【情報共有 important】「フィリピンの教育制度」キンダー(日本の幼稚園でいう年長)も義務教育年齢に含まれまれます。

日本語は後半にあります。

お近くに該当の方がいらっしゃったら、

教えてあげてください。

 Nais naming ipaalam sa inyo
ang seryosong problema na maaring mangyari sa mga pamilyang galing sa Japan na nais bumalik sa Pilipinas. Ito ay ang sistema ng edukasyon sa Pilipinas na binago na sa “K-12” at kasama rito ang Kindergarten. Ito ay compulsory education o batas na ipinapatupad.  Hindi maaring pumasok sa unang baitang ng elementarya ang mga batang hindi nakumpleto ang kindergarten. Sa panahon ng pagbabago ng sistema ng edukasyon ay tiniyak ng Department of Education na may summer class sa mga bata na hindi nakumpleto ang kindergarten. Ngunit sa ngayon ang sistema ng summer  class ay hindi na ipinatutupad.
Sa katunayan mayroong kaso ng isang pamilya na galing sa Japan na umuwi sa Pilipinas. Ang kanyang anak ay hindi nag-aral ng kindergarten/yochien sa Japan. Gusto niyang ipasok sa unang baitang ng elementarya sa Pilipinas  ngunit hindi tinanggap dahil walang diploma na nagtapos sa kindergarten.
Para sa mga kaibigan o kabayan natin na nais umuwi ng Pilipinas ng dahil  sa Covid-19 kailangan na-icheck niyo muna ang paaralan na nais pasukan ng inyong anak.
 
~~~

 

日本からフィリピンに帰る家族の中で

深刻な問題になりそうなケースがあるので、

お知らせします。

 

フィリピンの教育制度が「K-12」へ変更になり、

キンダー(日本の幼稚園年長者)が

義務教育となりました。

 

そのため、キンダーを修了していないと

小学校に入学することができなくなりました。

 

制度の移行期間は教育省で

キンダーを修了していない子供対象の

サマークラスを開講して、

 

受講したら小学校1年生に入れるという

救済措置がありましたが、今は無いそうです。

 

実際に

日本からフィリピンに渡った家族の子供で、

日本で幼稚園・保育園(保育園でも可能です)に

通っていなかったばかりに卒園証明書がなく、

 

フィリピンで小学校に入れずに

困っている子供がいるそうです。

 

この場合の対処方法は、

日本で小学校に入学してから

フィリピンに渡れば、

小学校への編入はできるそうです。

 

今後はコロナの影響で、父親だけ残り、

母と子供はフィリピンに一時的に避難する

という家族が出てくるかもしれません。

 

周りで見かけたら教えてあげて下さい。

 

現地の情報・状況について教えてくださった

笠原先生、ジャニス先生、

ありがとうございました。

 

(報告)外国人を取り巻く労働問題/日本語教室には大切な役目があります

文化庁委託の人材育成講座

「外国人を取り巻く労働問題」を

実施いたしました。(後援:HICE)

 

講師で弁護士の高貝先生はじめ、

ご参加いただきました皆様、

どうもありがとうございました。

6.27,1 

先生には

・労働法の基礎知識

・新型コロナの影響によ相談事例

・労働問題と日本語(司法通訳の実際)

 

についてお話いただきました。

 

とくに「生活者としての外国人」にとって、

「労働法」に目を向けることは重要で、

 

現在300万人近くいる外国人のうち約半数は

働くために来日していること。

 

留学生については約9割が

コンビニをはじめとするバイトをしていること。

 

そうした背景から、

労働法と「生活者としての外国人」は

切り離せないものであることが

よくわかりました。

 1

ちなみに日本の場合、

労働法は案外キッチリと制定されているんだけど、

 

法律の存在を知らなかったり、

難しくて分からなかったり…

 

もっと困るのは、

権利として法律が存在しているのに、

企業の慣習として制度を使いづらいケースもある

ということでした。

 

たとえば、始業時刻は8:30なのに、

新入社員だから8:00前には行って、

掃除をしておかなければならないとか(><)

 

このような経験をされたことがある方、

