【動画】FNフィリピンフェスタ2018

8月13日(月)FNフィリピンフェスタ2018

♪広報動画♪

よろしくおねがいします。

 

【1】https://www.facebook.com/darlene.sugiyama/videos/10212023847819735/

 

【2】https://www.facebook.com/darlene.sugiyama/videos/10212024052264846/

  

【3】https://www.facebook.com/darlene.sugiyama/videos/10212024108786259/

  

【4】https://www.facebook.com/darlene.sugiyama/videos/10212030890795805/

 

【5】https://www.facebook.com/darlene.sugiyama/videos/10212030910436296/

 

【6】https://www.facebook.com/darlene.sugiyama/videos/10212043144902150/

 

【8】https://www.facebook.com/darlene.sugiyama/videos/10212023569252771/

 

【18】https://www.facebook.com/darlene.sugiyama/videos/10212089580183003/

 
 

【ご報告】119通報訓練と応急処置

7月21日(土)、浜松市消防局南消防署員の方々にお見えいただき、

119番の通報訓練と応急処置について学びました。

 

★消火器の使い方

消火器の使い方

 

★人口呼吸とAEDの使い方

耳元で「大丈夫ですかー?大丈夫ですかー?」と声をかけます。

AED

 

意識の有無や呼吸を確認して、手のひらの付け根あたりで胸骨を圧迫します。

(1分間に100回くらいのスピードで、5センチ沈むくらいのイメージで)

 付け根

 

それでも意識が戻らないときにはAEDを使います。

AEDは音声に従って操作できますが、その音声が日本語しかないみたいです…

定住外国人もAEDを使うことがあるかもしれませんので、改善が必要です。

(どちらの機関に伝えればいいのでしょうか?!事務局の宿題です)

IMG_6159

 

★119通報訓練

 IMG_61633

 IMG_61654

 

日本語がわからなくてセンターの人にうまく伝えられない時は、

近くに日本人がいるかどうか確認して、電話を替わってもらいました。

今日はボランティアさん、ありがとうございます!

 IMG_61673

 

最後に、本当にセンターに電話を掛けさせていただきました。

 シチュエーションは友達の車に同乗していて、

ドライバーである友達が交通事故を起こしてしまった場合です。

IMG_6479

 

★集合写真

消防車の前で、みんなで写真を撮らせていただきました。

IMG_6171

 

みんなの感想(ごく一部)

 ・大切な内容を教えてくれてありがとうございました。

・今日習ったことが緊急時に接したとき、役立つと思う。

・地震や火事のときのすべきこと、やっていはいけないことがよく分かった。

・地震や火事への備えを勉強できた。

・レスキューが来るまで、どうやって待ち、対応すればよいかわかりました。

・119の電話の掛け方が良く理解できた。

 

・・・

このような感想の中、目を引くコメントがいくつかありました。

それは、「倒れている人が居たら、助けてあげる方法がわかった。助けてあげたい。」

というものでした。

フィリピン人の国民性に、「BAYANIHAN(助け合い、自助努力)」というのがありますが、

そんな背景から、このようなコメントに繋がったのかもしれません。

定住外国人はいつも支援を受ける側だけではなくて、実は私達の隣人で助け合うべき人なんですね。

 

みなさんの感想から、そんなことを教えてもらいました。

 

「今日、通報訓練に使用したイラストカード」

これらのカードからシチュエーションを選んで、119に電話を掛けるという練習をしました。

IMG_6480 

【報告】進路ガイダンス

今日は午前中、進路ガイダンスを行いました。

これは毎年タガログ語通訳を入れて、当法人が独自に行っているものです。

 

フィリピンから来日した若者を抱えるご家庭のうち、

進学を目指しているというケースも、そこそこあります。

 

①はじめに、フィリピンと日本の学制の違いを示しながら、

「フィリピンで9年間、学校を終えている人は手を挙げて」

IMG_6092

9年間の学びを終えていることを示す成績証明書を、

受験までにフィリピンから取り寄せる必要があります。

 

