(報告)調査の手法から考える「生活者としての外国人」のニーズを基盤とした地域日本語教育

このたび、緊急開催!ということで公開講座「調査の手法から考える(「生活者としての外国人」のニーズを基盤とした地域日本語教育)」を実施しました。

講師は静岡県立大学国際関係学部教授・高畑幸先生です。

ところで、高畑先生からご参加者26名には事前にアンケートのご協力をお願いしていました。「今回、フィリピノナガイサの講座に参加するのは何回目ですか」の問いに、約半数の方が「はじめて」とご回答くださっています。

講座開始時の自己紹介では、全国から、さまざまな背景を持つ方々が、それぞれの現場ごとに課題意識を持って、ご参加いただいていることも伝わってまいりました。

日本語教育関係者(教師、ボランティア、日本語学校経営者)、自治体や国際交流協会の職員、大学教授、大学生、外国人雇用コンサルティング会社経営者、そして海外からのご参加も複数名…新しいつながりに感謝いたしますm(__)m

さぁ、内容のご報告です。先生からは冒頭、「本講座の目的として、『生活者としての外国人』が日本での生活をより充実したものにするために行う日本語教室というものがあり、そこにはどんなニーズがあるのか?それらを知るための調査の方法や気をつける点などについて学びます」というお話がありました。

一つの事例として、1990年代に先生が名古屋栄東地区のフィリピンコミュニィに関心を持ち、2000年代に入ってからは同地区の日本人を対象に外国人住民の地域参加に関する意識調査をしたこと、その調査をきっかけに、地域全体が共生社会に向けて動いていき、行政と地域組織、フィリピンコミュニティが連携した「共生事業」が根付いている…そのような話をお聞きしました。

この地区のフィリピンコミュニティであるフィリピン移住者センター(FMC)では、フィリピンの方々の生活や抱えている課題など、色々見えてきたのだそうです。(キーワード/「ラポール形成」「参与観察」「ゲートキーパー」)

その後、栄東地区の日本人住民を対象に意識調査をする必要を感じて、町内会長さんに協力のお願いに行ったそうですが、最初は「この人だれ?」というご反応だったとか。

けれども調査後、「数字として結果が表れる」というのが一つの説得材料になり、町全体が動いていった!と。

こうした実例を伺うと、大変励みになります。興味深くお聞きました。

また、調査実施前に町内会長さんたちと話しながら、先生が「もともと日本人住民も、”なんか最近、外国人増えているよね。何か一緒にできないかな”ということをぼんやりとでも思っているのでは?」と予想を付けていたからこその行動力と結果だったのだとわかりました。

調査の結果は当時、中日新聞にも取り上げられ、両者(フィリピンコミュニティと自治会)の声が社会の中に「見える化」されました。これにより、あらたに「行政(中区まちづくり推進室)」が加わり、互いの関係性が続く仕組みができたことも必見です。

★栄東まちづくりの会(こちら)…高畑先生の調査後、町内会等の地域組織から代表者を出して結成された。活動の目的のひとつが「外国人住民との共生」(2003年)。

★フィリピン人移住者センター(FMC)…日本で暮らすフィリピン人を支援し、社会・文化・経済・政治的地位の向上を目指すとともに、日本内外の他団体と連携しながら、フィリピン系コミュニティと日本社会との良好な関係を築くことを通じて多文化共生社会の構築を目指している団体です(代表:石原バージさん)。

それぞれの団体は長年にわたる多文化共生の活動が評価され、2013年と2015年に愛知県知事から表彰されたそうです。また、今年はコロナ対策に向けた活動として、「FMC」の皆さんが同地区の飲食店で働く外国人にマスクを配布されたとうこともお聞きしました。

栄東地区での多文化共生事業については、ぜひ「こちら」の動画もご覧ください(制作:DiVE.tv)。

こうした先生のお話から、リアルな社会現象の中に自分たちも存在しているということを「まず、知ること」「関心を持つこと」から調査へ踏み出し、分析結果から、それぞれの現象の関係性を知り、必要な仲介を行うことができることも教えていただきました。