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

外国人にはこうした不条理なことが

押し付けられやすく、

 

だからこそ、労働法を本人や支援者が

少しでも理解して機能する法律となるように、

声を掛け合っていくことは大事なのですね。

 

先生からは労働法の文言(原文)と本来の解釈、

そして起きやすい問題…

 

具体例を挙げながら、ご説明いただきました。

 

今日の参加者は

日ごろ、外国人に身近な日本語教育の関係者や

行政職員、議員さんたちが中心でしたので、

 

講座でお聞きした事例は

「似たようなケースを聞いたことがある」

ということで腑に落ちた、わかりやすかった

のではないかと思います。

 無3

また、法の解釈については

「なぜその法律が存在しているのか」

を先生がご説明くださったことで、

 

労働法をより意味のあるものとして

捉えることができました。

 

最低賃金や有給休暇、残業、

休日労働の定めなどは、

 

労働者が文化的な生活を送るために

最低限必要である

ということもよくわかりました。

 

さらに年金保険のところでは、

「年金加入させない会社」もあるけど、

 

定住・永住者たちのほうもこれまで

「年金加入したくない」と言ってきた

という実態も少なからずあり、

 

それが今、中高年にさしかかり、

大変な思いをしている人もいるということでした。

 2

今後、ますます増えていく外国人に対して、

そしておそらく長く日本に住むことも考えて、

 

当法人としても、

年金と保険のセット加入については

理解を深められるような機会を

作っていきたいと思います。

 

さて、新型コロナウィルスの影響で

寄せられていた相談ですが、

その内容から、

 

感染が徐々に拡大を始めた1月から今月まで、

どんどんフェーズが変わったこと感じました。

 

主に、 

3月~4月 感染の心配

4月~5月 雇用の心配

5月がピーク 生活資金の心配

5月がピーク 給付金(制度利用方法) 

 

…確かに当法人の心配も

月単位で変動していたと記憶しています。

 

今後も生活するうえで、

様々な心配、ご相談が寄せられるものと思います。

 

連携体制をきっちり取っていきたいです。

 

ところで、

本日の講座で大事なメッセージが2つありました。

 

★外国人に身近な存在である日本語教室は、

 「生活者としての外国人」に寄り添える

 存在であること。

 私たちが法律に関する

 基礎的な知識を持っていると、

 深刻な相談に至る前に抑止となったり、

 未然に防げたりする可能性があること。

 

★言葉を学ぶということは文化的背景も身に着ける

 ということなので、

 コミュニケーションの壁を

 低くする可能性があること。

 そうした場を提供できる日本語教室が担う役目は

 とても大きい存在であること。

 

ということでした。

 

講座の最後に拍手が沸き起こり、

温かく外国人を受け入れる体制があることを

大変うれしく思いました。

6.27,2

 

また、みなさんと知識や情報をシェアできるような

講座の企画に努めたいと思います。

 

改めまして、

高貝先生、ご参加いただきました皆様、

どうもありがとうございました。

【公開講座】6月27日「外国人を取り巻く労働問題」

みなさん、こんにちは。

 

オンライン会議システム「zoom」ユーザーが

急増中の今、

 

当法人でもzoomにて参加できる講座を

計画しました。

 

日本語教育関係者のみなさま、

通訳者のみなさま、いかがでしょうか。

 

↓↓↓

「外国人を取り巻く労働問題」

6月27日(土)10:00~12:00

 

●労働法の基礎知識

●コロナの影響で、

 外国人労働者から寄せられている相談に

 どんなものがあるのか

●司法現場で通訳士は欠かせませんが、

 バイリンガルの場合、

 どんな能力や資質を求められるのか

 

これら、弁護士の高貝亮先生に

お聞きしてみましょう。

参加は無料です。

 

お申し込みは、

filipinonagkaisa@yahoo.co.jp

 

メッセージに

「お名前」「ご所属」「ご連絡先」

「6月27日希望」を記してください。

 

申し込み後、参加URLをお伝えします。

 

詳細はチラシをご覧ください。

6月27日_page-0002

文化庁より

「生活者としての外国人」のための日本語教育事業

の委託を受けて実施します。

 

主催:NPO法人フィリピノナガイサ

後援:(公財)浜松国際交流協会

 

 

 

 

令和2年度 文化庁委託「生活者としての外国人」のための日本語教育事業

下記のとおり文化庁ホームページにて、
今年度の採択団体が公開されました。
 
当法人の名称も掲載されています。
よろしくお願いいたします。
 
 
○プログラムA事業名
 
 
○令和2年度「生活者としての外国人」のための日本語教育事業 地域日本語教育実践プログラム

Webメディア「ganas」に掲載されました。

このたび、NPO法人開発メディアさんが運営されている

途上国に特化したwebメディア「ganas」 より、

 

当法人が臨時休校期間中に行っていた

オンライン支援について取材を受け、

記事にしていただきました。

 

こちら

 

フィリピノナガイサの取り組みや

外国人の子どもの休校中の学習状況、

オンライン学習支援の様子、

