だれでもさんかできますよ(浜北クラス)

下記、バヤニハン浜北クラスの報告です。

今週は台風15号の影響で県内大雨となり、市内でも河川氾濫や浸水の被害に見舞われました。このような悪天候直後の教室での再会には、「こんにちは」+αで挨拶をしましょう。

・こんにちは、「昨日は大丈夫でしたか」

・こんにちは、「昨日は大変でしたね」

・こんにちは、「すごい雨でしたね」

 

こうした挨拶のウォーミングアップを終え、今日も文化庁の日本語学習動画サイト「つながるひろがるにほんごでのくらし(つなひろ)」を使いました。取り上げたのは、レベル2・シーン7-1「だれでもさんかできますよ」です。

こちらが、教案とポートフォリオです。

さっそく、この日のCan Doの共有から。

ファシリテーターが「日本人のご参加者のみなさん、タガログ語のCan Doを読んでみましょうか~」と呼びかけたのですが、一同「えええ~っ!???」とザワつきました(笑)

フィリピノ語特有の「~ng(ングッ、ンガッ)」の読み方が難しく、ぎこちなさに照れつつも、全員必死に読み切りました。

そんな日本人が奮闘する様子を見ていたフィリピン人学習者たちが、「先生たち、かわいい~。なんか、違う国の言葉を喋るってかわいく感じるんだね。フレッシュ!」と感想を述べていました。

そうですね~。もしかしたら皆さんが日本語を喋る姿って、日本人からは同じように見えているのかもしれませんね^^

こうしたミラー体験(合わせ鏡とも言うべき体験)から感じ取ることって、とても大切♡

それでは、本日のCan Do「行事について情報を得て、参加方法についてきくことができる」を達成できるよう、いってみましょ~。

 

①フリマ…

動画のオウさんの表情に注目しましょう。どんな顔をしていますか?

(皆さん、顔マネがお上手^^;)

一体、どうしてオウさんはこんな表情なのでしょう?!

「フリマのこと、わかんなかったんじゃない?」

そうみたいですね。初めての言葉、知らない言葉、良く聞こえないとき、聞き取れないとき…。こんな顔になりますよね。

皆さんはこんなとき、どうしますか?オウさんの言い方のほかにも、聞き返すアクションや言葉を考えてみましょうか。

 

②参加方法

次に参加方法について聞きましょう。どんな表現があるでしょうか?

★何時からですか╱何時から始まりますか

★場所はどこですか

★お金はかかりますか

…いいですね。では、それらをポートフォリオにメモしておいてくださいね。

 

③印象の良い、会話の終わり方

さてさて、会話はABAB…とキャッチボールが続きますが、「そろそろ終わり」というサインを出さないと、なかなか終われないですよねぇ。

動画ではオウさんが「晴れるといいですね」と言って、会話を終えています。みなさんだったら、どうしますか?相手に嫌な思いをさせない、会話の終わり方も一緒に考えてみましょう。

・楽しみですね

・また、会いましょう

・あっ(と言って、腕時計を見る)

…(笑)なるほど!

 

と、ここまでアッという間に前半が終わりました。

***

 

後半の冒頭は、「フリマ」以外のイベントをみんなで考えて出し合いましたよ。

これら、自分たちで出し合ったイベントと前半のCan Doを踏まえて、グループごとにスクリプトを作ってみましょう。

おっ、さっそく真剣。

かと思いきや、すごく楽しそう!!

みんな、良い表情です。

 

楽しくおしゃべりしながら、みんなが作り上げたスクリプトはこちら。

そして、書いたスクリプトで会話練習をしましょう。上手にできるでしょうか。

いずれのイベントも誘われたら、楽しそうです^^

「持ち物」「自分用の皿」「待ち合わせ」などなど…

「つなひろ」のスクリプトには無い、オリジナルの語彙も追加で覚えることができました。その他、クラスでは「共通言語としての日本語」に欠かせない「円滑なコミュニケーションのあり方」を、こんな風に実践して学び合っています。

