日本各地に広がりますように「やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション」

 こんにちは。

8月29日(土)元小平市職員、萩元直樹さんに、

当法人が主催する公開講座(人材育成)

にご登壇いただきました。

 

この講座は、フィリピノナガイサが

文化庁より委託を受け

浜松市共催、

浜北商工会・(公財)浜松国際交流協会

ご後援で実施したものです。

 

全国から

自治体職員、日本語教師、学校教諭、企業など。

80名近くの方々にご参加いただきました。

PDF_page-0001

さて、この講座の目的は、

 PDF_page-0003

 D-ダイバーシティ

I-インクルージョン

 

まずは、

多言語音声翻訳を気軽に使ってみましょう。

そうすると、見えてくる世界が広がります^^

 

イントロダクションとして、

浜松市の多言語対応の必要性と様子を

萩元さんのほうで事前に調べて、

資料に盛り込んでいただいたことも感謝です。

浜松市の多言語対応

100人に1人は浜松市の外国人

日本に暮らす約300万人の外国人を考えたとき、

約100人に1人は浜松市在住

という見方ができるんですね。

 

内訳を見ると、

89の国と地域から浜松市に集まって、

暮らしているということなのですが、

 

一般的に多言語対応の種類は?というと、

このような感じ。

多言語対応の種類

対応方法、ツールはいろいろありますが、

浜松市もこれに則って、

情報発信がされているのではないか?

ということでした。

 

浜松市のカナル浜松を例に

取り上げてくださいました。

PDF_page-0004

 

さて、

防災・減災として研究が進んだ「やさしい日本語」は、

今は行政の情報発信にも使われますし、

(参考:在留支援のためのやさしい日本語ガイドライン

民間でも広がりを見せています。

 やさしい日本語の役割

 情報収集としてのやさしい日本語

観光としてのやさしい日本語

実は今回、

当法人から萩元さんへのお願いの趣旨として、

 

災害時に困らないためには

「日ごろの交流、関係性づくりが大事」

だと思うけど、

 

その「日ごろ」の部分の広がりを

どうすればいいか?

 

ご相談しておりました。

 PDF_page-0008

このあたりのお話は、

 「地方創生、その手があったか!」を

キャッチフレーズに

「やさしい日本語」の普及を進めてきた

やさしい日本語ツーリズム研究会主宰の

吉開章さんにもお話をいただきました。

PDF_page-0006

PDF_page-0007

防災視点から始まり、情報提供、観光と

発展してきた「やさしい日本語」は、

 

withコロナ時代における今だからこそ、

「多文化共生的な視点で活用を見直せる」

とコメントを寄せていただきました。

 

さて、見直されるとよい

ということはわかっているものの、

いざ使ってみると、

やさしい日本語は難しい

という声も多く聞かれます(><)

 

通じたかどうかを確かめることができないと

こういう事態に陥りますね…

 

そこで、本日の講座の主役、

「多言語音声翻訳」の出番です!

 多言語音声翻訳

萩元さんが、小平市から

東京都オリンピックパラリンピック準備局へ

出向した際の気づきがすこいんです!

 

リオデジャネイロで、

実際に多言語音声翻訳を使って、

交流をしてきたそうですが、

 

「あれ?!やさしい日本語を使って入力すると、

もしかして通じるのかも!」という気づきが、

確信に変わったときの感動もお聞きしました。

 

 それがこの、現地での素敵なお写真の数々に

つながったのですね~

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0063 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0061 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0062

ちなみにこの時 使用したのは、

ボイストラ」だそうですよ。

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0068

こんなふうに、相手にも見やすいよう、

文字サイズも大きくして使うのがコツだそうです!

言葉以外でも相手を思った配慮、思いやり♡

大事なポイントです。

 

さぁ、

この気づきはさらに面白い展開へと進みます。

 

今度は小平市に戻った萩元さんが、

実際に多言語音声翻訳を使って

どんな活動をなさったのか、

お話してくださいました。

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0074

 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0077

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0081

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0082

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0086

 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0091 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0092

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0093 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0095

活動はそのままにせず、

毎回「振り返り」を共有することで、

各自が学びを「自分ごと」として

定着に変えている点にも注目です!

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0099

 

多言語音声翻訳を使えば、

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0169

おお、夢じゃない!

