【教室】Social Insurance at My-Number system(社会保険制度とマイナンバー制度について)/BAYANIHAN CLASS

BAYANIHAN『Social Insurance at My-Number system』

Oct.17th(SUN)

NAMBU KYOUDOU CENTER

13:30~16:30

Lecturer:  Mr. Masayoshi  KIKUCHI

                         Labor and Social Security Attorney

Entrance Fee: Free for Member (\500 for Non-member)

Application: Tumawag sa numero nasa ibaba 

☆ Maari pong tumawag at mag-tanong sa mga interesado magpa-alaga ng bata (Free) para sa mga nais mag-aral.

 

バヤニハン日本語教室のお知らせ

10月11日(日)

社会保険制度とマイナンバー制度について

13:30~16:30

南部協働センター

くわしくは、チラシをご覧ください。

10月11日 社会保険について チラシ(日タ)

 

 

【活動】10月17日(日)サンバフェスティバル 練習も大詰め「MAGLALATIK」

10月17日(土)「浜松カップ フェスタ*サンバ2015」が開催されます。

(日ブラジル外交関係樹立120周年記念事業)

私たち、フィリピノナガイサも市民チームとしてパレードに参加します。

 

さて、この写真から出場する際の内容が少しわかるでしょうか?!

 MAGLALATIK1

フィリピンの伝統的ダンス「MAGALALATIK」というのを、ご存知ですか。

 乾燥させたココナッツの殻を体の部位に身に付け(手のひら、胸、背中、腰、膝など)、

身にまとった殻を、手のひらに持った殻で音楽のリズムに合わせて打ち叩くダンスです。

サンバフェスティバルでは『フィリピノナガイサオリジナル振り付け』とヒップホップを組み合わせた、

新しい踊りを披露します。

どうぞ、ご期待ください。

 

★フィリピノナガイサ出場時間、場所

10月17日(土)11:55~12:05

ザザシティ中央館前(鍛治町通り)

 

サンバフェスティバルについては、コチラをご覧ください。http://hamamatsu-samba.jp/

 

【お知らせ】ワールドクラフトフェア/はままつ多文化共生MONTH事業

浜松市外国人学習支援センターのイベントにおいて、フィリピンの手芸体験ができます。

浜松市は10月を多文化共生MONTHとし、
この期間に開催されるたくさんのイベントを通じて、
多文化共生都市・浜松を盛り上げています。

そのひとつに、下記、ワールドクラフトフェアがあります。

フィリピンはじめ、ブラジル、インドネシア、日本の
手芸が1回100円で体験できます。

お子様から大人の皆様まで、どなたでも楽しめる
イベントです。

ご興味のある方は、お立ち寄りください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ワールドクラフトフェア
日時:10月3日(土)13:00~16:00
会場:イオンモール志都呂 専門店街3階
参加料:100円(1種類・1回)
申込:不要 お気軽にお立ち寄りください。
問い合わせ:053-592-1117(U-ToC)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

チラシ ワールドクラフトフェア

【呼びかけ】「Notice for School Admission・nyugaku tsuchi-sho」/「新一年生 入学通知書」について

★2016年4月、1年生になるみなさんへ「入学通知書」

Para sa mga batang papasok sa unang baitang/ 1st Grade Elementary Abril 2016, 「Notice for School Admission・nyugaku tsuchi-sho」

 

★新一年生の申し立てが終わった方は12月ころ、入学に関する案内が封筒でとどきます。入学式まで、捨てないでください。

Sa mga tapos ng magpatala, sa buwan ng DISYEMBRE may matatangap kayong sobre impormasyon sa pagpasok sa paaralan huwag po ninyong itapon ito hanggang sa Abril  araw ng entrance ceremony

 

・・・・・

●封筒の中には、この緑の字で書かれたハガキが入っています。

Ang sobre na ito ay may laman postcard nakasulat sa green na mensahe.

