【報告】ハロハロ教室2学期、はじまりました^^

昨日から、ハロハロ教室の2学期が始まっています。

毎年、本クラスは学校が始まる直前の土曜日に2学期をスタートすることにしています。

これは、学校支援に行っている当法人スタッフたちが考えたもの。

かれこれ10年、このスタイルでスケジュールを組んでいます。

 

夏休み明け、子どもたちが学校へ宿題を提出する前に、

このクラスで最終チェックをしています。

 

まだ終わっていない子のサポートはもちろんのこと、

出来上がったところに漏れがないかどうかもサポートしています。

 

「できた!!」という自信を胸に学校の2学期をスタートしてほしいと思います。

 

さて、そんな土曜日のクラスの写真です。

久しぶりの教室で、大勢の生徒がやってきました^^

IMG_8448

IMG_8449

IMG_8450

IMG_8451

IMG_8452

IMG_8453

IMG_8456

 

そして、この日はとっても懐かしい人がやってきました!!

ハロハロ教室は前身のジュントスクラス(浜松市委託)を受け継いでいるんですが、

その頃、大学生でボランティアをやってくれていた男の子(もう男の子ではない!!立派な社会人ですね)が遊びに来てくれました。

卒業して5年くらい経つ?!

IMG_8445

 

彼らとの思い出をここで一つご紹介。

当時、フィリピンの子どもたちが掛け算の理解につまずいていました。

掛け算ってできないと、そのあとの算数の単元に大きく影響が出ちゃうんです。

割り算も分数も小数点の計算もできなくなってしまう…

 

フィリピンの掛け算の方法って九九の暗記ではなく、指を使って答えを出します。

そのため、子どもによっては指での計算をケアレスミスしたり…

何よりも九九の暗記ではないので、計算のスピードも遅くなってしまう(><)

 

―どうにかして、九九でつまずかないように子どもたちを導くことはできないか―

 

と考えてくれたのが彼らです。

 

あるとき、この大学生たちが大きな模造紙に九九を書いて持ってきてくれました。

そして、子どもたちに九九を覚える時間を定期的に設定してくれました。

 

一生懸命、自分たちのために接してくれる大学生の先生たちが大好きな子どもたちでしたが、

今でも当時のフィリピンの生徒たちとこの大学生たちは良い関係が続いているそうです^^

 

そういうステキな関係性が、いくつも芽生える教室です。

大学生をはじめとするボランティアのみなさん、ありがとうございます。

 

さぁみなさん、2学期も元気にがんばりましょう。

よろしくお願いします。

【報告】FNフィリピンフェスタ2018

みなさん。

酷暑の日々から少し解放され、秋の訪れが垣間見られるようになってきました。

さて、今日は8月13日(月)に浜松アリーナで行った

「FNフィリピンフェスタ2018」についてご報告します。

このイベントはバスケットボールイベントを中心にフィリピンの飲食店がブースを出展し、色々な国の人たちと交流するために行われました。

県内外から14のバスケットボールチームが参加。

開会式には浜松市から鈴木康友市長、フィリピン大使館からクリスティン マーグレット マラン領事がお見えくださいました。

IMG_8259

IMG_8258

 

バスケットボールの様子

IMG_8260

IMG_8261

IMG_8264

IMG_8263

 

インターバルのダンス

IMG_8262

 

この日の熱気は各新聞社からも取材を受け、後日掲載されました。

どうもありがとうございました。

静岡新聞 8月15日(火)朝刊

IMG_8266

 

読売新聞 8月14日 朝刊

IMG_8267

 

中日新聞 8月17日(金) 朝刊

IMG_8268

 

【報告】やさしい日本語をつかってみよう③

8月4日に行った「やさしい日本語をつかってみよう」第三部の報告です。

ここでは、ある自治体で実際に使用した防災イベントに関するチラシを、事務局にて編集したものを使いました。

 

参加者を4~5人ずつのグループに分け、防災イベントチラシを「もっと、外国人がわかりやすいように”やさしい日本語”に直す」というワークを行いました。

IMG_6983

 

これ、単語ごとに一つずつを突き詰めて考えると、全てを細かく説明しすぎて、レイアウトとして見づらくなります。

「やさしい日本語」に直す加減が非常に難しかったです。

 

★「防災」という言葉を「やさしい日本語」に置き換えるかどうか?!

