【お知らせ】3月4日(土)タガログ語教室+「日系フィリピン人について」

お知らせです。

3月4日(土)タガログ語教室を行います。

毎回、支援や旅行に役立つタガログ語を学ぶとともに、フィリピンの文化や歴史、慣習、食べ物などトピックを付け加えています。

タガログ語教室チラシ(新)

今回のテーマは「日系フィリピン人について」

そもそも日系人はフィリピン全土に広がって暮らしており、日系人会も各地にあるのだとか。

その中で一番大きな日系人会はフィリピン南部のダバオシティにあり、今、浜松に来ている日系フィリピン人の多くはそちらの出身ということです。

ダバオシティは現大統領ドゥトルテ氏が長年市長を務めていたということもあり、知名度が上がりましたね。

 

3月4日の講師から、一足先に講義内容を入手しました。

少しだけご紹介します。

 

①「日系人」とは 1868年ハワイへの出稼ぎ移民が始まり〜

 

②「日系フィリピン人」の歴史 

・道路工事や麻貿易と日本人の関わり

・戦争に翻弄された人々の人生、家族の運命(戦前・戦後)

 

③「日本に暮らしている日系人」の在留資格

・「日系〜世」の数え方とは?

・世代格上げって何?

・就籍支援活動というのを知っていますか?

・在留資格の延長、変更…「 定住」→「永住」→「日本国籍」

 

④日系人と新日系人 「新日系人」とは

 

⑤今後(浜松周辺の場合)

・日本人配偶者を持つフィリピン人

・フィリピン人妻の連れ子(呼び寄せ)、

・フィリピンにルーツがあるけれど、日本で生まれ育っていく子ども(新日系人)
 
 
・・・
 
とくにフィリピンの方の支援をされている方は、これまで関わる中で疑問に感じていたことを聞けるチャンスです。
 
ぜひお越しください。
 

 

第8回浜松市外国人市民共生審議会に行ってきました

2月23日(木)「第8回浜松市外国人市民共生審議会」の傍聴へ行ってきました。

この会議をご存じない方は過去に掲載した記事、こちらをご覧ください。

http://filipinonagkaisa.org/news/917/

 

さて、本日は第4期の最終回でした。

最終回は浜松市長に「浜松市外国人市民共生審議会提言」が提出されました。

FullSizeRender

 ※この写真は、第4期浜松市外国人市民共生審議会の副委員長、高井さん(当会の会員でもある)を通して審議会事務局よりご提供いただきました。ありがとうございました。

 

今回の提言の骨子は次の通りでした。

「外国人市民に係る施策に関する事項」

提言1、受け手を意識した情報発信の強化

提言2、子どもが置かれている環境に応じた日本語教育支援体制の充実

 

「日本人市民と外国人市民との共生の推進に関する事項」

提言1、地域における共生に関する活動への参加促進

提言2、地域での相互理解を進める人材の育成・活用

・・・

最後に委員の皆さまから一言ずつ、この会に関する感想がありました。

●多言語情報発信の必要性を感じる。いっぽうで外国人も情報を自らキャッチする必要がある。そのための日本語学習は必要。これからも皆のために、仲間とともにがんばっていきたい。

 

●審議会のメンバーと知り合えてよかった。

滞在年数の長い委員の中に、同朋のために力を尽くしている人たちが複数名いることを知った。

素晴らしいことだと思った。

この人たちは日本語能力も高く、同じ国の人のためにも、浜松市のためにもがんばっている。あとに続く人が出てくるとよいと思う。

ただ、私も含めてアジア圏の方は南米の方々に比べるとまだ浜松の滞在年数が浅いことが多い。これから大変だけれども頑張っていきたいと思う。

 

●今回で任期を終えてしまうが、この経験で今後も協力できることがあればいつでもしたい。

会議では活発に意見交換が行われるよう、こうした会議に出られる人が後に続くようになれば良いとおもう。そのためにはまず日本語能力を高める必要がある。

浜松市の方にも積極的に日本語教室を提供、協力をしてもらえるとありがたいと思う。

 

●例えば、「これまであって、当たり前」と思っていたゴミカレンダーひとつとっても、委員になったことで作り手側の苦労を知った。

情報をどうやって発信したら周知できるのか?翻訳の必要性、やさしい日本語の示し方など。

そういうことを知れたので、委員になってよかった。

今までは受け身だったけれども、委員をやってみたことで勇気が出て、今年は子どもの幼稚園の役員をやっている。いい経験になった。

 

●外国人のことについて考える会議を設置してくれて、浜松市にとても感謝している。まだ今は一人前として浜松市に貢献できることは少ないと感じている。これから定住して、もっと貢献できるようにがんばっていきたい。

 ・・・

これら、委員の皆様のお声を伺いまして提言にあるとおり、

「外国人はいつも情報の受け手」という立場でなく、「どうしたら社会参画できるのだろうか」「自分にもできることはあるだろうか」ということを真剣に考えている人たちの思いを改めて知りました。