クラスはコロナ禍で人数制限はありますが、国籍問わずご参加いただけます。皆様にご参加いただけると嬉しいです。引き続き、よろしくお願いします。

 

(クラススケジュール)次回は10月8日です。

文化庁委託・浜北BAYANIHANクラスも、はじまりました~(ワイワイ)

こんにちは。本日から、浜北バヤニハンクラス(BAYANIHAN)が始まりました!さっそくですがみなさん、「BAYANIHANは、Tagalog di ba?これ、日本語でどういう意味だと思う???」というところからスタート。

「たすける」からの「たすけ”あい”」というニュアンスは、この事業の要かなと思います。新しい言葉、ぜひ覚えましょう^^

そして、こちらの浜北会場は8月まで、浜松市再委託「週末浜北コース」を実施していたので、リピーターさんもいらっしゃいますし、リピーターさんがご新規さんを連れての参加♡という、広がりに発展しての本日。

そのため自己紹介は、「こんにちは」「はじめまして」「あらためまして」を使い分けました。生活者の方々向けの授業では、知っていることだらけだとご満足いただけませんし、知らないことだらけではモチベーションが下がってしまうこともしばしば。すでに知っている「こんにちは」「はじめまして」を使って、イキイキと自己紹介できる。新しい「あらためまして」という言葉を使ってみる。

こんなことを織り交ぜながら、教師一同、使用語彙の選出やカリキュラムを工夫しています。

最後に「よろしくおねがいします」で、しっかり締めましょう。ということで、書ける学習者が前に来て、板書してくれました。

次に、こちらは本日のポートフォリオ(フォーム)です。テーマと目標をみんなで共有し、勉強したことをこちらに書き込んでいきます。このポートフォリオは皆さんの学習の記録になっていきますよ。

次に、「つなひろ(文化庁・日本語学習動画サイト つながるひろがるにほんごでのくらし)」を見てみましょう。

先生やクラスの仲間といっしょに動画を見ながら次回以降、勉強したいテーマを選んで、学びたい理由を日本語で考えます。ポートフォリオに書き込んでくださいね。最後に発表してもらいますよ~。

↑↑↑

こんなふうに、いくつものグループに分かれて、個々に必要なテーマ・レベルにあった日本語で、言いたいことや発表前のまとめ方を考えます。

実は、教室開始前に先生方は「個々の皆さんが、30分以内で伝えたいことを考えてまとめて、”発表できた”ということを目指せるよう、サポートしましょう」という目標を共有しています。本事業は地域日本語教育実践プログラム (地域日本語の教育実践)として、「チームティーチング」についても試行錯誤中です。

・・・

さぁ、しばし授業はそれぞれのグループの先生方にお任せして、子どもたちの様子をチラリと見てきましょう。

このクラスでは学習者が親子で通えるよう、未就学児(託児)と学齢期(学習支援)のお子さんを受け入れています。

ただし、人数に限りがありまして、ご相談の上となりますm(__)m)

・・・

さて、大人のみなさん。30分経ちましたが、発表できそうですか?発表の順番はどうやって決めましょうか?!

そう呼びかけたところ、「最初はグー」「じゃんけん」というお声がチラホラ。お子さんを日本の幼稚園に通わせているお母様方は、子どもの遊びにお詳しいのですね。

「じゃあ、じゃんけんを知っている人は、やり方をみんなにも教えて」ということで、学習者同士でじゃんけんをリードして、発表する順番を決めました。(「勝った人が最後ね」ということになったようです)

授業冒頭の自己紹介を前に付けてから、

・私は「銀行を利用しよう」を勉強したいです。仕事の関係で使いたいです。私は運営スタッフをしているからです。

・私は「銀行を利用しよう」と「役所に行こう」について、勉強したいです。なぜなら、役所は書類の関係で私たちの生活に必要だからです。

・私は「〇〇はどこですか」を勉強したいです。なぜなら、買い物をするときに場所を聞きたいからです。

・ぼくは、「あいさつをしよう」を勉強したいです。学校で使いたいからです。日本語を上手にしゃべりたいからです。

・私は、3つあります。ひとつはレベル2・シーン1です。ふたつ目はレベル3・シーン3です。みっつ目はここにはないけれど、主人の家族やおしゅうとめさんとうまくコミュニケーションを取れるようになりたいです。そのために、日本のマナーと、自分をアピールする日本語を勉強したいです。

~パチパチパチ~

 

みなさんが勉強したい内容と、その理由をお聞きできました。次回以降、講師陣でこれらのテーマをカリキュラムに落とし込んで、担当を決めてきますね。お楽しみに^^

最後に今日の感想を聞いて終わりです。みなさん、いかがでしたか?