その他、調査の進め方や注意点などをお聞きしましたが、こちらはご参加いただいた方のみの特典として、本記事への掲載はここまでにさせていただきますm(__)m

「社会調査」について詳しく知りたい方は、「社会調査士」の認定団体である一般社団法人社会調査協会ホームページをどうぞ(こちら

全国で200以上の大学に社会調査士資格取得のためのカリキュラムがあり、ホームページではその大学の一覧が見られます。これは学生が「社会調査士の資格を取りたい」というときにも、自治体が「住民に向けた調査で地元大学の協力を得たい」という場合にも参考になるそうですよ。

さらに、社会調査について独学でもっと勉強を深めたい方は、甲南大学の「社会調査工房オンライン」のサイトにも調査のノウハウが書かれています。参考にしてください。

最後は恒例のご参加者と記念撮影をさせていただきました。本事業は文化庁委託にて実施しましたが、皆さまとともにこうした講座に参加した足跡を残すこともまた、次の活動に結び付きます。ご参加、ご協力、改めましてありがとうございます。

講座を改めて振り返りまして、先生から大事なメッセージを受け取ったと思います。それは、「調査をするということは、調査を受ける側の時間を奪ったり、調査内容によっては精神的苦痛を与えるようなものもあるかもしれない。そのことを常に頭に入れた態度と配慮をもって、調査に関わるように」ということです。信頼関係の構築、無駄のない聞き方の大切さから、これまで本事業がシリーズで実施してきた「やさしい日本語」に通じる点が非常に多いと感じました。

高畑先生、今回は大変貴重なお話を聞かせてくださいまして、ありがとうございました。Maraming salamat po.

「多文化共生社会」の防災・減災

地震、台風、大雨、洪水…日本は自然災害がとても多い国です。

そんな中、国内には300万人近い外国人が暮らしていますが、「自国との気候・起こり得る災害の種類の違い」を知らない人も多くいます。多様化が進む私たちの「地域の防災・減災への意識」は、従来のままで大丈夫でしょうか。

そこで、講座を一つ計画しました。参加費無料、定員90名まで、詳細は下記チラシをご覧ください。

本講座の第一部では、東日本大震災でのご経験から当時困ったことや、現在の住民の意識変化を共生社会の視点からお聞きします。(講師は仙台多文化共生センター長の菊地哲佳さん)

第二部では「浜松市災害時多言語支援センター」の取組をお聞きします。(講師は公益財団法人浜松国際交流協会HICEのキクヤマリサさん)

地域日本語教室はたいてい協働センター(公民館)を会場とすることが多いですね。こうした施設利用者は日本語教室に通う外国人のほか、地元住民もいます。

このように人々が集う場を捉えて、日ごろの教室活動で災害への備えとしてできることを今一度考えられるよう、ご参加者の皆様と共有したいと思っています。

日本語教育のご関係者はもとより、通訳・翻訳者、自治会の方、地域の方など。全国から国籍問わず参加をお待ちしています。(講座は日本語で行います)

お申し込みはメール( filipinonagkaisa@yahoo.co.jp )まで。「お名前」「ご所属」「ご連絡先」を記してお申し込みください。ご参加者には、12月15日ごろ、参加URLをお送りします。

よろしくお願い致します。

主催:NPO法人フィリピノナガイサ

共催:浜松市・(公財)浜松国際交流協会(HICE)

緊急開催!「調査の手法から考える(「生活者としての外国人」のニーズを基盤とした地域日本語教育

突然ですが…

2016年、浜松にて実施し、ご参加者の皆様から大好評だったこちらの講座。最近の外国人に関する調査をアップデートして、今度は全国の皆様にもご参加いただけるよう、zoomでの開催が決定しました!

★フィールドワークって、どうやるの?留意点は?

★アンケート項目って、どうやって決めるの?

★得られた結果をどのように分析したり、活用したりするの?

