【報告】「若者ロールモデル発表会」静岡県事業

こんにちは。

今日は静岡県経済産業部労働雇用政策課と協働で、

「定住外国人ロールモデルの発表会」と

「ワークショップ」を実施しました。

IMG_7271

 

ロールルモデルにはかつて当法人の

ハロハロクラスの生徒だった2人が

登壇してくれました。

 

◎ウルダネタ トリスタン ジョシュアさん

IMG_7272IMG_7273

中学校時代、

部活動(バスケットボール)が苦手だった。

でも高校に進学してもバスケ部に入った。

部活を続けた理由は集団行動の中から、

学ぶものがあると思ったから。

これが社会に出てから、ものすごく役立った。

IMG_7283

 

それから、

学生時代に資格を取得しておいたほうがいい。

とくにおすすめなのは

日本語能力検定試験(できれば高校生のうちにN1)

英検

IMG_7290

学生時代は

成績に結果を出すことを意識したほうがいい。

 

社会に出ると自分の時間が少なくなるが、

学生時代にもっと

勉強しておけばよかったと思う。

 

部活動に時間が取られるので、

自宅学習を大事にすると良い。

 

将来の夢を叶えるのに必要なことは、

プロセスだと思う。

 

やりたい仕事や将来像があれば、

漠然と「なりたい」を思うのでなく、

その大きなゴールを分解して、

段階と順序を考えて計画を立てるとよいと思う。

IMG_7299

 

◎アバスマリさん

IMG_7301

 

大学進学したいと思った理由は、

世界の文化や言葉、

ビジネスを学びたいと思ったから。

 

大学で勉強して、

将来は色々な国を自分の目で見てみたい。

 

学生時代は英検やTOEIC、JLPTなどの資格取得を

積極的にしておいてよかった。

IMG_7308

 

今日の発表会は

タガログ語、英語、ビサヤ語、日本語、

 

参加者の質問に合わせて、

お2人が様々な言語で回答する

という形式で行われました。

 

とても活発な発表会になりました。

 

また、二人の発表の共通点として、

「勉強も大事だけど、身につけた知識は

人間関係を大切にすることで花開く」

「日本語を勉強することは大事」

というメッセージでした。

 

自分たちが学校で、社会の中で、

家族以外にも

目をかけて助けてくれる人に出会った。

 

これが、自分たちの支えであり力になっている

ということでした。

IMG_7311IMG_7312

 

子供達や保護者からは、

★漢字をどうやって克服したか

★スマホやタブレットのゲームに

負けてしまうときがあると思うが、

どうしたらよいか。

など。

 

質問がありました。

 

これらも丁寧に答えてくれて、

お2人の人柄がよく伝わってくる、

温かい発表会となりました。

 

多くの生徒たちに彼らの話を届けることができ、

ほっとしています。

 

参加してくれた子供達も集中が途切れることなく

真剣に耳を傾けている姿が、大変印象的でした。

 

ありがとうございました。

IMG_7319