浜松市ユニバーサルデザイン 課 のUD学習支援ガイド養成講座に行ってきました。

浜松市ユニバーサルデザイン 課 の
UD学習支援ガイド養成講座に行ってきました。

このたびはNPOフィリピノナガイサ に
講師派遣の要請を受けまして、

やさしい日本語 講師の
八代 明恵さんにご登壇をお願いしました。

浜松市では、学校教育の中に
「ユニバーサルデザインの心がけが大事」
と位置付けており、

これを推進するリーダーを養成しています。

フィリピノナガイサは
小学4年生の総合学習の時間に、
「やさしい日本語を取り入れてもらおう」と
UD課の事業に様々な形で協力しています。

IMG_8224

ところで、

やさしい日本語の「やさしい」は、

「優しい」でもあり「易しい」でもあります。

 

座学でこの

「やさしい日本語」について理解を深めた後、

 

参加者が各々に漢語や少し長めの文章について、

やさしい日本語にリライトするというワークをしました。

 

IMG_8275

やさしい日本語の回答はひとつとは限りません。

 

「あれがいい」「これがいい」

「こうしたほうがいい」と話をしながら

皆で回答を考え、確認しあいました。

 

資料協力

★やさしい日本語ツーリズム研究会 

https://yasashii-nihongo-tourism.jp/

 

★ ボイストラ

https://voicetra.nict.go.jp/index.html

 

★日本語のCHEERS

https://www.facebook.com/nihongonoCHEERS/

CHEERSさんが作成された

コロナウィルス感染予防対策(やさしい日本語版)

カラーで見やすいですね。

87372363_1595420943938266_339326068768899072_o

ありがとうございました。

 

【報告】防災講座(写真たくさん載せました)

土曜日、

文化庁「生活者としての外国人」のための

日本語教育事業の一環で、

防災講座を実施しました。

 

この講座では、静岡県くらし・環境部

県民生活局 多文化共生課と

静岡県西部危機管理局の協力のもと、

起震車乗車体験ができました。

 

講座には既に通訳を仕事としている人、

日本語ができるので友人からよく通訳を頼まれる

という人たちが中心に集まりました。

 

また近年の傾向として、

講座には日本の大学、高校へ進学する若者が

参加してくれています。

 

活動が世代を超えて受け継がれてきていることを

実感し、ありがたく思います。

 

下記、この日の写真をご覧ください。

 

★「起震車乗車体験」

震度7…「地震の大きさ7」

 

揺れが始まる前から

怖くて手すりに捕まってしまいましたが、

 

県職員から、

「地震は突然来ます。ふだんは手すり、ありません」

「いつも身を守ることを考えてください」

とアドバイスをいただきました。

 

IMG_7927 

揺れが収まった後、

腰が抜けてしまうほどでした。

IMG_7929

 

寝ている時に揺れたら?

これを体験した方は、

「全く起き上がることができない」と

言っていました。

IMG_7931

寝ているときに揺れが起きたとき、

「起き上がれないと逃げられないのでは?」

ということを心配する声が聞かれました。

 

この対策として、倒れてきそうな家具の固定の

大切さを実感しました。

 

 

★「ARシミュレーション(津波体験)」

 

中を覗くと今見える視界が海の中に

あるように見えます。

とても怖いです。

 

家やゴミ、木材などが

流れてきました。

 

上と下で見える景色はどのように

違うでしょうか。

IMG_7623

IMG_7618

 

子連れの参加者は子ども目線でも

シミュレーターの中を覗いてみました。

 

今いる視界はすべて海の中に

すっぽり埋まってしまいました。

 

こんな状況に接したとき、

誰もが身を守るためには

どうしたらいいのでしょうか?

