【参加者募集中】フィリピノナガイサの人気講座に成長しました╱「生活者としての外国人」のライフステージに寄り添う地域日本語教育を考える

お待たせいたしました。公開講座のお知らせです。

今年も文化庁より委託を受けて、「『生活者としての外国人』のライフステージに寄り添う地域日本語教育を考える」を実施します。(共催:浜松市、後援:(公財)浜松国際交流協会(HICE))

この講座は今から2年前、思い切ってオンライン実施に切り替えたところ、全国の方々にご参加いただけるまでに成長しました。おととし・昨年、受講された方々が今、全国各地でそれぞれにこれまでのご活動をブラッシュアップされたり、新しい団体を立ち上げたりしてご活躍なさっています。

このような方々と、活動するうえで情報交換できるネットワークが築けたことも、私たち団体にとって大切なつながりになっています。皆様、本当にありがとうございます。

ところで令和元年6月28日に公布・施行された「日本語教育の推進に関する法律(令和元年法律第48号)」の基本理念の一つに、

「国内における日本語教育が地域の活力の向上に寄与するものであるとの認識の下行われること」というのがあります。

今年度はこの「地域の活力」について理解を深めるべく、カリキュラムを考えました。リピーターでのご受講も、ご新規でのご受講も大歓迎です。お申込み、お待ちしております。

参加お申込みフォーム 「こちら

 

最後になりましたが、本講座へのご参加に際して、注意点は次の通りですm(__)m

 

・「第1期(11月5日) 公開部分のみのご参加」or「第1期&2期(11月5日~1月21日) シリーズ通してのご参加」のどちらかをお選びください。

・「第1期&2期」の両方をご希望の場合、基本的には全出席できる方とさせていただきます。

・基本的に「顔出し」での参加をお願いします。

・もう一度。お申込みはフォームからよろしくお願いします。「こちら

 

***

 

写真は昨年度、ご受講くださいました皆さんです^^