傍聴へ伺って良かったです。

委員の皆様、2年間おつかれさまでした。

 

・・・

ところで、市役所1階は、井伊直虎一色です♪こちらも地元、盛りあげていきたいですね。

IMG_6239

IMG_6241

IMG_6242

 

【ご報告】第3回 タガログ語教室

2月4日(土)タガログ語教室が行われました。

身体の部位を歌を使って覚えました。

手遊び歌のようなものでしょうか。

IMG_5912

 

さて、この日のテーマはタガログ語日常会話と、さらに季節のテーマ「フィリピンのバレンタイン」を紹介しました。

そして後半は「ポムポムズ」の手作りに挑戦!

先に完成品から

 IMG_5918

これは一体、何につかうのでしょうか?

作り方を見てみましょう。

必要なのはコレ(毛糸)とハサミ(奥に見えます)、

IMG_5915

そして、コレ(厚紙)を使います。

IMG_5914

 

厚紙に毛糸を巻き付けて・・・

 IMG_5916

IMG_5915

 

最後に毛先カット♪

IMG_5917

 

完成~

IMG_5919

正体は、Bookmarkでした。

 

最後に、この日ご参加くださった皆様の感想を少し紹介します。

・知らなかったフィリピン文化のことを知りました。ポムポムズづくりが楽しかったです。

・文化背景を知れたので楽しかった。この教室はフィリピン出身の先生なのがいい。

・とてもよかったです。家族や親族をとても大切にするフィリピンの人たちの温かい気持ちに感動しました。

・勉強になりました。

・フィリピンの文化を知ることができて、よかったです。

・文化の違いをしることができました。基本文型をいくつか覚えることができました。

 

皆さんのお声から感じられることは「言葉を学ぶと同時に文化的背景を知ることができてよかった」ということのようです。

どうもありがとうございます。

 

次回は3月4日(土)10:00~12:00@南部協働センターです。

詳細はこちら。

タガログ語教室チラシ(新)

よろしくおねがいします。

【ご報告】支援の方法も変わってきました。

受験生の作文面接クラスです。

こちらの生徒のノートの下に挟まっている緑の薄いもの、見えますか?

何だと思いますか?

 IMG_5945

クローズアップ↓

 IMG_5945

タブレットです。

作文を原稿用紙に書き終えたらそれを写真で撮り、先生に送ります。

クラスの時間内に送る子どももいますし、帰宅してから書き終えて先生に送る生徒もいます。

 

送られた作文を添削する講師

メールでの受付となると24時間体制ですが、対応しています。

IMG_5942

 

作文も面接もすべてに手を付けようとすると膨大で途方に暮れます。

まずは基本的な「将来について」の作文が書けるようになれば必然的に「高校でがんばりたいこと」に繋がっていきます。

作文で書けるようになったことは、面接で聞かれても答えられるようになるはずです。

受験まで限られた時間ですので、新しいことに手をつけずに。

何度も丁寧にひとつの質問「将来の夢」から「どうして?」「なぜ?」を追及して書き足しています。

研磨を重ねた文章(書き終えた子どもから)は、何度も音読して覚えます。

自分のことについて書いた文章は宝物ですね。

 

 〇2月11日(土)模擬試験(作文)

IMG_5974

 

今週金曜日から県立高校の願書受付開始です。

まもなくです。

【ご報告】グローバルフェア

2月12日(日)HICEグローバルフェアがありました。

私たちも終日、色々なイベントに参加しました。

①ダンス

インフルエンザや風邪が流行っていて、前日になり予定していたメンバーが参加できない事態が発生しました。

チームワークで人数を補填して乗り切りました。

前日にも関わらず新しくダンスに参加したメンバーが本番をこなせるのは、すごいことです。

 

▼練習風景

IMG_5964

▼当日

IMG_6005

IMG_6015

 

②ブース

お立ち寄りくださった皆様、ありがとうございました。

IMG_5990

IMG_5993

 

③写真で語る私の歴史(関連)

IMG_5983

 

クリエート浜松全館、色々な国の文化に染まりました。

 

 

【報告】地域社会をつくる「ことば」の教育とは

1月28日(土)地域社会をつくる「ことば」の教育とは

神吉宇一先生(武蔵野大学大学院言語文化研究科准教授)にご登壇いただきました。

IMG_5688

講座は、「僕の目標は”教えることにこだわらない人が増えること”」というお話からスタートし、さまざまなアプローチを経て、またこのことに帰結しました。

 

まず、今の社会現象、情勢を踏まえて2つのことが話されました。

一つ目は日本の人口減少について、

「自然に人口減少していくという事態については、歴史上未経験」ということ。

二つ目は、在留外国人数は経済の動きと比例して増えているという事実。

 

