【報告】防災講座(写真たくさん載せました)

土曜日、

文化庁「生活者としての外国人」のための

日本語教育事業の一環で、

防災講座を実施しました。

 

この講座では、静岡県くらし・環境部

県民生活局 多文化共生課と

静岡県西部危機管理局の協力のもと、

起震車乗車体験ができました。

 

講座には既に通訳を仕事としている人、

日本語ができるので友人からよく通訳を頼まれる

という人たちが中心に集まりました。

 

また近年の傾向として、

講座には日本の大学、高校へ進学する若者が

参加してくれています。

 

活動が世代を超えて受け継がれてきていることを

実感し、ありがたく思います。

 

下記、この日の写真をご覧ください。

 

★「起震車乗車体験」

震度7…「地震の大きさ7」

 

揺れが始まる前から

怖くて手すりに捕まってしまいましたが、

 

県職員から、

「地震は突然来ます。ふだんは手すり、ありません」

「いつも身を守ることを考えてください」

とアドバイスをいただきました。

 

IMG_7927 

揺れが収まった後、

腰が抜けてしまうほどでした。

IMG_7929

 

寝ている時に揺れたら?

これを体験した方は、

「全く起き上がることができない」と

言っていました。

IMG_7931

寝ているときに揺れが起きたとき、

「起き上がれないと逃げられないのでは?」

ということを心配する声が聞かれました。

 

この対策として、倒れてきそうな家具の固定の

大切さを実感しました。

 

 

★「ARシミュレーション(津波体験)」

 

中を覗くと今見える視界が海の中に

あるように見えます。

とても怖いです。

 

家やゴミ、木材などが

流れてきました。

 

上と下で見える景色はどのように

違うでしょうか。

IMG_7623

IMG_7618

 

子連れの参加者は子ども目線でも

シミュレーターの中を覗いてみました。

 

今いる視界はすべて海の中に

すっぽり埋まってしまいました。

 

こんな状況に接したとき、

誰もが身を守るためには

どうしたらいいのでしょうか?

 

さて後半は座学のため、講座室へ移動です。

IMG_7632

 

 

★自分の命は自分で守る(座学)

タガログ語資料を交えて

IMG_7633 IMG_7634 IMG_7636

IMG_7638

IMG_7641

IMG_7642 IMG_7643 IMG_7644 IMG_7645IMG_7646 IMG_7647IMG_7650 IMG_7651 IMG_7652 IMG_7653

IMG_7654

 

非情持ち出し袋については、

 

「一般的に必要と言われている持物」

「自分にとって必要な持ち物」

 

について、ワークショップで考えてみました。

IMG_7675

IMG_7665 IMG_7670

 

非情持ち出し袋の実例を背負ってみたり、

中身を見せていただきました。

 IMG_7689IMG_7686

IMG_7684

IMG_7693

 

最後に非常食の試食をしてみました。

皆さんにとっては、ちょっと薄味だったようですね。

IMG_7701

 IMG_7713

IMG_7714

IMG_7712

 

フィリピノナガイサは「生活者としての外国人」が

日本での生活に困らないような活動をしています。

 

年々、様々な在留資格の方が暮らすように

なっていますが、

 

長く日本に暮らしてきた身分資格の方々は、

新たに来日する方々のお役に立てることが

あるかもしれません。

 

ぜひ、この日に学んだこと、

感じたことを多くの方々に発信していただければ

幸いです。

 

ありがとうございました。