 

ところで、萩元さんが「オリパラ」開催を

とても大切にされていらっしゃるのには、

理由があるのです。

 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0178 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0179

 

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-021220200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0213

 

 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0211

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0214PDF_page-0019

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-021620200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0217

 

ここまで来て、

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

萩元さんのお話は「社会教育」の観点で、

ものすごく

意義のあるお話をしていただいております。

 

というわけで、最後は最強の掛け算のお話!!

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0218

地域で交流が盛んになるアイディアを、

こ~~~~んなにいっぱい、

ご提案くださいました。

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0232

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0233

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0234

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0235

 

さぁ、みなさんだったら、

どんなアイデアが浮かぶでしょうか。

 

地域のコーディネート力が求められます。

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0239

 

最後に面白いお話。

浜松といえば、

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0242

そして、講師の萩元さんのお膝元である小平市の

彫刻家・平櫛田中さんのお言葉、

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0244

うん、なんか似ている!!

そんなメッセージを浜松でもしっかり受け取って。

今回は小平市と浜松市から全国に、

 

やさしい日本語×多言語音声翻訳で

グローバルコミュニケーション

の醍醐味を発信できたものと思います。

 

 全国の皆さんのところで、

実際の「交流活動」に結びつきますように。

私どもも、形にしなければ。

PDF_page-0021PDF_page-0022

PDF_page-0023

この日の資料はこちらです。

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)

 

後日、この日の動画をアップします。

今しばらくお待ちください。 

(成田潤也先生)「新時代の言語教育」小学校の外国語教育と機械翻訳技術の融合【機械翻訳はメガネ】

本日は、公開講座を実施しました。

 

講師は、

神奈川県教育委員会指導主事の成田潤也先生です。

【8月22日】ちらし市教委「あり」JPEG

おかげさまをもちまして、

全国(海外)からも多くの教員、日本語教師の

方々にご聴講いただきました。

 

こうした皆さまにご参加いただきましたことで、

 

学校現場における外国語教育と、

外国にルーツを持つ子供たちへの日本語教育が

講座タイトルの通り「融合」 ということを

考える場になったのではないかと思っています。

 

さて、本日のお写真を紹介します。

mmhmmというアプリ機能を使った、

成田先生のライブ感ある画像とともに

ご覧ください。

 

本講座は成田先生の「実践」による裏付けが、

ぎっしり詰まったご研究を中心にお聞きしました。

30

 

機械翻訳が当たり前の時代に、

学校では「英語」を中心とした

外国語教育が行われている。

 

でも、子供たちがもしこんな質問をしてきたら?

59

 

みなさんは大人として、

どのように答えるでしょうか。

 

責任をもって、

真摯に子供たちに答えてあげることができますか。

(;・∀・)

国の未来と小学校の未来

う~ん…

国が示した将来像と学校現場が目指す方向性って、

一見、違うように見えるけど?!

 

そんな中で先生が持っていらした研究課題、 

「機械翻訳は児童の外国語学習の意欲を減じるかどうか」

研究課題

 

先生は、「そうでもない」と仮説を立てて、

研究に向き合ったそうですが、

その研究を裏付けるためのプロセスが大変面白く、

結果も興味深いものでした。

 

実践1、成果物ラップブックまでの一連の流れ 修学旅行にポケトーク持参

とにかくポケトークに慣れ親しむという活動では、

ポケトークの機能を通じて、

英語のほかにも言語があることを知った

という子もいたそうです。

 

子供たちに刺激を与え、

内から沸き起こる学習意欲を引き出す

成田先生の授業のアイディア、工夫に

脱帽です。

 

こうして生徒たちが活動を通じて

書きまとめた感想からは、

体感が学びにつながったことがよくわかります。

ラップブック 生徒気づき

 

子供たちがポケトークを使って感じたことを

ラップブックにまとめる。

 

ラップブックは子供たちにとって、

体験を通して作成した

オリジナルの機械翻訳マニュアルになる♪

 

という成果物を、

子供たちに残すことができたそうです。

 

そして…

 

「機械翻訳とやさしい日本語の親和性」

という中で、

最近よく言われるようになった入力のコツと、

 

子供たちの作成したラップブックに

書き留められた感想や気づきの数々が、

 

見事に一致していたというのは驚きです!