 

●このハガキに書いてあること

Ang nakasulat sa postcard

 入学通知書 おもて

①整理番号

 Reference Number

 

②入学児童指名

  Pangalan ng batang papasok

 

③入学指定校・・・必ずこのハガキに書いてある学校へ入学させてください。

Ang postcard ay Notice for School Admission nakasulat dito ang paaralan na papasukan

 

 日本では、基本的にお住まいに対して、学区が決まっています。

Sa bansang Japan, .ang bata ay papasok sa paaralan nasasakupan ng distrito kung saan kayo naninirahan..

 

④入学期日・・・入学式の日は、裏面を見てください

Nakasulat sa likod ng postcard ang petsa ng admission at Entrance Ceremony

 

・・・・・

 入学通知書 うら

・受付時間は学校によって異なります。学校説明会等での案内に従ってください。

Ang oras po ay mag-kakaiba ito ay depende sa paaralan. sundin lamang ang napag-usapan sa orientation

 

1、この通知書を受領した後、入学指定校以外の通学区域へ住所を移動した場合は、新しい住所の指定校へ入学していただくことになりますので改めて通知書を送付します。

Matapos na matanggap ang postcard ng Notice for School Admission , kung lilipat ng bahay o address sa ibang distrito ng paaralan papasok , mangyaring ipaalam sa Board of Education upang ipaalam sa paaralan na papasukan para sa Admission Card.

 

2、入学指定校の変更を認める特別な事情については、教育委員会で基準を定めています。詳しくは下記の担当課までご相談ください。

Magbabago ng paaralan hindi papasok sa itinalagang paaralan , kung may espesyal na dahilan mangyaring makipag-ugnayan sa Board of Education

 

3、入学に際し、事前に確認を必要とする事項がある場合は、学校に直接お問合せください。

Tungkol sa pagpasok kung may kailangan ikonsulta o baguhin mangyaring direktang makipag-ugnay sa paaralan

 

4、経済的な理由により、学用品の購入や給食費の支払いなどでお困りの方は、お早めに学校にご相談ください。

Para sa pang-ekonomiyang dahilan, problema sa bayarin sa paaralan tulad ng pagbabayad ng mga gamit at pagkain sa tanghalian.mangyaring kumonsulta sa paaralan sa madaling panahon.

 

・・・・・

 

★このハガキは入学式の日、必ず持って行ってください。(なくしたり、よごしたりしないでください)

Ang Admission card o postcard na ito ay dadalhin sa araw ng Entrance Ceremony. (kaya’t ingatan huwag iwala at dumihan)

 

★紛失した場合は教育委員会で再発行を受けてください。

Kung nawala o hindi natanggap ang Notice for School Admission makipag-ugnayan sa Board of Education upang mabigyan kayo muli ng bago.

 

浜松市教育委員会 教育総務課 053-457-2406

HamamatsuCity Board of Education, Kyoiku Somu-Ka 053-457-2406

【呼びかけ】『For foreign parents School Preparation guidance(外国人保護者のための入学準備ガイダンス)

★Para sa mga batang papasok sa unang baitang/ 1st Grade Elementary Abril 2016.

『For foreign parents School Preparation guidance』

Oct.10th, SAT.10:00  ※Punctuality

Hamamatsu city hall 1F 101

 Para sa ibang detalye , tumawag o pumunta po lamang sa Hamamatsu Board Education Sodan Shien Center 7th floor, 053- 457- 2424

7F, 1-2-1, Chuo, Naka-ku, Hamamatsu-shi
 
Mon.–Fri. (except public holidays, New Year’s holiday period) 8:30–17:15

 

May Tagalog Interpreter na mag- aasist sa inyo .