については、は班ごとに意見が割れているようでした。

IMG_7032

「防災という言葉は、覚えたほうがいい言葉だから、あえてやさしい日本語にしない方がいいのではないか」

「防災という言葉をやさしい日本語に直した方がいいと思うけど、どうやって変換すればよいか」

「”台風や地震について勉強しましょう”など、具体的な言葉に置き換えるのはどうか?」

といった具合です。

IMG_7004

 

★参加費が「無料」であることを伝える手段も、みなさん工夫さされているようでした。

「ただ」「お金はいりません」「0円」など。

IMG_7012

 

★時間の捉え方にも文化差があることを痛感されているグループは…

1:30~のイベントで想定したワークに対して、

「1:00に あつまります」

「1:30に はじまります」

と2段階に分けて集合時間を表記していました。

なるほど^^;

IMG_6986

 

★「運動しやすい服で来てください」… これも、日本特有の表現ですよね。

「運動しやすい服」の捉え方は個人差があります。

さぁ、どのように言い換えて伝えたらいいでしょうか?!

IMG_7015

みなさん、とても真剣にグループワークで話し合ったくださいました。

時間が足りなくて残念‥

 

色々なご意見を伺えて、事務局としましても大変参考になりました。

ありがとうございました。

 

この講座での「浜松版 やさしい日本語」のご縁が、もっともっと街全体に広がっていきますように…

 

この日、お休みにもかかわらずお時間を割いていただき、足をお運びくださいました皆様に心よりお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

 <参考記事>

第一部

http://filipinonagkaisa.org/%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%ac%9b%e5%ba%a7/3126/

第二部

http://filipinonagkaisa.org/%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%ac%9b%e5%ba%a7/3148/

 

♡♡♡♡♡

「やさしい」の「い」の口で集合写真パチリ☆彡

IMG_7049

【報告】やさしい日本語をつかってみよう!②

8月4日に行った「やさしい日本語を使ってみよう!」第二部の報告です。

 

ここでは、当法人理事長の中村グレイスが、自身の来日してから今までの経験で、

「生活上、日本人の話す″こんな日本語がわかりにくかった″」

ということをまとめて、お伝えしました。

 

たとえば、

「ご身分証明書をお持ちですか?」と聞かれて、「ん?!ゴミが何ですか?」と思ったそうです。

これは彼女だけでなく、定住外国人あるあるみたいですね。

IMG_6956

 

丁寧に話してくれる気持ちはありがたいけど、敬語はわかりにくい。

シンプルに伝えてくれた方がわかる…ということでした。

 

ちなみに、この「ご身分証明書」は、たとえば

「在留カードはありますか?」や「免許証を持っていますか?」など、

具体例を挙げて伝えるとわかりやすいようです。

 

後半、講師の吉開章さんと短い時間でしたが「やさしい日本語について」公開生トークを展開しました。

IMG_6966

 

外国人なので複雑な日本語の文法体系や敬語は苦手かもしれませんが、

だから能力として何もできないというわけではありません。

1人1人を見れば大変ステキな個性と実力を持っていることもたくさんあるので、

言葉の向こうにある人となりを知るためにも、

「やさしい日本語が有効である」というメッセージが伝えられました。

 

・・・・・

実は今回、中村が用意した資料とこれに基づく話は10年以上も前に用意したものです。

1~2回、この資料を基にして登壇したことがあります。

今回の「やさしい日本語」というテーマにピッタリだったので、

「定住外国人の声」として、もう一度話してもらうようにお願いしました。

10年前に用意した話でも全く色あせておらず、基本はいつの時代も同じです。

 

今回改めて公開講座という形でお話をさせていただき、会としてもありがたい機会となりました。

第三部の報告に続く…

 

★第一部の報告はこちら 

http://filipinonagkaisa.org/%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%ac%9b%e5%ba%a7/3126/

 

 

★第三部の報告はこちら

http://filipinonagkaisa.org/%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%ac%9b%e5%ba%a7/3161/

 

【報告】やさしい日本語をつかってみよう!①

8月4日に行った

「外国人のお客様も受け入れてみませんか?やさしい日本語をつかってみよう」

のご報告です。

この日は複数のパートに分かれて進行しましたので、

記事も何回かに分けて書いていこうかと思います。

というわけで、本投稿はその一つ目。

 

たくさんの方々にご参加いただきましたこと、心よりお礼申し上げます。

 ご参加者には県・市の行政職員、近隣の国際交流協会職員、事業主さま、

企業の採用ご担当者、行政書士、日本語教師・ボランティア、定住外国人…

などの皆様がいらっしゃいました。

 IMG_6892

 

講師は株式会社電通、やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長の

の吉開章さま。(https://yasashii-nihongo-tourism.jp/

吉開さん 

 

日本人は外国人を見ると、なんでもかんでも英語で話しかけてしまうこと…

これはやめたほうがいいです。

理由は、こんなにたくさん(><)

 

●そもそも日本に来ている外国人は、英語圏だけなのか?

