【申込フォーム】「生活者としての外国人」のライフステージに寄り添う地域日本語教育を考える

***先着100名、お申込み受付中!***

 

文化庁委託「生活者としての外国人」のライフステージに寄り添う地域日本語教育を考える

9月20日(月)午後1:30~5:30
オンライン会議システムzoom
参加費無料

地域日本語教室は、社会情勢が切り離せません。それに伴い、関わる人材の変化も求められます。

私たちフィリピノナガイサが文化庁より「生活者としての外国人」のための日本語教育事業を受託してから11年が経ちました。 開始直後の学習ニーズは「生活上での困りごと」でしたが、滞在年数が長くなり、今では「就労」「ライフキャリア(人生そのもの)」に変化してきています。 こうした方々に寄り添う、地域日本語教育人材のあり方について考えてみたいと思います。

そして、海外の移民施策の事例も参考にしましょう。

お申込みは、(こちら)

 

 

★PDFチラシ(9月20日)

 

主催:NPO法人フィリピノナガイサ

共催:浜松市

後援:(公財)浜松国際交流協会(HICE)