やさしい日本語と機械翻訳の親和性

 

子供たちは機械翻訳を使い

コミュニケーションとして成立した時のこと、

しなかった時のことを分析し、

 

機械翻訳というものを

どのように使ったらいいかということを、

体得していたのですね。

機械翻訳を使うときの気づき

 

もっと興味深いのは、

こうして機械翻訳を使えるようになったあと、

「外国語教育はあったほうがいいか?なくてもいいか?」を

 

成田先生はあえて、生徒に聞いたそうです。

外国語必要ある?

 

多くの子は

「外国語学習は必要である」と答えたそうですが、

 その子供たちの理由が実に面白い^^

 

ポケトークは言い方の手本ではあるけれど、

コミュニケ―ションの手本ではないと思います。

コミュニケーションを学ぶことができる

外国語は必要だと思います。

 

なるほど~

 

というわけで、

ここまでは日本人の子供たちの気づきの話。

 

一方で、外国にルーツを持つ子供たちはというと、

すでにこんな取組をされている学校があるそうですよ。

 

①「UDトーク」を使って、

在籍クラスで

日本の子供といっしょに授業を受けられる例

UD 

この例は、日本語教師の先生方が

「お~」ってなりました。

(チャットへの書き込みが大変活発でした)

 

②テスト問題に「Google翻訳」を使っている例

グーグル翻訳テスト

これも、学校教育現場においては

画期的ですね。

 

ちなみにこの児童は

翻訳機を使って問題を理解していますが、

書くときは日本語で回答しています。

(選択式問題)。

 

③休憩中に「スマイリンガル」を使って交流

住まいリンガル

日本の子供は自分の話す日本語が

きちんと翻訳されるような日本語で話すことに努め、

 

外国にルーツを持つ子供のほうは、

自分の知っている単語(日本語)で、

一生懸命答えています。

 

・・・

 

あっという間に時間がたってしまい、

実に大切なメッセージが

散りばめられていた講座でした。

 

ここで、本講座のキー部分です。

小学校教育のこれから

 

先生が最後におっしゃったのは、

「困っている人に適切なメガネを渡してあげられる人になること」です。

 

機械翻訳も「メガネ」のようなもので、

視力が弱い人に「がんばって見なさい」

という態度をとるのか、

 

よく見えるメガネを取って、渡してあげるのか。

 

このとき、参加者のzoomの反応は

「いいね」「拍手」「クラッカー!」の嵐。

 

そして直接画面越しで拍手していた方、

チャットに「賛同」と書き込みしてくださった方も。

 

あっという間に共感してくださった方で、

いっぱいになりました。

写真_page-0012写真_page-0013写真_page-0014

講座後は時間の許す限り、

残ってくださった方々とも意見交換をしました。

 

日本人でも外国にルーツを持つ子供であっても、

同じ日本で大きくなっていく

子供たちを支えるためのネットワークづくり、

 

そこから教育体制に必要な追加事項を、

声として上げていく必要がある、

 

そのようなご意見も頂戴しました。

境先生 nagatasensei

kitanosensei tanakasan

ta

 

++++++++++++++++++++

なお、講座の中では急なことでしたが、

ご著書がある次のお二方にも、

ご見解を頂戴しました。

 

光栄です。

どうもありがとうございました。

 

★平高史也先生

平高先生

「多言語主義社会に向けて」くろしお出版より

https://www.9640.jp/nihongo/ja/detail/?740

 

★吉開章さん

吉開さん

入門・やさしい日本語 アスク出版

https://www.ask-books.com/978-4-86639-352-0/

 

・・・・・

 ※本日の様子は、後日動画配信します。

 

 

―そのほか、本日の関連情報-

やさ日ライブ

神奈川県・外国につながりのある児童・生徒への指導・支援(改訂版)

(報告)浜北クラス終了しました。

8月8日(土)、

浜北クラスが終了しました。

 

クラスで重点的に勉強してきたこと

★ひらがな・カタカナの「読み」

★災害への備え、共助の声掛け「日本語」

 

「読み」だけをこんなにも徹底して

コースの軸にして

向き合ったことは初めてでしたが、

 

おかげで、

いろいろ気づきが得られました。

ぜひ、次回に活かしたいです。

 

