【ご報告】日系フィリピン人と浜松のつながり

9月21日(土)

足立ネルマ先生をお招きしました。

 IMG_2789

ネルマ先生は、

元フィリピン日系人会会長

元フィリピン日系人会インターナショナルスクール日本語室長

元ミンダナオ国際大学日本語室長

元フィリピン大学ミンダナオ校日本語講師

元南東フィリピン大学理科教師

 

を歴任された方で、

 

フィリピンの教育事情に

精通されていらっしゃいます。

IMG_2794 

私たちの暮らす浜松には、

フィリピンにルーツを持つ子供達が

たくさん暮らしていて、

市内各小中学校に在籍しています。

 

その教育、支援には、

多くの教員や支援員が当たっています。

 

そうした人たちから日頃、

フィリピノナガイサに寄せられる声で多いのは、

 

「保護者が子供の進路や教育をどのように考えているのか」

 

ということでした。

 IMG_2787

 そこで、ネルマ先生には 

フィリピンと日本の教育の違いについて、

主に、次のようなことをお話していただきました。

 

・小中学校での授業のすすめかたは?

・算数や英語の授業はどのように行われているの?

・ プロジェクトワークや宿題はどんなことをするの?

・保護者はお子さんの教育にどのように向き合っているの?

・保護者は将来、子どもにどんな仕事に就いてもらいたいと思っているの?

・フィリピンの国としての子どもの教育については、どんな感じ?

 

 IMG_2821

 

今回、ご参加頂いた皆様のアンケートを拝見して、

日ごろ支援にあたる皆さまの熱い思いも

うかがい知ることが出来ました。

 

また、

「フィリピンの方々のレディネスを知ることができよかった」

と書いてくださった方が多数いらっしゃいました。

 

今後も、フィリピン国としての事情や状況を

交えて皆様にお伝えしていきたいと思います。

 

 改めまして、足立ネルマ先生、

どうもありがとうございました。

IMG_2833