つまり、「前例がない事態のところへ外国人が必ず増えていく」ということを、これから私たちは経験していくことになります。

 

日ごろから「多文化共生」「異文化理解」「国際交流」といった分野で活動している私たちはとても気づきにくいことなのですが、日本はこういったキーワードとは無縁に生活している方が圧倒的に多いです。

今から少しずつ、一人でも多くの定住外国人と日本人とが交流できる場を提供し、互いが拒否しないような未来に向けて準備をしておきたいと改めて思いました。

 

このことについて、いくつか活動の実例をご紹介くださいました。

その中で、当会の青年クラスのこともご紹介させてただきました。

FN青年クラス 家電量販店での活動

IMG_5694

 担当者「生徒も楽しそうだけれど、実は私も楽しい」

先生「企画者が楽しい、とてもいいことだよね」

 

さて、先生からは「日本語を教えることから一歩進める必要性」についてもお話がありました。

一歩進めると、教えるではなく「学ぶための支援」という視点になります。

 

そのために、支援者は目的に沿った仕掛けづくりのためのスキルアップが必要になりますし、

その支援者と学習者の関わりを支える行政レベルでのリソースセンターの存在も欠かせません。

 system

そうした環境としての支えが一貫してあり、「経験から学び、振り返り、途切れないサイクルを動かす場」を提供できれば理想的です。

このサイクルの中で、互いの関係を継続し、気づきを得ること…

そして常に存在し続けることができれば、サイクルの中で地域の課題を改善に導く機会も得られます。

 

「また皆といっしょに、たのしくやっていこう」

勇気を分けてもらいました。

 

最後に、参加者のみなさまのお声を一部ご紹介します。どうもありがとうございました。

・具体的な活動例を知ることができて良かった。最近の外国人施策の事情を知ることができて良かった。

・先生のお話は分かりやすくて、とても勉強になりました。日本語教育に関してはあまり詳しくないですが、色々ヒントをいただけた気がします。自分自身も楽しみながらやっていきたいです。

・わかりやすい内容でとても勉強になりました。「楽しく、おもしろく」活動を続けていきたいと思います。

・事例が参考になった。

・日本語教室の役割、「地域づくりの観点から社会全般でコミュニティを取ることが大切」「拠点(接点)の必要性」「地域住民の力を発揮する必要性」といったKEY POINTについて学んだことがよかった。

・これから、私も経験を通して学びたいです。活動に参加します。

・日本語教室に新しい視点が持てた。

・エネルギーをもらいました。何かやってみよう!という気持ちです。また、少し逸れますが日本語教育の関係ではなく自分が所属している別の活動でリーダーを務めています。そこでの問題解決に“ものすごく”良い影響がありそうです。ありがとうございました!!

・日本語教師(支援者)は学習者(地域在住外国人)と地域とを結びつける役割を担っていることを改めて感じた

・日本語教育が社会にいかに重要な役割を持つか実感しました。

・体験型の日本語教室の例をたくさん挙げられていて、とても参考になった。日本語を教えるために〇〇するという発想ではダメだということも良く分かりました。

IMG_5701

 IMG_5705

IMG_5702

 

 参考

この日の講座について、「2016年度外国人集住都市会議とよはし展示パネル」でご報告しました。

2016年度外国人集住都市会議とよはし展示パネル

 

【報告】青年 キャリアプランニング

1月28日(土)の青年クラスでは、「自分の未来について」考えてみました。

「未来」と言っても、極端に言えば明日も「未来」ですし、高齢になっても「未来」ですし、端的に答えるのは難しいことです。

「今の若者は夢がない」と言われますが、「将来の夢は?」という質問にズバリ答えるのは結構難しいことだと思います。

聞き手も聞かれた側も「将来の夢=仕事」という暗黙の理解があるような気もします。

 

でも、「こんなことをやってみたいなぁ」「こんな生活にあこがれるなぁ」と、なってみたい自分を想像することなら、誰でも簡単にできるかもしれません。

さぁ、今からちょっとずつ未来に向けてハシゴをかけていきましょう。

来年はどんな自分が想像できますか?

10年後、20年後…40年後はどうかな?

キャリアプランニング(青年クラス) - コピー

男の子は「車を持っている」「仕事を正社員でしている」「社長になっている」「家族を養っている」

女の子は「結婚して、家族がいる」「子どもがいる」

という内容が多かったです。

そして2057年、今から40年後には「楽しく、落ち着いた老後を送っている」という答えが共通して目立ちました。

ここで気づいたこと・・・

日本は中高年の皆さんがまだまだ社会で活躍されています。

フィリピンは50代には現役を引退して、ゆっくり家族(それも大家族)とともに過ごしたいと考える方が多いようです。

将来に対して描くイメージは、生まれた国、育ってきた環境により違うものなのかもしれません。

さて、みなさん書けましたか?

IMG_5717

IMG_5722