英語がわからない外国人もいるのではないだろうか?

●英語の発音も国によってさまざま。英語で話しかけて、返ってくる英語は、

私達が学校で習って聞きなれている英語とは限らない。

(結局、相手の言っている英語が聞き取れない↔日本人の発音しているカタカナ英語が理解されていない可能性もある)

伝えた英語に責任を持てないのに情報発信は危険…

ミスコミュニケーションの原因にもなる。

 ●訪日外国人は、「実は日本語で話しかけてほしい」と思っている。

などです。

 

だったら、思い切って

「私たちが一番自信をもって伝えることができる日本語で話しちゃおう!」

ということでした。

 

気持ちを伝えあうことこそが意思疎通の成立なので、

ツールとしての単なる言語(英語なら、なんとかなる)と捉えない方がいいのかもしれませんね。

 

そこに注目しているのが、「やさしい日本語」の新しい道なのです。

新しい道と書いたのは…

 

もともと「やさしい日本語」は、阪神淡路大震災のときに、

英語や中国語の言語変換対応だけで被災者のカバーをできなかった反省から研究されてきた分野です。

https://yasashii-nihongo-tourism.jp/2016/08/19/72

 

 これを、「地方創生、その手があったか!」というキャッチコピーで「やさしい日本語」に新たな息吹を吹き込んだのが、「やさしい日本語ツーリズム研究会」です。

 

いざ、災害時に備えて、日ごろのコミュニケーションは大事ですね。

災害時だけ、急に「仲良くしましょう」ということは、とても難しいことだと思います。

 

きっと、そんなときには誰もそんな余裕がありません…

だからこそ、日ごろから「心を通わせる会話にどんな言葉を使うのか」

といういことは、考えおかなければならないのだと思います。

 

普段の生活にも、色々な国の人が住んでいることを実感できる街、隣の人の顔がわかることは誰にとっても安心につながります。安心は「日常の活気」に繋がります。

ぜひ、この「やさしい日本語」をみんなで使っていきましょう^^

 

「やさしい日本語って、普段私たちが話す日本語と何がちがうの?」

というのは(東京外大荒川洋平教授提唱)…

ハサミの法則

はさみ

と、

敬語やオノマトペ、漢語や方言は避ける

オノマトペを避ける

 

です。

 

トレーニングしてみると、「やさしい日本語」について考える癖がついてきます。

その具体的な手法は、この後の記事に続きます…

IMG_6921

・・・

集合写真を最後に撮りましたよ^^

IMG_7049

みなさんが胸元に付けてくれていた水色のバッヂはこちら。

福岡県柳川市が制作した「やさしい日本語の、おもてなしバッジ」です。

IMG_6869

実はこれ、本当は2色あります。

 

やさしい日本語バッジ

 

青→日本人が付けます。

白→外国人が付けます。

これに関して面白い動画があります。(バッジに関しては、12:20以降)

https://www.youtube.com/watch?v=6bqzKlGNuOU

 

 

私達はいつも生徒たちに「日本語勉強してね」と言い続けていますが、

みんなが日本語を勉強した先に、

この青いバッジを付けている日本人がたくさん待っていてくれるとしたら、

本当にありがたいことです。

 

この日、私達の団体はいつもと違うアプローチで、

その第一歩を踏み出すことが出来ました。

 

御来場くださったみなさん、本当にありがとうございました。

タガログ語も一つ覚えてね。

Maraming Salamat po♡(マラミン サラマッ ポ)←ありがとうございます

 

・・・・・

<参考記事>

第二部

http://filipinonagkaisa.org/%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%ac%9b%e5%ba%a7/3148/

 

第三部

http://filipinonagkaisa.org/%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%ac%9b%e5%ba%a7/3161/