みなさん、おつかれさまでした。

IMG_2059IMG_2061

IMG_2063IMG_2062

IMG_2060

子供支援から「学びなおし」まで、日本語教育機会の拡充で自立支援のあり方を考える機会になりました(公開講座)

本日、オンラインにて公開講座

 

外国にルーツのある子どもたちの教育環境

(浜松市の場合)

 

を実施しました。

 

お申込み段階で、

 

うちの地域も

フィリピン人が増えてきているんです…

 

というお問い合わせを、

全国よりいただいておりました。

 

そうした方々にこの講座をお届けする機会になり、

よかったです。

 

実際、ご参加者の皆さまから、

講座中はチャット機能を使って、

活発にコメントを寄せていただきました。

 

また内容に関連して、

「ここに、こんな情報がありますよ」と

関連リンクを貼ってくれる方もいらしたりして、

 

参加者の皆さまとも情報共有しながら

進めることができました。

 ありがとうございました。

 

さて、この講座の目的は、

1-1

です。

 

そのために、

2-2

を、当法人の代表理事、

松本義一よりお話させていただきました。

 

浜松市教育委員会が出している

児童生徒の状況(人数)を見たり、

 当法人の活動から見えることや事例を

お話しました。

4-4

2009年から私たちの活動は

「ハロハロ教室」を皮切りに

「出口」を見つけながら活動してきました。

 

フィリピノナガイサはフィリピン人たちのための、

日本社会の入口として、

いつも窓を開け、受け入れていたからです。

 

近年、「就労」という出口設定になりましたが、

ここに至るまで、

ハシゴを掛けながらの活動です。

 

おかげで事業数は相当増えましたが、

どれも必要があり、取り組んだものになります。

 

ところで、このハシゴの途中で、

色々なバックグラウンドの生徒を

受け入れるわけですが、

 

その来日時期は

年少者から学齢期超まで多岐にわたります。

 

というわけで、

家族形態・来日年齢や時期が与える影響も整理する

必要があります。

5- 

日本語力や学力はもちろんどの教育・支援現場でも

重点に置いていると思いますが、

実は「子供と保護者との関係」が

進路に大きな影響を与えている…

という点を見過ごすわけにはまいりません。

 

よく支援の現場で、

「親が子供の教育に無関心」という声と

課題を聞きますが、

 

フィリピンの子供たちの背景というのは、

単一ではないので、この点がまず配慮するところです。

8-8

 

とくに高校受験については、

用意しなければならない書類がいくつもあります。

 

また、入学後もまだまだ

親の関わりが必須になります。

 

けれども家族形態によっては、

両親ともにフィリピン人ということもありますし、

実父ではない場合、協力が乏しい場合もあります。

 

そのため、保護者の状況把握は必須なのです。

6-6

7-7

実際、私たちが保護者にアクセスするときには、

バイリンガルスタッフの力が大きいです。

この点はフィリピノナガイサの強みになります。

 

 ところで、子供が進学したというお宅は

保護者がどんな心構えだったか?

本人がどんな心情で、どれだけ努力をしたか?

など、気になりますよね。

 

実際のケースもお話しました。

111

 

あわせて、

定時制高校に進学した子供たちの実際の声も、

一例をご紹介しました。

 

 「日本語力不足の痛感、自覚」

と言った声が目立ちます。

 

・高校で日本語を勉強したい

・高校卒業後、さらに進学したかったけど、

 日本語が難しいからあきらめた

・高校進学したら「いいこと」があると

 思っていたけど、

 中卒の子とあまり変わらない仕事をしている。

 高校卒業って何だったの?