・・・

★2016年4月、1年生になるみなさんへ

『外国籍の子どものための入学準備ガイダンス』

10月10日(土)10:00  ※時間厳守

浜松市役所北館1階 101会議室

詳細はコチラ

https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/shise/koho/koho/hodohappyo/h27/9/0702.html

【呼びかけ】「Until September 18・・・」 9月18日までに

2016年4月~2017年3月の間に7歳になる子どもは、日本では小学校1年生になります。

(2009年4月2日~2010年4月1日生まれの子ども)
Para sa mga batang papasok pa lamang ng grade1 sa Taon 2016 Abril ~2017 Marso

日本の小学校に入るためには「申し立て」というのが必要です。(外国籍児童)
 Ang pagpasok sa paaralan ng Japan ay kinakailangan po  iparehistro ang mga batang  hindi japanese nationality o dayuhang mag-aaral

9月18日までに「申し立て」が済むと、浜松市教育委員会から入学前の健康診断や入学式の案内が届きます
Ang pagpaparehistro ay hanggang September 18 Biyernes .
mula sa Hamamatsu Shi Board of Education ipapalam sa inyo ang tungkol sa iskedyul ng Medical Examination ng bata sa paaralan na papasukan

くわしくは、浜松市教育委員会、教育相談支援センターを訪ねてください。
Para sa ibang detalye , tumawag o pumunta po lamang sa Hamamatsu Board Education Sodan Shien Center 7th floor,
053- 457- 2424

7F, 1-2-1, Chuo, Naka-ku, Hamamatsu-shi
 
Mon.–Fri. (except public holidays, New Year’s holiday period) 8:30–17:15

 

通訳もいます。May Tagalog Interpreter na mag- aasist sa inyo .

 

 
 
 

 

 

【活動】10月17日(土)サンバフェスティバルのため、練習しています♪

10月17日(土)「浜松カップ フェスタ*サンバ2015」が開催されます。

(日ブラジル外交関係樹立120周年記念事業)

私たち、フィリピノナガイサも市民チームとしてパレードに参加します。

 

★フィリピノナガイサ出場時間、場所

10月17日(土)11:55~12:05

ザザシティ中央館前(鍛治町通り)

 

サンバフェスティバル詳細は随時、こちらにアップされていきますのでご確認ください。http://hamamatsu-samba.jp/

今月より、ダンスチームは練習を始めています。

乞うご期待!!

練習写真2

 

【お知らせ】「浜松市におけるフィリピン人コミュニティの現状と課題-日系人の増加を中心に」

10月17日(土)

静岡文化芸術大学において、「シンポジウム 浜松で考える多文化共生のフロンティア」が開催されます。

この中で、静岡県立大学国際関係学部国際関係学科准教授、高畑幸先生による

「浜松市におけるフィリピン人コミュニティの現状と課題―日系人の増加を中心に―」というテーマの講演があります。

詳細はコチラをご覧ください。

http://www.suac.ac.jp/news/event/2015/00739/

【報告】文化庁日本語教育大会へ行ってきました。

8月29日(日)

昭和女子大学で行われた、平成27年度文化庁日本語教育大会のポスター発表へ行ってまいりました。

発表資料はコチラです。

【発表用】日本語教育大会

 

【発表を見に来てくれた方と話したことや、いただいたコメント】
 
・ 浜松のフィリピン人動向などについて話した。
 
・ 沼津の外国人ではフィリピン人が一番多いが、なかなか核となって行政と協力するようなコミュニ  ティができない。青年層の動向なども共有した。静岡県内でのコミュニティ同士のつながり構築したい。
 
・ 外国籍の労働者の雇用のことなど研究している。浜松の調査も進めており、ナガイサとコンタクトを取りたいと思っていたところ、文化庁大会に出ていると知って来た。
  
・ 福島県でも青年層の動向は同じ。進路相談の苦労、受験資格のことなどを共有した。
  
 
その他、多くの方が、専門家のゲストとバイリンガル講師の組み合わせで行う授業について、興味を持って話を聞いてくれました。 特に税金の回についての関心が高いようでした。
 
「日本語学習」の割合についての質問がいくつかありましたが、「バヤニハン日本語教室」は地域社会への入口のような役割であることを伝えました。
 
コースの最後には、地域の他の教室を紹介してつなげる努力をしている、ということを付け加えて説明しました。
 
 
当会の発表を聞いてくださった皆様、お時間を割いてくださいましてどうもありがとうございました。
 
この大会をきっかけに、新たな連携を築いていければ幸いです。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
DSCF9180
 
 DSCF9181 
 
 
文化庁日本語教育大会