【報告】①やさしい日本語のインパクト

こんにちは。

 

このたび、当法人と

ヒューマンアカデミー浜松校様の共催で、

「やさしい日本語ワークショップ」を

実施いたしました。

IMG_3007

これに際して、

やさしい日本語ツーリズム研究会に

ご尽力いただきましたこと、

心よりお礼申し上げます。

https://yasashii-nihongo-tourism.jp/

 

さて、報告です。

 

①前半は株式会社電通の吉開章様による

「やさしい日本語」のインパクト

 

②後半は名古屋にある「CHEERS」の

横山晶子(しょうこ)先生が、

 

やさしい日本語のワークショップを

進行してくださいました。

 

この投稿は、

①「やさしい日本語のインパクト」について。

 

本年度、

当法人が「やさしい日本語」講座を企画した

思いとともにお伝えします。

 

本講座のご参加者は、

〇一般市民の方々

〇公的機関の方々

〇日本語教師養成講座受講生

〇外国人定住者など

多岐にわたる分野から

ご参加いただきました。

 IMG_3034 

講座はそうした方々に対して、

まずは「共通の導入」という切り口で、

文字通り「インパクト」を

与えられたのではないかと思います。

 

と言いますのも、この「やさしい日本語」は

阪神淡路大震災後、

 

被災地で外国人が情報を得るための

多言語化が準備できておらず、

 

外国人は正確な情報が得られず辛い思いをされ、

日本人も対応に追われて大変…

だったことから生まれたものなのです。

 

そのため、災害時に使う用語や

意思疎通表現については研究が進み、

事例集なども様々に発信されていますが、

 

国籍問わず、日本に暮らすすべての人が

そうした経緯や取組に

関心を持っているわけではありませんし、

 

行き届いているわけでもないのです。

 

外国人がせっせと

日本語教室で災害時の日本語を学んでも、

 

日本人の側が「やさしい日本語」が使えない

となったら、

 

やはり有事には何も機能しないままなのです。

 

そして残念ながら、

日本人だから日本語が話せるということと、

 

誰にでもわかりやすく話す、

伝えられるということは、別です。

IMG_3067 

そのため、

「やさしい日本語」のちょっとしたコツをつかみ、

概要を理解できたらどんどん使って、

 

ご自身のものとして「体得していくコト」

をオススメいたします。

IMG_3072

さて、実際どのように使うのか?

ということですが、

 

現在、私達の周りを見渡すと

多くの方が来日され、滞在されています。

 

観光の方もいらっしゃいますし、

生活されている方もいらっしゃいます。

 

「お見掛けしたら、日本語で話しかけてみる」

→お相手の反応を見て、「話す日本語を調整する」

(ミスコミュニケーションにめげない精神が必要)

→「繰り返して体得する」

 IMG_3086

→こうすることで交流も深まります。

 

観光の方なら「日本語で現地の人と話してきた」

という思い出を持ち帰っていただけますし、

 

定住の方でしたら、「日本人の友達ができた」

ということに繋がるかもしれません。

 

反対もありますね。

「日本に居ながらにして、外国人の友達ができた!」

職場でしたら、「同僚の気持ちが理解できた」など。

 

ですので、

「やさしい日本語」を話すことを目的と捉えずに、

「やさしい日本語」を一つのツールとして、

 

ぜひ、みなさんの現場にも

この日の話をお持ち帰りいただければと思います。

 

寛容に♡

IMG_31021

 

そこから先、

それぞれの現場に合った対応を

していただければと思います。

 

・・・

 

私達の場合ですと、生活相談や情報提供は、

やはり多言語化してほしい!!

 

ということも実感としてとても大きいです。

ただ、このことに行きついたのも、

 

他ならぬ「やさしい日本語」を介して日々、

フィリピン生活者とスタッフ、

日本のスタッフと関係機関が連携し、

理解を深めてきたからでもあります。

 

交流を通して、社会にとって、自分にとって、

必要なことに気づくことがありますので、

 

改めてそのツールの一つとして、

「やさしい日本語」が普及されることを願います。

 

最後に、私達にとっても今回、

何が「インパクト」だったかというと、

 

「やさしい日本語」の魅せ方を

民間にも協力を得て、

アプローチしたという点です。

 

あと、テレビ取材がありました。

(2019年1月8日「静岡あさひテレビ”とびっきり静岡”)

IMG_3016

 

今後もいろいろなアプローチで、

法人としての目的に向けて取組を続けて参ります。

 

さぁ、楽しい②ワークショップの様子は

コチラに続きますよ。

 http://filipinonagkaisa.org/news/3597/