・包摂性のある社会実現の動き、デジタル化の進展、気象災害の激甚化などの社会経済情勢の変化…

加えて昨年からのコロナ禍…

 

アップデートしたものを掲載する機会をいただき、ありがとうございました。

Maraming salamat po.

 

・・・

(番外編)

アップデートに際して、写真選びに迷いました。

コロナ以前のものか、コロナ以降のものか。

 

2種類提出しましたが、コロナ以前のものが掲載されました^^

バヤニハンクラスのサブタイトル、「~みんなで地域をつくっていこう~」という思いを伝えることができていれば幸いです。

 

 

 

新機能追加!!文化庁日本語学習サイト「つなひろ」

当法人の日本語教室でも活用している、文化庁「生活者としての外国人」のための日本語学習サイト「つながるひろがるにほんごでのくらし」(通称:つなひろ)に、新機能が追加されたそうです~

サイトURLは「こちら

※報道発表は「こちら

 

ー新規点は次の通りー

★自己評価チェック機能を実装し、自分に合ったレベルの学習コンテンツへのアクセスが容易になりました!

・簡単なアンケートに答えることで自分に合ったレベルがわかります。

・できないと感じている事柄について、学習に適切な動画ページへと誘導できるようになりました。

セルフスタディのための動画教材としてもオススメしやすいですし、

教室活動の中でも、どのコンテンツを扱うかの参考になりそうです♪

 

 

★生活の場面の読み書きに関するコンテンツが追加されました!

  

おお~、ちょうどこの内容(在留カードを見ながら、必要書類を書く)を2週間前のバヤニハン教室(中区)で実施したばかりです!

 

ところで、当法人のウェブサイトにも「つなひろ」のアイコンあります。

みんな、見てね(こちら

 

・・・・・

 

「つなひろ」のサイトは、Edge、Google Chrome、Safari に対応しています。(Internet Explorerには対応していません)

※表示がうまくいかない場合はキャッシュクリアをお試しください。

 

浜北クラス1期、終了の報告。テーマは「防災」

当法人は6月、毎週土曜日全4回、浜名協働センターにおいて「バヤニハン日本語教室」を展開して参りました。おかげさまをもちまして、6月26日に終了しましたのでご報告します。

 

さて、最終回のテーマは「防災」。かねてより「浜松市の各区ごとに、定住外国人向けの防災教室があってもいいくらい」と行政に声を上げてきたことが、少しずつ形になっています。

昨年に引き続き、浜松市から日本語教室(文化庁・地域日本語教育の総合的な体制づくり推進事業)として浜北区をお任せいただいているバトンを受け取る形で、当法人が同地区に教室(文化庁・「生活者としての外国人」のための日本語教育事業)を設置することで、この「防災」を取り上げることを今年度の特色にしています。

「ことば」を扱い、学ぶ教室の特性として「防災」を扱うのにできる視点はなんだろうか…と考えるのですが、ふと、出入国在留管理庁が監修している「生活・仕事ガイドブック(やさしい日本語版)」の赤い字で書かれた箇所に目が留まりました。

各所に「日本人に○○と質問します」「日本人に○○と言います」と書いてあります。このことから、災害への備えや知識、情報提供を重視するのはもちろんのこと、地域日本語教室の役割を改めて感じます。

そこで一層、災害時の意思疎通をイメージしやすいよう、今回初めて言葉の勉強の前にワークを一つ付け加えました。

場所ごとに、近くの日本人について想像してみましょう。具体的にお名前がわかる場合は「~さん」「~せんせい」と、覚えたひらがなでメモします。

いえのとなりの「えまさん」、かいしゃの「ひらたさん」、ようちえんの「たなかせんせい」など。

スーパーなどでは「店員さん」に派生させてもいいと思います。自分の回りの日本人を思い出して、クラスみんなでシェアしましょう。

ほかに、こんなワークも。

コチラの動画を見ながら、大きな地震を自分ごととしてイメージしてもらいました。

そのあと大地震の際、場所ごとに自分の身を守れそうな「もの」に、どんなものがあるかを考え、ワークシートにメモしておきました。

寝室なら「ベッド」、リビングなら「クッション」、にほんごきょうしつなら「ざぶとん」「つくえ」「いす」。道路なら持っている「カバン」、アピタなら「かいものかご」など。こちらも覚えたひらがな・カタカナを使って書き留めます。