私どもは、在日フィリピン人のご研究に精通されていらっしゃる静岡県立大学国際関係学部の高畑幸教授に懇意にしていただいていますが、実は先生、専門性の高い知識を必要とする「専門社会調査士(一社・社会調査協会)」の資格もお持ちなんです。

近年、外国人を取り巻く社会的な動向は変化が大変激しいです。そのような状況においては、つぶさに調査する姿勢、現場に活かす行動力が求められます。

私たちも4年ぶりの勉強です。みなさんも一緒に参加しませんか。(参加費無料)

お申込みは、filipinonagkaisa@yahoo.co.jp まで。「お名前」「ご所属」「ご連絡先」「11/21参加希望」を記してお申し込みください。

お申込み後、zoom参加URLをお送りします。

(参加のお礼)今、地域に求められている日本語教育とは(浜松市の多文化共生施策から考える)

本日、人材育成のための公開講座、文化庁委託「今、地域に求められている日本語教育とは(浜松市の多文化共生施策から考える)」を実施しました。

講師として、浜松市国際課より古橋広樹様、文化庁国語課日本語教育専門職の松井孝浩様にご登壇いただきました。

古橋様には浜松市の多岐にわたる多文化共生の取組をお聞きしました。

松井様には、様々な施策や制度を知り、自分たちはそのどこに関わっているかを知ることの大切さ、そして「日本語教育」「日本語学習者」とは言うけれど、何を目的にしていて何を学ぶのかを考える必要性をお話していただきました。

オンラインにて開催したことで、遠くはカリフォルニア州から、そして全国各地から、50名近くの方々にご参加いただきました。

こうした市外の方々からのご質問には、同じく聴講いただいていた(公財)浜松国際交流協会(HICE)の職員の皆様にもご回答のサポートをしていただきました。みなさん、本当にありがとうございました。

後日、報告動画を本HPに掲載する予定です。お待ちください。

日系フィリピン人と浜松のつながり(報告)

10月15日(木)公開講座「日系フィリピン人と浜松のつながり」を実施しました。浜松市はフィリピン人が4,000人いますが、その中でも浜北区には約1,000人が暮らしています。この人たちの多くは日系フィリピン人であり、祖父母や曽祖父母が日本人で戦前にフィリピンに渡った子孫にあたります。彼らに「なぜ、浜北区に住んでいるの?」と聞くと、

「気候や地形が住みやすいから」「先に親戚や知人が多く住んでいて、日本の生活について教えてもらえるから」「赤電が通っていて、交通の便がいいから」「学校に通いやすいから(すでに親戚や知人が在籍、卒業していて小学校から高校までの道筋が見えやすい)」「大型ショッピングセンターが充実していて暮らしやすい」と言った声を聞きます。

さて、そんな日系人の方々のルーツや学校教育事情などについてお話くださったのは、元フィリピン日系人会の会長でもある足立ネルマさんです。この日はzoomで講座を開催しましたが、ご参加者よりチャットに寄せられた質問にも丁寧に答えてくださいながら、講座を進めてくださいました。

(第一部)日系フィリピン人の歴史

第二次世界大戦前のことです。フィリピンは日本人移民やその子孫が大変多く暮らしていました。彼らはダバオの密林を開拓し、アバカという麻を植えて生活していました。1904年~1941年、ダバオは日本人開拓者である日本人によって作られ、発展した町でもありました。

このような人々で17歳~43歳の人たちは戦時中、現地の招集兵として日本軍政につきました。戦争により、現地の人々が日系人に対する憎悪が深まったと言います。日本が敗戦した直後の10月、第一次帰還船がダバオ港に着き、日本人移民らは日本に強制送還されたそうです。けれども、日本の父親が領事館に出生届を出していなかったり、出生記録が戦争で消滅したりしたことで、日本国籍が確認できない人も多く、とくに混血二世は父親だけが日本へ。母親と子供はダバオに置き去りになり、一家離散というケースも珍しくなかったということでした。

混血二世の方々がフィリピン人の反日感情、憎悪を一身に受け、迫害や差別の対象になることもしばしばということが、歴史の中にあったそうです。

身を守るため、ジャングルの中に隠れたように生活するしかなく貧困をよぎなくされ、義務教育も受けられない現状がありました。

こうした実態に目を向け、手を差し伸べたのは日本の民間人や非政府組織の内田達男さん、網代正孝さんらでした。彼らは現地の調査をしたり、日本語教室や小学校・高校を設置。そして2002年にはミンダナオ国際大学を設立するに至ったとのこと。そして就籍活動においては、弁護士の河合弘之先生たちがお力を尽くされ、今では4500人以上の日系人が在留資格を取得して日本で働いています。就籍活動の詳細は、「認定NPO法人フィリピン日系人リーガルサポートセンター」のホームページをご覧ください。