今後の課題や展望などについて、

 

国内の外国人とあまり関わりのない人たちにも

具体的にイメージできるよう、

やさしく伝えてくださいました。

 

ご覧いただければ幸いです。

 

【重要】フィリピノナガイサの新型コロナウィルス感染拡大防止対策

当法人の対面での活動は6月6日から、

再開します。

 

2月22日を最後に、

対面での活動は休止しておりましたので、

 

皆さんにお目にかかるのは実に、

3か月以上ぶりになります。

 

再開に際し、当法人では以下の対策を講じます。

FNコロナ対策_page-0001 FNコロナ対策_page-0002

 

 FNコロナ対策

 

この中には、

皆さまにご協力いただかなければならないものが

いくつかあります。

 

ぜひ、お越しになる前に

ご一読のほどお願い申し上げます。

 

最後になりましたが、

今年度事業のチラシができあがりました。

 

(ハロハロクラス)

ハロハロチラシ

  

新型コロナウィルスには最善の注意を払って、

慎重な行動、できる限りの予防に努めます。

 

その中で皆様にお目にかかれるのを、

楽しみにしています。

 

よろしくお願いいたします。

オンライン最終日(小学生クラス報告)

ずいぶん暑くなってきました。

画面越しに見る子供たちも半袖です。

 

さてオンラインレッスンは、

いったん本日で一区切りです。

 

今日は「お菓子の箱」から、

いろいろなことを勉強しましたね^^

 

さぁ子供たちよ、お菓子を持って画面前に集合~

いっせーのーせっ!!

菓子箱

 

あら、偶然^^

ジュースを持っている人が二人もいました!!

コーヒーの人もいましたね。

 

これらの共通点は…?

 

先生としては

「のみもの」って答えてほしかったんだけど、

なかなか子供たちから出てこない(汗)

 

スタッフ総動員で迫真の演技!!

ONE TEAM、ありがとう^^;

のみもの1

のみもの2 

 

先生たちのお腹がチャポンチャポンになる前に

子供たちから答えが出てきてよかったです^^;

 

ところで、

リンゴジュースのほうは450ml

オレンジジュースの方1000ml

と書いてあるようです。

 

読めますか???

 

「よんひゃくごじゅう みりりっとる」

「せん みりりっとる」

 

数字と単位をしっかり

声に出して読んで確しましょうね。

 

このオンラインレッスンでも、

4桁ずつ区切るの術」で

数字の読み方を勉強しましたね。

復習です。

 

それから、低学年は

「くだものの名前」を勉強した日がありました。

これも、思い出してください。

くだもの

 

 

おや、次はjerryを持っている子がいますね。

ジェリーじゃなくて「ゼリー」です。

カタカナで書けるかな?

 ゼリー2

 

どんどんいきましょう~

賞味期限についても勉強!

おなか壊さないように、重要です。

見てみましょう。

 

年月日の順番

数字、読めるかな(6月8日→ようか)

これも声に出して読んでみましょうね。

賞味期2

 

最後にお待たせしました!

浜松が誇る銘菓

「unagi pai」持っている子がいました♪

 

これ、書いてみましょうね。

さぁ、ひらがなでしょうか?

カタカナでしょうか???

 

みんなで確認です。

うなぎパイは「ひらがな」と「カタカナ」

両方使いますよ^^

うなぎぱい2

書けた!!

ここでタイムオーバー( ;∀;)

 

オンラインが終わって、

それはそれでちょっと寂しい・・・

という子もいたようですが、

 

来週から、

また勉強をいっしょに頑張りましょうね。

 

今日までオンラインのサポートをしてくださった

保護者のみなさま、

スタッフのみんな、

おつかれさまでした。

 

今後、また何が起こるかわかりませんが、

私たちはいつでも、

浜松に住むフィリピンの人たちのために、

思いつくことをいっしょうけんめい

やっていきたいと思います。

 

フィリピノナガイサの「Nagkaisa(ナガイサ)」は

「ひとつになる」という意味で

「仲間」という思いが込められています♡

 

それでは!!

paalam~

 

ウォロ「市民活動総合情報誌」に掲載されました

こんばんは。

 

このたび「ウォロ」という

市民活動総合情報誌に当法人の活動が

掲載されましたので、ご報告いたします。

uloro

100816293_679203519599589_7636686228653342720_n 101547115_679203572932917_1485903451413020672_n

 

「地域のフィリピン人が集まる場所を上手に利用し、

接点をつくること」

「日本人と外国人の顔の見える関係づくり」

 

などについて、書かれています。

オンラインは残すところ、あと1回(小学生クラスの報告です)

こんにちは。

生徒のみなさんに会うことができない

「つなぎ」として始めたオンライン。

 

6月から通常授業を再開しますので、

あと1回となりました。

 

5月にはじめたときはみんなドキドキ。

今日は4回目でしたが、やっと緊張もほぐれて、

皆の声が出てきたところです^^;

 

6月からはみなさんに直接お会いできるのを、

楽しみにしていますね。

 

さて、本日の報告です。

 

(低学年)生活科「まちたんけん」

わたしたちのまちには、どんなものがあるかな?