「『かいものかご』なんてかぶって逃げて、お店の人にに怒られない?」と心配する声も聞かれましたが、滞在年数の長いスタッフが「大丈夫!ちゃんと後で事情を説明して返せばいいんだよ」としっかり伝える姿は、さすがです)

ところで、この「くるりん」と丸まっているものは「だんごむし」です。クラスには地元幼稚園からの紹介で通っているママたちもいるので、お子さんを守るときは「だんごむしポーズで」というお話をしました。お子さんがいざというとき過剰に怖がらないよう、こうしたポーズを日々の遊びの中に取り入れてもらうのも良いとおもいます。

 

そのほか地元の方から、住所とは別の「地区」を教えていただきました。

最後は、このクラス以外にも継続学習ができるようほかの教室や次回お知らせをして終わりました。みんなで次回教室のチラシを持ち、再会を約束して終わりです。

名残惜しくて、みんなとお開きまで時間がかかりました(;;)それだけ、新しく良い出会いがこの地区に生まれたことを心よりうれしく思います。

Maraming salamat po.

フィリピノナガイサは、3か月後にまた浜北へ伺います♪

出入国在留管理庁の資料を使って(バヤニハン日本語教室・中区)

こちらは、バヤニハン日本語教室(中区)のご報告です。本日、行政書士の村松正利先生をゲスト招聘し、在留資格についてご講義いただきました。

事前に、当法人から講師に、出入国在留管理庁が出している「生活・仕事ガイドブック」の「入国・在留手続き」の箇所をベースに教えていただきたい旨、ご相談しておりました。

 

先生からは加えて、

★よくある相談事例

★入管で更新が不許可となるケース

★必要書類の書き方

などを添えていただきました。

なお、来春から成年年齢が18歳になりますが、これに伴いお子さんをフィリピンから呼び寄せる予定の方は、家族が別離しないよう、またお子さんの進路にも影響しないよう早めに呼び寄せられるよう準備したほうがよさそうです。

「在留資格」のテーマは過去に何度も取り上げており、村松先生と通訳者の息もぴったりでした。村松先生は長く本事業に関わってくださっており、いつも定住フィリピン人にお伝えする要点を抑えてご準備くださっています。それを母語で同胞に伝えられることも当法人の強みです。

どうもありがとうございました。

 

「食べて健康になろう(静岡県立大学)」×「つなひろ(文化庁)」

本日、バヤニハン日本語教室(浜北クラス)では静岡県立大学よりご提供いただいた多言語版の食育教材使って、授業を展開しました。(「こちら」からダウンロードもできます)

中でも私たちが使ったのは「日本語版」「フィリピン語版」「英語版」です。これらを見比べながら、当法人で副教材をつけて日本語の勉強をしました。

「食べて健康になろう」(静岡県立大学作成)を活用した副教材

 

ところで、静岡県立大学作成の教材によると、

★静岡県は日本一高い山・富士山と、日本一深い海・駿河湾があり、新鮮な魚、肉、野菜、果物がたくさんあります。

★そのため、静岡県は健康で長生きする人の数がとても多い

と書いてあります。

 

授業の導入は、みんなで、「健康で長生きする人が多い静岡県に住んでいてよかったね~」というところから♪

丈夫な身体を作るためには「食事が大事」ということも教材から読み取りました。

教材はディクテーションをしながら、語彙を書いたり意味を確認しました。

  

