【報告】バヤニハン浜北クラス

こんにちは!

先日、浜北のバヤニハン教室も始まりました。

image1

 

回数が少ないので(全4回)、みなさん、

声を掛け合って参加してくださいね。

 

写真は第一回目の様子です。 

IMG_5837

IMG_5830

IMG_5852

IMG_5845

この日は、自然災害に関する漢字の読み書きを学びました。

 

また、実際のニュース速報(テレビ)動画を見て、

災害時の情報を聞き取る訓練もしました。

 

YOUTUBEなどに、災害時のニュース動画が

たくさんあります。

 

日ごろから、そうした過去の動画を使って、

必要な情報を獲得するために

シミュレーションをしておくといいですね。

 

最後に、このクラスからメッセージです。

Magandang araw po…Inaanyayahan po namin kayo sa Bayanihan Nihongo Class sa Hamakita..
☆Makakatulong para sa araw-araw na pamumuhay sa Japan..
☆Maaring dalhin kung may hagaki o iba pang mga sulat na hindi maintindihan o mabasa‼️
Yoroshiku Onegaishimasu^^

【報告】2月23日(土)日本語教室すべて

こんにちは!

花粉症の人は、大変な時期になってきましたね。

さて、土曜日の教室の報告(写真)です。

★ハロハロ教室

この日も、たくさんの生徒が集まって勉強しました。

IMG_5877

IMG_5879

IMG_5880

 

★青年クラス

今月のテーマは「防災」です。

先週課外学習の復習や、

自宅近くの避難所を調べたりしました。

 

また、避難所で使われる漢字も勉強しましたよ。

この日も学習にスマホが欠かせません。

(漢字検索のため)

 IMG_5777

IMG_5775

 

★バヤニハン

年間通して「来日したばかり」という方が、

教室を訪ねてきます。

IMG_5767

IMG_5876IMG_5881

いつでも、「日本社会の入口として」の

役目を果たせるよう、

教室を設置しています。

 

この日も新しい生徒のために、

ひらがなや名前を書く練習に対応しました。

 

ひらがなは五十音で書くことも大切ですが、

語彙を増やしいくことも心掛けています。

 

また、書くだけでなく音声も併せて、

学びを取り入れています。

 

自宅学習の相談にものっていますので、

フィリピンの皆さんには気軽に、

教室へお立ち寄りいただければと思います。

 

「バヤニハン」とは、タガログ語で、

意味は「助け合い」です。

 

この日も学習者を連れてきた

日本語のできるご家族が横について、

学習者をサポートしていました。

 

それから、

ボランティアさんも来てくださいました。

 

サポーターが多く付いてくださると、

手厚いケアができるので大変助かります^^

 

どうもありがとうございました。

IMG_5773

【報告】浜松市防災学習センターへ行ってきました

少しずつ暖かくなってきましたね。

 

ところで、

皆さんは浜松市防災学習センターをご存知ですか?

 

今日はそちらへ、

課外学習へ出かけたので報告します。

https://hamamatsu-bousai.entetsuassist-dms.com/

 

この課外授業は事務局の方で施設を下調べし、

限られた時間内で生徒とともに、

必要なところを回れるようにしました。

 

事前に課外授業の趣旨を

センターの方にご相談すると、

順路等をアドバイスしてくださいます。

 

まずは2階のシアターで、

「災害時に取るべき行動クイズ」に

挑戦したのですが、

 

見せてくださる動画も、

「自宅にいた場合」

「町歩きしていた場合」

「学校にいる場合」

「地震と津波、液状化のメカニズム」

 

などのうちから、

カスタマイズして流してくださいます。

(事前、要予約)

 

私達は、音声は日本語、

字幕は英語で対応していただきました。

(音声はほかにポルトガル語を選べるそうです)

E84274B4-F1AC-4A93-9631-5AE45B2B70FB

 IMG_5638

IMG_5639

取り組みやすい三択クイズでしたので、

生徒同士で回答を想像し、

 

当たった!!

はずれた~

 

と、確認しあっていました。

 ・・・

次に被災地となった街を想像しました。

IMG_55711

センターの方が説明に同行してくださいましたので、

皆、わかりやすかったようです。

 ・・・

 

続いて、避難所の状況を想像するエリアへ行きました。

 

ここでは、おおよその一家族あたりのスペースや、

段ボールベッドや間仕切りの実物を見ながら、

避難所での生活を余儀なくされた場合の、

大切なことを学びました。

IMG_5577

IMG_5578

 

段ボールは意外と頑丈で、

用途が広いことがわかりました。

 

簡易トイレにも、ベッドにも、テーブルにも、

間仕切りにもなるんですね…

IMG_5584

 

・・・

最後に、時間に少し余裕がありましたので、

1階へ場所を移して、災害マスターを目指して、

タブレットを使ったクイズに挑戦しました。

 

みんな真剣^^

IMG_56051

IMG_56131

IMG_56111

IMG_56121

 

自宅マンションが被災したという想定で、

部屋のどこに危険が潜んでいるか?

を、クイズ形式で学びます。

クイズは5問あり、5問終えると点数がでます。

IMG_56211

 

今回は参人数が多かったため、

事前にタブレットを使うことを

センターにお願いしておきました。

 

貸し出し台数はその時の利用状況により、

数人で1台となることもあるそうですが、

今日はおかげさまで、一人一台ずつ使って、

何度でもクイズに挑戦することができました。

 

さて、今日の学習はこれだけでなく、

いつものように、生徒たちには事前に

ごく簡単なワークシートを渡していました。

IMG_5637

 

来週の授業で、

皆が書いてくれたことをシェアしたいと思います。

 

来週は、南部協働センター1:30です。

また会いましょう。

 

【報告】「命のパスポート(静岡県発行)」を使った講座

節分が終わり、春はもうすぐですね。

 

さて、フィリピノナガイサでは土曜日、

静岡県発行の「命のパスポート」を使った

公開講座を実施しました。

 

講座には静岡県西部地域局の職員を講師にお迎えし、

大事なお話をたくさんお聞きしました。

 IMG_52031

命のパスポートとはこちら。

http://www.pref.shizuoka.jp/bousai/toukei/passport2/index.html

 

災害発生時から、

★どんなことに気を付けるか

★どんな行動をとるか

 

という目安が書かれています。

講座では

このパスポートの解説版http://www.pref.shizuoka.jp/bousai/chosa/inotipasuportkaisetuban.htmlにタガログ語を入れて、

クイズ形式で進行しました。

IMG_5173

IMG_5176

IMG_5188

IMG_5178

 

そのほか、実際の大地震や津波の動画、

実際の避難所の様子、携帯トイレの使い方を

見せてくださいましたが、

参加者も真剣な様子で見入っていました。

IMG_5253

 

さて、

クイズを通して、覚えた日本語はこちら。

自然災害ボキャブラリー【日タ】

 

今回学んだことを全て覚えるのは大変ですので、

講座で使ったクイズシートを冷蔵庫へ貼ったり、

小さく折りたたんで…

 

日ごろから側に置いておいていただけたらと思います。

命のパスポート解説版【タガログ語】