(第二部)フィリピンの教育

フィリピンでは近年、「K-12」という教育制度を導入しました。これについては「フィリピン K-12」で検索すると様々に調べることができます。参考までに一つ、あるサイトをご紹介します。(こちら

用語の確認

言語が多岐にわたるダバオでは、小学校低学年のうちから「言語科目」が学年に応じて複数あります。母語であるビサヤ語、公用語であるフィリピン語、そして英語を低学年のうちに学びます。高学年になるとビサヤ語は科目に入らず、フィリピノ語や英語の学習時間が増えていきます。

高校生になるとより専門的なコースを選択するのですね。

さて、こうした学習項目の一連の流れと、学年ごとの特徴を教えてもらった後、「理科」について取り上げて状況をお聞きしました。授業は講義形式と実体験ということで、この点は日本と変わりがありません。しかし直面している問題点として、「実験室や教材の不足」を挙げていただきました。生徒数の多い公立学校では、選抜クラスの生徒が優先されて教材を使える環境にあるとのことでした。

それから家庭状況についてもお聞きしました。たいていのお宅は両親がともに働いており、子供の勉強のサポートはとてもできる状況にないそうです。子供たちは学校から帰宅しても両親の代わりに家のことをしたり、あるいは自身も稼がなければならなかったりと、家で勉強ができないということでした。

保護者の子供の教育への思いとして、「大学まで行かせたい」「自分の子供も海外で働いてほしい」「自分の老後はサポートしてほしい」「兄弟、姉妹の学費を払ってほしい」という願いを持つ一方、

親自身は子供の養育のために海外で働いて、離れて暮らしている。これにより、親は教育に熱心であっても子供はスマートフォンのゲームに夢中になりがちということも珍しくないいう問題が指摘されました。また、親は子供の職業に希望を言いますが、子供のほうは親の勧めた仕事に興味はないですし、何よりも「何をしたらいいかわからない」という現状もあるようです。

最後に、フィリピン国が目指す教育とは?「子供たちはいずれ海外へ出ることを想定している」「子供たちには技術を身につけさせて、海外へ送りたい」「多様な価値観を持つ教育をしている」ということでした。

ご参加者からは、「日系フィリピン人の直接のお声を聞くことができて、とてもよかった」「日系人の中でもフィリピンに関わる方々の歴史や教育については知らなかったので、知る機会を得てよかった」という好意的なご感想や、「フィリピンとひとくくりにせず、私立か公立かどちらで教育を受けて来日した可も視野に入れる必要がありそうだと思った」という気づきに至るご感想まで。様々なお声を頂戴しました。

足立ネルマ先生はこの講座のために、現地学校の諸先生方や生徒・保護者にヒアリングしてご準備くださいました。時間の関係でそのすべてをご紹介できなかったのはとても残念ですが、機会がありましたら第三弾を実施したいと思います。ネルマ先生、ご参加者の皆様、どうもありがとうございました。Malaming salamat po.

今、地域に求められている日本語教育とは(浜松市の多文化共生施策から考える)

公開講座「今、地域に求められている日本語教育(浜松市の多文化共生施策から考える」 10月24日(土)10:00~12:00 オンライン会議システムzoom  参加費無料

文化庁「生活者としての外国人」のための日本語教育事業では、地方公共団体が地域の実情を踏まえた日本語教育を推進することとしています。このことから、「地域日本語教室」に求められている役割は文字や文法、漢字といった言語としての日本語を教えるだけではなさそうです。 今回は講座を二部構成にしました。

【第一部】講師:古橋広樹氏(浜松市企画調整部国際課) 浜松市は2017年、欧州評議会の主導するインターカルチュラル・シティ・ネットワークに加盟しました。欧州を中心とした加盟都市と連携した知見やノウハウを共有し、また、多文化共生施策を積極的に発信しています。地域日本語教育関係者の皆様におかれましては必見です。
【第二部】講師:松井孝浩氏(文化庁国語課日本語教育専門職) 今年6月に閣議決定した「日本語教育の推進に関する施策を総合的かつ効果的に推進するための基本的な方針」では、「日本語教育の参照枠」を踏まえ、「生活者としての外国人」が日常生活を営む上で必要とされる生活上の行為を日本語で行い、言語・文化の相互尊重を前提としながら、日本語で意思疎通を図り自立した言語使用者として生活できるよう支援するため、標準的なカリキュラム案について、検証を行い、改訂を行う」とされました。まだ、ご存じない方はぜひお聞きください。