・この「バヤニハンクラス」の意味を聞いて、私たち外国人にとって大切なことだと思いました。このクラスで日本語を勉強して、もっと自信を持てるようにがんばりたいです。

・今日は楽しかったです。いっぱい勉強になりました。

・たのしかったです。

・初めてで緊張しましたが、楽しかったです。

・私はこのクラスで日本語を勉強して、とてもhappyです。自己紹介を日本語でできるようになって、自信が持てました。

 

ポートフォリオの「新しく覚えた言葉」の欄には、「しゅじん」「ていねいなことば」「あらためまして」「と、もうします」「たすけあい」が挙げられました。

みなさんが書いてくださったポートフォリオは11月ごろ、ある程度まとまったところで振り返りの時間を取りましょう。ピンク色のファイルに、しっかり保管しておいてくださいね。

本日も、おつかれさまでした。

 

バヤニハン浜北 秋スケジュール

本日の教案(20220910)

 

 

みんなで防災マップを作ったよ(バヤニハン日本語教室)

バヤニハン日本語教室(中区クラス)に、静岡文化芸術大学の日本語教育実習生が見学に来てくれました。またこの教室は、地域のボランティアさんや当法人のハロハロ教室卒業生も協力してくださっています。

こうした皆さんとともに、「防災マップ」作成をしましたのでご報告します。ご協力ありがとうございました。

土曜日の近況報告(写真いろいろ♡)

6月4日から、今年度の「バヤニハン日本語教室」も始まりました。

というわけで、改めてハロハロ教室やバヤニハン日本語教室(中区)、浜松市日本語教室(週末浜北コース)の写真を一気にまとめて下記、ご紹介します♪

今年度も毎週土曜日、フィリピノナガイサはフル稼働です!!

Maraming salamat po.

土曜日また会いましょう。

2022年度スタートしました!

こんにちは!

いよいよ5月14日から、2022年度の活動がスタートしました。

 

午前中は総会!正会員が自宅からオンラインで勢ぞろいしました。会計・事業報告、年間予定などを行い、身が引き締まります。

 

1時間後には対面で、それぞれが担当する教室会場へ移動し、初回オリエンテーションの実施!!(フル稼働の土曜日です)

 

参加者たちにクラス説明や活動へのご賛同を頂戴しました。今年度はオリエンテーションの段階から2会場、同時スタートです。

 

①今年で14年目に突入する南部協働センターでの教室活動(ハロハロ教室・バヤニハン中区教室)

「毎週土曜日午後、南部協働センターに行けば、フィリピン人の相談にのってもらえる場所があるね!」をモットーに曜日・時間を変えずに継続してきました。今年度もよろしくお願いします。

 

 

②今年度から拡充!浜名協働センターでの教室活動(浜松市日本語教室「浜北区コース」・バヤニハン浜北教室)

HICE作成の「ひらがな・カタカナれんしゅうちょう」を使って勉強します。浜松市から1人1冊支給され、このクラスへ通うのをみなさん楽しみにしてくださいました。

(一瞬、マスクを外して撮影)

 

(久しぶりに託児を復活したところ、お母様たちの参加率が高まりました)

なお、浜名協働センターでの教室については、すでに定員に達しているので、締切とさせていただいていますが、生活相談などには随時対応します。また、秋以降の教室にはご案内できますので、お気軽にお問合せ下さい。

filipinonagkaisa@yahoo.co.jp

 

皆様。今年度も、よろしくお願い致しますm(__)m

 

NPO法人フィリピノナガイサスタッフ一同

 