 

さて後半は座学のため、講座室へ移動です。

IMG_7632

 

 

★自分の命は自分で守る(座学)

タガログ語資料を交えて

IMG_7633 IMG_7634 IMG_7636

IMG_7638

IMG_7641

IMG_7642 IMG_7643 IMG_7644 IMG_7645IMG_7646 IMG_7647IMG_7650 IMG_7651 IMG_7652 IMG_7653

IMG_7654

 

非情持ち出し袋については、

 

「一般的に必要と言われている持物」

「自分にとって必要な持ち物」

 

について、ワークショップで考えてみました。

IMG_7675

IMG_7665 IMG_7670

 

非情持ち出し袋の実例を背負ってみたり、

中身を見せていただきました。

 IMG_7689IMG_7686

IMG_7684

IMG_7693

 

最後に非常食の試食をしてみました。

皆さんにとっては、ちょっと薄味だったようですね。

IMG_7701

 IMG_7713

IMG_7714

IMG_7712

 

フィリピノナガイサは「生活者としての外国人」が

日本での生活に困らないような活動をしています。

 

年々、様々な在留資格の方が暮らすように

なっていますが、

 

長く日本に暮らしてきた身分資格の方々は、

新たに来日する方々のお役に立てることが

あるかもしれません。

 

ぜひ、この日に学んだこと、

感じたことを多くの方々に発信していただければ

幸いです。

 

ありがとうございました。 

グローバルフェアでたくさんの方々と交流しました^^

第10回はままつグローバルフェアの報告です。

 

ワールドステージのダンス、

多くの方々に見ていただけました♪

IMG_7470

また、バンブーダンスの体験時間もあり、

来場者との交流を楽しみました。

IMG_7471

5階では

「マブハイ!フィリピンのやさしいタガログ語教室」を。

★タガログ語

★フィリピンの文化紹介

★やさしい日本語

★AI翻訳ボイストラ

★フィリピノナガイサの活動紹介

 

ご来場いただいた方々に数回に分けて、

講師がやさしい日本語でタガログ語を教えました。

どの回も満員御礼(#^.^#)

IMG_7473

IMG_7432

IMG_7444

今回初めて5階に出展し、

(いつもは1階)

動員数を心配していましたが…

ごらんのとおり!

IMG_7450

IMG_7458

日本人や他の国籍の方々は、

プログラムを見て訪ねて来てくれる方が

多かったです。(ありがたいです)

 

フィリピンの方はふらりとやってきて、

居心地よくて長居という感じ!?

(これが、めちゃくちゃ嬉しいです)

 

結果、昼休み以外は何かしらやってました♪

IMG_7465

 

用意していた展示パネルも

多くの方々に見ていただけて、

よかったです。

IMG_7474 IMG_7475

 

今日の交流を次につなげていきたいと思います。

どうもありがとうございました。

Maraming salamat po.

IMG_7472

 

 

 

【報告】将来の夢(ワークショップ)

こんにちは。

「若者のロールモデル発表会」

http://filipinonagkaisa.org/news/4488/

を終えた後、子どもたちとともに

「将来の夢についてワークショップ」をしました。

(協力:静岡県経済産業部労働雇用政策課)

 

将来なりたい自分像をイメージできるよう、

予めこちらで多数、写真を用意しておき

皆にスクラップしてもらいました。

 

夢については職業でもよいし、

職業以外にも「こんな家に住みたい」

「こんな国へ行きたい」

「こんな風に家族と過ごしたい」というように、

 

イメージが膨らむような写真(イラスト)を、

雑誌やウェブから収集しておきました。

 

ちなみに職業で挙がったのは、

キャビンアテンダント

看護士

消防士

車の整備士

バスケットボール選手

声優

歌手

モデル

Youtuber

などでした。

 

写真を貼ったらその夢を実現するまでに

「今」自分ががんばることを

考えたり発表したりしました。

 

子供達の生き生きとした表情を

どうぞ、ご覧ください^^

IMG_7332

IMG_7333IMG_7335

IMG_7339IMG_7346

IMG_7347IMG_7348

IMG_7349IMG_7356

IMG_7354IMG_7350

IMG_7361IMG_7364

IMG_7366IMG_7370

IMG_7401IMG_7402

IMG_7404IMG_7405

IMG_7406 

 