お申し込みは、 ①本イベントページから「参加する」をクリック または、 ②メール filipinonagkaisa@yahoo.co.jp 「お名前」「ご所属」「ご連絡先」「10月24日希望」 を記してお申し込みください。

本講座は、
文化庁委託「生活者としての外国人」のための日本語教育事業
主催:特定非営利活動法人フィリピノナガイサ
共催:浜松市
後援:(公財)浜松国際交流協会(HICE)

で、実施します。

日系フィリピン人と浜松のつながり

皆さんは、日本に「日系フィリピン人」が多く暮らしていることをご存じですか。その日系フィリピン人の歴史や現地での生活、教育、そして来日背景についてなどについて学ぶため、zoomで全国からご参加いただける公開講座を計画しました。講師は元フィリピン日系人会会長、元フィリピン日系人会インターナショナルスクール日本語室長、元ミンダナオ国際大学日本語室長、元フィリピン大学ミンダナオ校日本語講師、元南東フィリピン大学理科教師を歴任されている、足立ネルマ先生です。昨年も大変好評だったため、このたび内容を拡充して実施します。詳細はチラシをご覧ください。

「小学校の外国語教育と機械翻訳技術の融合」動画公開

こんにちは。

8月22日(土)ZOOMにて行われた公開講座の動画を公開いたします。

講師は神奈川県教育委員会指導主事の成田潤也先生です。

講座の様子は下記のブログでもお読みいただけます。

【「新時代の言語教育」小学校の外国語教育と機械翻訳技術の融合】

先生の「実践」による研究プロセスと裏付けから導かれた研究結果に参加者全員夢中になった講座でした。

ぜひご覧ください。

 

「やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション」動画公開

こんにちは。

8月29日(土)にZOOMにて行われた公開講座「やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション」の動画を公開いたします。

講座の内容については、下記で詳しくご報告しておりますので、ぜひご覧ください。

日本各地に広がりますように「やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション」

講座の資料も↑の一番下からダウンロードできます。

気付きの多い講座になっていますので、ぜひご覧ください。

 

無題

日本各地に広がりますように「やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション」

 こんにちは。

8月29日(土)元小平市職員、萩元直樹さんに、

当法人が主催する公開講座(人材育成)

にご登壇いただきました。

 

この講座は、フィリピノナガイサが

文化庁より委託を受け

浜松市共催、

浜北商工会・(公財)浜松国際交流協会

ご後援で実施したものです。

 

全国から

自治体職員、日本語教師、学校教諭、企業など。

80名近くの方々にご参加いただきました。

PDF_page-0001

さて、この講座の目的は、

 PDF_page-0003

 D-ダイバーシティ

I-インクルージョン

 

まずは、

多言語音声翻訳を気軽に使ってみましょう。

そうすると、見えてくる世界が広がります^^

 

イントロダクションとして、

浜松市の多言語対応の必要性と様子を

萩元さんのほうで事前に調べて、

資料に盛り込んでいただいたことも感謝です。

浜松市の多言語対応

100人に1人は浜松市の外国人

日本に暮らす約300万人の外国人を考えたとき、

約100人に1人は浜松市在住

という見方ができるんですね。

 

内訳を見ると、

89の国と地域から浜松市に集まって、

暮らしているということなのですが、

 

一般的に多言語対応の種類は?というと、

このような感じ。

多言語対応の種類

対応方法、ツールはいろいろありますが、

浜松市もこれに則って、

情報発信がされているのではないか?