 

これから高校生になる子どもたちについては、

まだ改善の余地がありますが、

 

すでに社会へ出ていったこのような子供たちに

私たちが用意できるメニューというのは

どんなことだろうか…

 

当法人では

「学びなおし」の機会に目を向けています。

 

学齢期を超えて所属先がなく

(学校も仕事もない)、

社会に埋没しないように。

 

そこで昨年から就労支援としての

「職業訓練」をスタートさせました。

 1010

 

ここでお伝えしたかったこととして、

私たちの団体はあくまでも、

正社員がいい、正社員じゃないと悪い

ということではなくて、

 

仕事の選択肢、または情報がそもそも少ない中で、

渋々日々過ごしている…

ということが問題であって、

 

広げられた選択肢の中で、

「自分で進路を選べる」「選ぶ力をつける」

 

これを大事にしているということでした。

 

講座のゴールは悩みましたが、

フィリピノナガイサならではのメッセージで、

締めくくれたと思います。

 

本日のまとめです

・子供の年齢や来日後の状況により、

 支援の層は多岐にわたる

・来日前の状況と来日後の事情の把握をすること

・所属先がない(学校も仕事もない)という年齢に

 差し掛かっており、

 社会の中に埋没しているケースもある。

・社会の中にも所属先がない(仕事がない)

 場合でも、「職業訓練」のような形で

 「学びなおし」できる時代

・日本語教育をする分野を

 「学びなおし」にも広げることで、

 社会からこぼれ落ちるのを防ぐことが大事

 

最後の「学びなおしでの関わり」は、

これからの支援における新規追加として、

動き出しています。

今こそ!「やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション」(8月29日おしらせ)

こんにちは^^

 

さて突然ですが、日本の人口についてです。

2060年、一説によれば、

「10人に一人は外国人になる」とも

言われています。

 

そのような時代を生きていく私たちには、

グローバルコミュニケーション

(言葉の壁をなくす)が必要そうです。

 

そこで、

ちょっとおもしろい公開講座を企画しました。

8月29日講座チラシ(簡単「すぐ」使えるver.

 

みなさんは、「多言語音声翻訳」って、

使ったことありますか?

 

ポケトークとか、ボイストラとか…です。

 

あのような端末を使うと、

あんなことや、こ~んなことができちゃいます。

たとえば、

 

♪国際交流はもちろんのこと

♪外国人にもサービスを提供し、利用者を増やす

(観光・小売り・飲食・公共交通機関など)

♪窓口(役所・医療など)

♪情報提供・広報(役所・観光・小売りなど)

♪外国人雇用・採用(企業)

♪市民活動…日本語教室、「日本語教室以外」も

 

つまり広がりは

「む*げ*ん(無限)」なんです^^

 

講師はソーシャルエデュケーターの

萩元直樹さんです。

 

萩元さんは元、小平市の職員です。

そして、出向したオリパラ準備局(東京都)では、

多言語対応をご担当。

 

東京でオリパラをレガシーとして残すには、

多言語音声翻訳が欠かせないと思ったそうですが、

 

その多言語音声翻訳と「やさしい日本語」は

親和性があることにも

お気づきになられたそうです。

 

実際、リオオリンピックでは

「やさしい日本語」を駆使して、

多言語音声翻訳を使ってみたところ…

 

「通じた!!」

 

日本語しかできない人でも、

英語ができなくても、

 

やさしい日本語を使って、

多言語音声翻訳に入力すると、

 

世界中の人と話ができるんではないか!?

 

この気づきが、

小平市へ戻った後の市民活動に活かされ、

 

さらには国策としても注目されるようになった…

(「やさしい日本語×多言語音声翻訳」

総務省、 厚労省、内閣官房、文化庁、東京都)

 

という、スゴイ人なんです。

この講座は、そんな萩元さんから

市民活動をグッと広げるためのノウハウや、

 

広がった市民活動の行く末には、

どんな社会像が待っているのか(わくわく)を、

お聞きしたいと思っています。

 

みなさんも、

誰もが個々に持っているスキルや経験、

価値観などを認めあい活用される社会や

組織を目指すための「プロセス」を学び、

 

グローバルコミュニケーション社会

(言葉の壁をなくす)について

考えてみませんか。

8月29日講座チラシ(日本語教室に来ていない外国人ともつながりたいver.)

 

なお、当日は「やさしい日本語ツーリズム研究会

主宰・吉開章氏もゲストとして登場します!

 

 吉開さん写真

やさしい日本語×多言語音声翻訳の火付け役の

お二人のコラボレーションも必見です^^

 

主催:フィリピノナガイサ/共催:浜松市

後援:浜北商工会/(公財)浜松国際交流協会HICE

 

・・・

総務省が2014年4月に発表した、世界の「言葉の壁」をなくし、グローバルで自由な交流を実現することを目標とする計画です。