意味の確認では、自然と会話がはずみます。分からないところを互いに助け合う姿も見られます。

 

 

「主食」「主菜」「副菜」の分類に分けたり、アレルギーや嫌いな食べ物についても話をしました。

 

さぁ、最後にはやっぱり「アレ」を見ないとね!!というわけで、ここのところ当法人ではすっかりお馴染みの「つなひろ」の出番です。本日はレベル1(2-2「店で商品の成分について、聞くことができる」)を使って、実践編です。

アレルギーや嫌いな食べ物が入っていないか?店員に尋ねてみる練習をしました。(これは、●●が入っていますか)

 

 

本日の勉強はここまで。みんなで「静岡県立大学の食育教材」と「文化庁のつなひろパンフレット」を持って、記念撮影してお開きです^^

またひとつ、クラスの思い出が増えました。

Maraming salamat po.おつかれさまでしたm(__)m

バヤニハン(浜北)ご報告

バヤニハン浜北クラスは、新しい生徒が増えました~

ひらがな・カタカナの勉強をしたことはあるけど独学だったから、なかなか覚えられなかった。日本語教室に来るのは初めて…

ということで、五十音表や日本語の音の特徴と文字表記を照合しながら、

「カタカナで名前を書く」

「浜松市という漢字を覚える」

という、学習者の進度に合わせて2つのゴール設定をしました。

フィリピンの皆さんのお名前は、とても長い!

不慣れなカタカナで一気にすべてを書くのは大変(><)

書いたものを覚えて、五十音表を見ないで書くのはまた大変!

 

ということで「名前」「ミドルネーム」「ファミリーネーム」と記憶する時間を3つに分けて、書く練習に伴走し、励ましました。

名前、書けた!というところで「やったね」+1(ミドルネームに挑戦)

ミドルネーム、書けた!というところで「やったね」+1(ファミリーネームに挑戦)

ファミリーネーム書けた!というところで、「あら?今日もう名前書けるようになりましたね^^」

こんな感じです。

途中、次のように励ましたり声をかけたりしました。

★名前を書いて覚えるのに何分かかりましたか?→「4分」

★それって、まだミドルネームとファミリーネームがあるから、4分×3?!全部で何分あれば、フルネームを書けるようになりそうですか?→「12分」

 

「うそ~!たった12分でフルネーム全て書けるようになるの?!」と、みなさん真剣に練習して、本当に書けるようになりました!(^^)!

 

さらに「できた!」を実感してもらうため、申込用紙(教材)に実際に書き込みしてみました。

今日の目標を達成したので、あとは申込書を見ながらその場で「自由に」話題・学習を広げていき、

★申込書を書くのはどんなとき?(住民票、市役所、携帯契約、子どもの学校の書類、入管、会社などなど)

★申込書には名前のことを「氏名」と書いてあることもあるらしい

★「生年月日」の「生」の漢字は「生まれる」の意味もあるし、「フレッシュ」の意味もあるよ。生ビールとか!

★記入日の「~年~月~日」はフィリピンと順番が違うよね

★先生、「男」「女」の漢字を教えてください

★「きんきゅうれんらくさき」で、拗音と拍を確認。ほかに「びよういん・びょういん」「きゅうり」…

★「続柄って?」ついでに「夫」「子」という漢字も覚えちゃおう

 

こんなふうに会話をしていると、

「私、いつも ”けいさつ” と ”けつあつ” の音の聞き分けが難しい」という日本語お悩み相談が。

思いもよらない質問が飛び出し、みんなで言語について考える時間が生まれたりもします。

おかげさまをもちまして口コミで少しずつ、「日本語を勉強したい」「友達を連れてきてもいいですか」の輪が広がっています。

Maraming salamat po.

また、来週あいましょう^^

 

***

ちなみに、浜松市を漢字で書いてみる挑戦をした生徒さんにお渡しした教材は「コチラ