ということでした。

 

浜松市のカナル浜松を例に

取り上げてくださいました。

PDF_page-0004

 

さて、

防災・減災として研究が進んだ「やさしい日本語」は、

今は行政の情報発信にも使われますし、

(参考:在留支援のためのやさしい日本語ガイドライン

民間でも広がりを見せています。

 やさしい日本語の役割

 情報収集としてのやさしい日本語

観光としてのやさしい日本語

実は今回、

当法人から萩元さんへのお願いの趣旨として、

 

災害時に困らないためには

「日ごろの交流、関係性づくりが大事」

だと思うけど、

 

その「日ごろ」の部分の広がりを

どうすればいいか?

 

ご相談しておりました。

 PDF_page-0008

このあたりのお話は、

 「地方創生、その手があったか!」を

キャッチフレーズに

「やさしい日本語」の普及を進めてきた

やさしい日本語ツーリズム研究会主宰の

吉開章さんにもお話をいただきました。

PDF_page-0006

PDF_page-0007

防災視点から始まり、情報提供、観光と

発展してきた「やさしい日本語」は、

 

withコロナ時代における今だからこそ、

「多文化共生的な視点で活用を見直せる」

とコメントを寄せていただきました。

 

さて、見直されるとよい

ということはわかっているものの、

いざ使ってみると、

やさしい日本語は難しい

という声も多く聞かれます(><)

 

通じたかどうかを確かめることができないと

こういう事態に陥りますね…

 

そこで、本日の講座の主役、

「多言語音声翻訳」の出番です!

 多言語音声翻訳

萩元さんが、小平市から

東京都オリンピックパラリンピック準備局へ

出向した際の気づきがすこいんです!

 

リオデジャネイロで、

実際に多言語音声翻訳を使って、

交流をしてきたそうですが、

 

「あれ?!やさしい日本語を使って入力すると、

もしかして通じるのかも!」という気づきが、

確信に変わったときの感動もお聞きしました。

 

 それがこの、現地での素敵なお写真の数々に

つながったのですね~

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0063 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0061 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0062

ちなみにこの時 使用したのは、

ボイストラ」だそうですよ。

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0068

こんなふうに、相手にも見やすいよう、

文字サイズも大きくして使うのがコツだそうです!

言葉以外でも相手を思った配慮、思いやり♡

大事なポイントです。

 

さぁ、

この気づきはさらに面白い展開へと進みます。

 

今度は小平市に戻った萩元さんが、

実際に多言語音声翻訳を使って

どんな活動をなさったのか、

お話してくださいました。

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0074

 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0077

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0081

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0082

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0086

 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0091 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0092

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0093 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0095

活動はそのままにせず、

毎回「振り返り」を共有することで、

各自が学びを「自分ごと」として

定着に変えている点にも注目です!

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0099

 

多言語音声翻訳を使えば、

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0169

おお、夢じゃない!

 

ところで、萩元さんが「オリパラ」開催を

とても大切にされていらっしゃるのには、

理由があるのです。

 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0178 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0179

 

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-021220200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0213

 

 20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0211

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0214PDF_page-0019

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-021620200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0217

 

ここまで来て、

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

萩元さんのお話は「社会教育」の観点で、

ものすごく

意義のあるお話をしていただいております。

 

というわけで、最後は最強の掛け算のお話!!

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0218

地域で交流が盛んになるアイディアを、

こ~~~~んなにいっぱい、

ご提案くださいました。

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0232

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0233

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0234

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0235

 

さぁ、みなさんだったら、

どんなアイデアが浮かぶでしょうか。

 

地域のコーディネート力が求められます。

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0239

 

最後に面白いお話。

浜松といえば、

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0242

そして、講師の萩元さんのお膝元である小平市の

彫刻家・平櫛田中さんのお言葉、

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)_page-0244

うん、なんか似ている!!

そんなメッセージを浜松でもしっかり受け取って。

今回は小平市と浜松市から全国に、

 

やさしい日本語×多言語音声翻訳で

グローバルコミュニケーション

の醍醐味を発信できたものと思います。

 

 全国の皆さんのところで、

実際の「交流活動」に結びつきますように。

私どもも、形にしなければ。

PDF_page-0021PDF_page-0022

PDF_page-0023

この日の資料はこちらです。

20200829 浜松市 やさしい日本語×多言語音声翻訳でグローバルコミュニケーション(講演用)

 

後日、この日の動画をアップします。

今しばらくお待ちください。