最後になりましたが、

子どもたちが将来を考える機会をご提供くださいました

静岡県経済産業部労働雇用政策課の皆様、

どうもありがとうございました。

 

 

 

【報告】「若者ロールモデル発表会」静岡県事業

こんにちは。

今日は静岡県経済産業部労働雇用政策課と協働で、

「定住外国人ロールモデルの発表会」と

「ワークショップ」を実施しました。

IMG_7271

 

ロールルモデルにはかつて当法人の

ハロハロクラスの生徒だった2人が

登壇してくれました。

 

◎ウルダネタ トリスタン ジョシュアさん

IMG_7272IMG_7273

中学校時代、

部活動(バスケットボール)が苦手だった。

でも高校に進学してもバスケ部に入った。

部活を続けた理由は集団行動の中から、

学ぶものがあると思ったから。

これが社会に出てから、ものすごく役立った。

IMG_7283

 

それから、

学生時代に資格を取得しておいたほうがいい。

とくにおすすめなのは

日本語能力検定試験(できれば高校生のうちにN1)

英検

IMG_7290

学生時代は

成績に結果を出すことを意識したほうがいい。

 

社会に出ると自分の時間が少なくなるが、

学生時代にもっと

勉強しておけばよかったと思う。

 

部活動に時間が取られるので、

自宅学習を大事にすると良い。

 

将来の夢を叶えるのに必要なことは、

プロセスだと思う。

 

やりたい仕事や将来像があれば、

漠然と「なりたい」を思うのでなく、

その大きなゴールを分解して、

段階と順序を考えて計画を立てるとよいと思う。

IMG_7299

 

◎アバスマリさん

IMG_7301

 

大学進学したいと思った理由は、

世界の文化や言葉、

ビジネスを学びたいと思ったから。

 

大学で勉強して、

将来は色々な国を自分の目で見てみたい。

 

学生時代は英検やTOEIC、JLPTなどの資格取得を

積極的にしておいてよかった。

IMG_7308

 

今日の発表会は

タガログ語、英語、ビサヤ語、日本語、

 

参加者の質問に合わせて、

お2人が様々な言語で回答する

という形式で行われました。

 

とても活発な発表会になりました。

 

また、二人の発表の共通点として、

「勉強も大事だけど、身につけた知識は

人間関係を大切にすることで花開く」

「日本語を勉強することは大事」

というメッセージでした。

 

自分たちが学校で、社会の中で、

家族以外にも

目をかけて助けてくれる人に出会った。

 

これが、自分たちの支えであり力になっている

ということでした。

IMG_7311IMG_7312

 

子供達や保護者からは、

★漢字をどうやって克服したか

★スマホやタブレットのゲームに

負けてしまうときがあると思うが、

どうしたらよいか。

など。

 

質問がありました。

 

これらも丁寧に答えてくれて、

お2人の人柄がよく伝わってくる、

温かい発表会となりました。

 

多くの生徒たちに彼らの話を届けることができ、

ほっとしています。

 

参加してくれた子供達も集中が途切れることなく

真剣に耳を傾けている姿が、大変印象的でした。

 

ありがとうございました。

IMG_7319

 

はままつグローバルフェアに参加します

こんにちは。

節分が過ぎ、暦の上ではもう春ですね。

 

さて、まもなく第10回はままつグローバルフェア、

開催です。(2月9日@クリエート浜松)

http://www.hi-hice.jp/j_fromhice_more.php?eid=00138

 

フィリピノナガイサのスケジュールは次の通り^^

★ワールドステージ PM2:00すぎ

★やさしい日本語×タガログ語(初試みコラボ)

 終日 5階…52会議室

 

ワールドステージ出演のため、

練習をがんばっています!!

IMG_7034

 

さて、

お見えいただく方にお願い(感染症予防対策)

IMG_7248

 

最後になりましたが、

昨年のグローバルフェアの様子(外部リンクです)

https://plus.on-mo.jp/column/activity/1440