②全日制と定時制のちがい

全日制は3年間で、定時制は4年間で卒業します。

卒業年数が違うのは、大きな違いです。

 

ところで、少し前まで

定時制の受験はほとんどの子が受かると思われていたと思いますが…

 

そんなことは、決してありません。

 

近年、学校側も「入学後、教師と意思疎通ができるか

(すなわち、意思疎通できるだけの日本語力を持っているかどうか)」

 

を重点的に、面接や作文から見ています。

 

受験の準備はもとより、日本語力をつけないと

学校に入ってから本人が辛くなります…

 

という話をさせていただきました。

 

③皆さんが気になる、費用の話もしました。

公立と私立ですと、金額が違います。

IMG_6105

 

④そして、今年度の入試に関するスケジュールも、

受験計画を立てる上では大切です。

IMG_6110

 

⑤最後に、昨年当法人で受験準備をし、

見事、第一志望の高校に合格した子たちにも話を聞かせてもらいました。

今日は参加者たちの身近な存在として、伝える側に回ってもらいました。

IMG_6114

 

彼女たちが後輩たちに伝えてくれたことは、言葉に重みがありました。

 

★学校の先生の指示、たとえば「宿題をやってくるように」とか、

「テスト範囲はここからここまで」とか…

 

は全て日本語なので、こういう指示が理解できないと勉強についていけない。

 

★最初は先生の話していることがよくわからなかったけど、

 

1学期中ずっと日本語に接していたので、

今は先生の言うことがわかってくるようになった。

 

⑥そんな中、参加者からもとても良い質問が飛び出しました。

ひとつめ「学校に通った初日は、どんな気持ちで登校しましたか?」

 

★日本語ができないので聞いてもわからないという不安があった。

話すときも文法をあまり知らないので、カタコトで話をした。

 

でも、たくさん話せばうまくなるので、大変な時期は最初だけでした。

 

★最初はとても緊張したけど、担任の先生がとても

優しくてアドバイスしてくれるので、なんとかやれている。

 

ふたつめ「学校で楽しいことは何ですか」

★文化祭です。

★部活です。

 

⑦事務局から彼女たちに聞きたかったことも…聞けました^^

 

昨年、当法人の教室を休まず参加し、課題も全てこなしていた二人。

でも、作文の添削や面接練習の指摘など、心が折れそうになった日もあったのでは?

 

そんなとき、ズバリ、どんな風に気持ちを立て直していたのか?

 

★Never give up!とにかく、やるしかないと思っていた。諦めないことです。

 

★内気で、人前で話すことがとても苦手なので、鏡の前で面接の応答練習を何度もしていました。

何度も同じことを繰り返すことでできることを増やして、安心するようにしていました。

 

フィリピノナガイサの良さは、同胞同士が助け合って♡

大切な情報を共有したり、励ましあったりすることだと思いますが、

今日もそういった、この会ならではの良さを活かした情報提供ができたと思います。

 

少しでも、

次の3月までの目標ができた親子が居たなら嬉しいです。

 

・・・・・

ガイダンス終わったらこの笑顔~^^

IMG_6127

おつかれさま!!

 

・・・

 

県西部地区で高校進学を目指しているフィリピン人の子供がいたら、

当法人までお知らせください。

【おしらせ】119通報訓練と応急処置

最近、ニュースでは自然災害に関するニュースを多く見ます。

被災された皆さんに、心よりお見舞い申し上げます。

・・・・・

さて、私達のほうもこうした各地の災害を受けて、

備えをしておかなければなりません。

 

熱中症、大地震、大洪水、色々あります。

自然災害が相手ですと同時に、一気に、皆が助けを求めるので大変です。

 

先日の大阪の地震も西日本の洪水も多くの方がレスキューを求めたため、

消防がすぐに駆け付けることが出来なかったと聞きます。

 

「自分の身を自分で守ること」を改めて確認するとともに、

万が一の場合には応急処置も必要になるかと思われます。

 

明日は夏休みを前に、親子で自然災害に備えるための授業になればよいと考えています。

浜松市消防局、南消防署の協力を得て講座(下のチラシの通り)を実施します。

 

ハロハロクラスの子供達、

青年クラスの若者たち、

バヤニハンクラスに通う、彼らの保護者たち…

 

みんなでいっしょに勉強します!!