文化庁「『つなひろ』活用セミナー」動画公開

2月14日に行われました、「文化庁 日本語学習動画サイト『つながるひろがるにほんごでのくらし』の活用セミナー」について、発表部分が公開されました。

当法人の「バヤニハン日本語教室」ではチームティーチングで、学習者・地域住民・教師・支援者たちの…。参加者同士の学び合いとして、本教材を活用しています。

当法人の発表部分は「こちら

セミナーの詳細は「こちら

当法人は今年度も、文化庁が推進する地域における日本語教育に対する支援事業のうち、「生活者としての外国人」のための日本語教育事業 地域日本語教育実践プログラムを受託することになりました。

本プログラムは、今年度より従来からのプログラムA・Bを終了し、令和3年度から実施を開始した地域日本語教育における「特定のニーズ」に特化した日本語教育を実証する内容(旧プログラムC)に一本化し実施するものです。

本プログラムにより、実施される内容が普及することで、日本語教育に対して特定のニーズを持つ外国人等の課題解決につながることが期待されています。

詳細は文化庁のHPに掲載されています。今年度もどうぞよろしくお願い致します。

***

令和4年度「生活者としての外国人」のための日本語教育事業
地域日本語教育実践プログラムの採択について「こちら

令和4年度事業委託先一覧「こちら

【文化庁HP掲載】利用者に聞いてみた!ここが使える「つながるひろがる にほんごでのくらし」

春ですね。桜がチラホラ咲き始めています。さて、本日は令和3年度文化庁日本語教育大会(Web大会)ページが公開されましたので、お知らせいたします。

 こちら

 

この中の、「つながるひろがるにほんごでのくらし」利用者の方々へのインタビュー に、当法人が動画で回答致しました。(3分27秒あたりから)

学習者、スタッフ一丸となって出演しましたので、ぜひご覧ください。とくに学習者・フィリピン人スタッフによる「つなひろ」の活用法や意見は必見です^^

(なお、インタビュー回答は2021年11月時点のものになります)。

 

 

***

その他、 今年度は「参照枠」についてのシンポジウム動画をメインコンテンツとして、日本語教育施策や「日本語教育の参照枠」の説明動画のほか、地域日本語教育の総合的な体制づくり事業において総括コーディネーターを務めていらっしゃる方々や、日本語教育人材の研修プログラム事業の委託団体の皆様の御協力を得て、全国でどのような取組が進められているのかを具体的に知ることができる動画もアップされています♪

「つなひろ」活用セミナー関連資料

本日は、「つなひろ」活用セミナーで発表の機会をいただき、どうもありがとうございました。下記、関連資料を掲載します。ご覧ください。

 

★図書館でのワーク活動「こちら

★協働センターでの「防災」に関するワーク活動「こちら

★ポートフォリオ例 「こちら

★ポートフォリオ(参考)

文化庁「生活者年の外国人」に対する日本語教育における日本語能力評価について

★教案の型(参考)

 

後日、文化庁から本セミナーの動画が公開されるそうです。公開されましたら本HPから、視聴サイトへ飛ぶようにご紹介します。

本日は誠に、ありがとうございました。

【参加者募集中】2月13日 言語を覚える難しさを体験しよう(オンライン)

2月13日(日)午後1時~3時、「言語を覚える難しさを体験しよう」を実施しますので、下記の通りご案内します。本取組は、文化庁委託「生活者としての外国人」のための日本語教育事業の一環として行われます。

「言語を覚える難しさ」を体験するために、今回2つのコースをご用意しました。Aコース・Bコースともに、「こちらのフォーム」または、チラシQRコードからお申し込みください。

 

なお、Aコースへお申込みの方は、下記あわせてご覧ください。ご不明な点は、当法人にお問合せください(filipinonagkaisa@yahoo.co.jp)

Bコースへお申込みの方は、2月10日までに参加URLをお送りします。当日はスピーチコンテスタントの応援(ご聴講)と、フィリピノ語講座へのご参加(受講)をお楽しみください。

みんなで「はままつグローバルフェア」に参加し、多文化共生イベントを楽しみましょう♪