ガソリンスタンド こうばん コンビニエンスストア しょうぼうしょ じんじゃ ちゅうしゃじょう ぱんや ほんや ゆうびんきょく りはつてん

浜松市教育委員会の家庭学習支援動画を見ながら、

たくさん日本語を覚えました。

さぁ、ひらがな・カタカナも読めるでしょうか。

けいさつかん

 

 

(高学年)理科「季節と生物」

 

日本の季節をおぼえましょう^^

0002

ところで、

生物(虫、動物、花)は季節が変わると、

どうなるのかな?

おたまじゃくしからかえる

ほかに

「桜は春きれいだけど、夏になると葉だけになるね」

という話もしましたね。

 

これら、

色々な生物をよく見て調べることを「観察」と言います。

観察するときに使う道具の名前も

おぼえましょう。

 

0007

みなさん!!これは気を付けてください。

「むしめがね」「そうがんきょう」を使って、

絶対に見てはいけないものは何ですか?

「太陽」

taiyou

 

ほかにも観察するとき、学校ではこんな道具を

使いますよ。

温度系

 

これもおぼえてほしい言葉!おまけです。

温度「計」は、温度をはかるもの。

みなさんが今、毎日はかっているものは?

…「体温計」

 

0009

 

今日の小学校クラスでは、

生活科や理科の勉強を使って言葉をたくさん覚えました。

 

量が多くて大変ですが、みんな画面を見ながら、

声を出していっしょうけんめい読んでくれました。

お母さんたちもサポートを、

ありがとうございました。

 

浜松市は段階的に学校が始まっています。

がんばりましょう。

 

低学年写真(名前なし)

高学年写真(名前なし1)

高学年写真(名前なし2)

本日のオンラインレッスン報告

本日のオンラインレッスンの内容報告です。

 

★低学年クラス「時こくと時間」

無題 無題2 無題3

 

大人になると「時刻と時間」の言葉の定義の違いを

あまり気にせず生活していますが、

子供達は学校できちんと教わっています。

 

★高学年

「静岡県の土地はどのように使われているのか」

 

IMG_0238 

地図帳を見ながら、

ピンクは「果樹園」、黄色は「市街地」

無題1

 

市街地(黄色)は、

「新幹線」や「高速道路」が通ってるよ~

など、語彙を増やしていきました^^

 

地図帳って、よく見ると奥が深くて楽しい♪

 

・・・

 

位置関係も覚えましょう。

0002

0005

0006

このフィリピノナガイサ

オリジナル「方角」教材は、

ちょっと自信作です^^;

 

「中区」を網羅しているのがポイントです!

 

 そして、

やっぱり7区、全部覚えてほしいな。

0007

覚えた東西南北を使って、

⑤まではすぐにできました。

 

でもなかなか⑥と⑦が出てこない(><)

 

ヒント

⑥はフィリピン人が一番多い区だよ

⑦はみんながBBQでよく行くところだよ~

 

すると、子供達の画面の横あたりから、

「あたご」ぼそぼそ、「あたご」ぼそぼそ…と

お母さんたちの声が(゚∀゚)

 

思わずこちらも、

「おかあさーん、あたごって何区ですか~」と、

姿の見えないお母様たちに呼びかけてしまいました(笑)

 

IMG_0237

 

オンラインは楽しいですよね。

子どもの勉強に親が興味を持って参加するって、

親子にとって、とてもいい時間だと思うんです♡

 

ついにはお母さん方からも

「先生、今日の教材を送ってください」って

頼まれちゃいました。

 

はい、上記公開しましたのでご覧ください^^

 

★中学生クラス「部活動について」

IMG_0233

IMG_0239

 

こちらのクラスは、NHKの取材を受けました。

その様子は「こちら

 

★16歳以上「生活漢字」

IMG_0240

IMG_0235

 

・・・

 

みなさん、本日もおつかれさまでした。

 

オンラインはあと2回。

6月6日からは

南部協働センターでの授業が再開になります。

 

新しい生活様式に十分気を付けて、

準備したいと思います。

浜松市の新しい生活様式

新しい生活様式英語 新しい生活様式日本語