日本の方のご参加も歓迎です。

 

お待ちしています。

IMG_5626

【報告】文化庁事業 運営委員会

みなさん、連休はいかがお過ごしでしたか。

 

フィリピノナガイサは、

おととい、教室。

今日は文化庁事業の運営委員会でした。

 

さて、文化庁事業を受託すると、

専門家や有識者を含む10名で運営委員会を設置することが決められています。

 

その年ごとに地域の課題となっていることを事業化し、

事業遂行にあたっては各方面のご専門家に委員をお願いしまして、

助言を受けたり、協議を重ねてまいりました。

IMG_5982

IMG_5946

私どもの事業も受託して11年目になりますが、

この間多くの委員に関わっていただいただきました。

 

そのおかげもあって、会がここまでのの道のりを歩んでいます。

 

今年度の文化庁事業は、こちらの委員の皆様とともに内容を充実させてまいります。

(お写真は都合がつかずご欠席の委員の方がいらしたので、全員ではありません)

IMG_5984

IMG_5985

 

委員の皆様の一覧です

30年度運営委員一覧

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

【おしらせ】「やさしい日本語」をつかってみよう

こんにちは、公開講座のお知らせです。

 

★★ ★★ ★★ ★★ 

外国人のお客様をつくってみませんか 

~「やさしい日本語」をつかってみよう~

 

8月4日(土)PM2:00~4:00

浜松市市民協働センター(浜松市中区中央1-13-3)

講師 吉開章さん(株式会社電通、やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長)

参加費 無料

対象 事業主様ほか、テーマに関心のある方

お申し込みは

 

①Facebookアカウントをお持ちの方

https://www.facebook.com/events/429761430861412/

「参加予定」にチェックを入れてください。

 

②それ以外の方

filipinonagkaisa@yahoo.co.jp

「お名前」「ご連絡先」「8月4日希望」と記してください。

 

チラシ

8月4日チラシ(完成)

★★ ★★ ★★ ★★

 

 

浜松市は外国人が23,000人強、暮らしています。

そのうち約90%は身分資格(定住、永住、日本人の配偶者等、永住者の配偶等者等)です。

これは家族の絆としての滞在で、「浜松での生活者」と言えます。

 

こうした人々は、日々の「生活」の中に消費活動が欠かせません。

 

フィリピンはじめ定住外国人の皆さんが生活に必要な消費(モノ)から、

体験価値としての消費(コト)まで、

 

日本での生活の幅が広がるように…

 

事業主のみなさん、「やさしい日本語」へのご協力をお願いします^^

 

お申込み先着50名様に、「やさしい日本語ツーリズム研究会」発行の缶バッジを差し上げます!!

やさしい日本語バッジ

・・・・・

「やさしい日本語ツーリズム研究会」(地方創生、その手があったか!)

https://yasashii-nihongo-tourism.jp/

【お礼】中日新聞東海本社様 ご後援ありがとうございます。

8月4日(土)13:30~15:30

@南部協働センターにて

『外国人のお客様も受け入れてみませんか

         「やさしい日本語」をつかってみよう』

中日新聞東海本社様、ご後援ありがとうございます!!

中日新聞 後援

講座の詳細はコチラ

http://filipinonagkaisa.org/%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%ac%9b%e5%ba%a7/2975/

 

 

【お礼】静岡新聞社・静岡放送様 ご後援ありがとうございます。

8月4日(土)13:30~15:30

@南部協働センターにて

『外国人のお客様も受け入れてみませんか

         「やさしい日本語」をつかってみよう』

静岡新聞社・静岡放送様、ご後援ありがとうございます!!

IMG_5506

詳細はコチラ

http://filipinonagkaisa.org/%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%ac%9b%e5%ba%a7/2975/