日本語は家族の呼称が複数あります(バヤニハン)・ハロハロ・青年クラス

土曜日です。

1週間、あっという間ですね。

さて、本日のご報告です^^

 

★ハロハロクラス

 

カメラ目線の子もいます♪

IMG_2850 IMG_2849

 

こちらは体を動かして勉強中^^

IMG_2851

 

おっ、ヒーローだね!!

IMG_2852 IMG_2853

IMG_2855 IMG_2856

 

★青年クラス

こちらは、みんな真剣。

IMG_2848

 

★バヤニハンクラス

まずは「先週の復習」から。

平日のFacebook非公開グループでの学習

(mラーニング)の成果、出てましたね~

無題2

みんな、動画を見てくださっているようで、

嬉しいです!!

 

宿題もバッチリでしたね。

IMG_2699

 

さぁ、今日の新しい内容は、

日本語独特の家族の呼び方。

 

他者に家族のことを伝える際に、

場面に合わせた言いかえを覚えておきたいもの。

 

おじいちゃん・おばあちゃん→そふ・そぼ

お兄さん、お姉さん→あに、あね

わたしの子供→むすこ、むすめ

など。

IMG_2818

ご自身のファミリーツリーを書き出し、

単語を声に出して、書いて覚えて、

フレーズ(自分について)にして。

IMG_2828

IMG_2836

IMG_2835

IMG_2821

IMG_2819

 

「うまく言えない、もう一回挑戦させて、お願い!」

というジェスチャーをして、

再チャレンジしてくれた方もいました。

 

2回目はうまくいって、聞いていた皆も

拍手っ!(^^)!

IMG_2831

IMG_2833

 

真剣に授業に向き合っている姿と、

最後のオフショット♡

このオフショットが皆から、

評判がよくて^^

 

「授業のこと忘れない」って

言ってもらえました。

 

本日、「自分が勉強になった」と思った

ハンドアウトを持って、黒板前にてパチリ^^

IMG_2830

 

来週も全クラスあります。

よろしくおねがいします。

【バヤニハン】文化庁「生活上の行為の事例」+α(アルファ)

こんにちは。台風が来ています。

西日本の方々、お気をつけて過ごしてください。

浜松の皆さまも、決して油断されませんように。

 

さて、今年度のバヤニハンクラスが始まりました~

(パチパチパチ)

 IMG_2689

開講にあたり、

内容をいろいろ考えてみたんですが。

 

例年、このクラスでは

「フィリピン人が生活で困っていること」を

テーマに取り上げておりました。

 

もっと言うと、

「できなくて困っている」ですかね。

(場面シラバス)

 

でも、皆に聞きますと、

「できなくて困る場面って少なくなった」

って言うんですよ。

 

★滞在年数が長くなり、なんとかなっちゃう

★スマホあるし、なんとかなっちゃう

★日本社会の側も寄り添ってくれる

★テーマによっては、

母国とシステムいっしょなので、

わかってます…

 

理由はいくつか考えられます。

これはこれで、いいことですよね。

 

でも、

「まだ自分は日本語ができないと思っている」

とも言うのです。

 

「まだできないと思っている」

を次のステージにどのように上げるのか?!

この課題は解決しないまま、

 

1990年の入管法改正以来、

地域日本語教室は歩んできたのかもしれません。

 

この状況って、

仕方なかったことでもあります。

 

非正規雇用で働く方が多く、

日本語教室に

継続して通うことが難しいという中、

すぐに役立つフレーズを丸ごと取り上げてきた。

 

そういう経緯なのだと理解しています。

 

でも、滞在年数のわりに

「できない」と皆が感じる理由はなんなのか?!

何を「できない」と感じているのか?

 

この思いを見過ごすわけに参りません。

 

実際、日本社会に接して

「できないと思われていること」が

事実としてあり、

それを痛感しているのかもしれません。

 

さて、それでフィリピノナガイサが

何をやっているのかと言いますと、

 

耳で覚えて、

実際使っている(しゃべっている)日本語を、

 

①読めるようにすること

②書き留めて定着すること

 

この2つを重点的に進めることにしました。

 IMG_2688

テーマを特に大きく

変更しているわけではありませんが、

進め方は少し変えています。

 

1回目は

★ひらがな「あ~さ行」 読みを中心に

★自己紹介のバリエーションを増やす

★災害の種類と避難に関する言葉を書き留める

 IMG_2673

 (使用教材、出典:静岡県)

 

「ひらがなを書く」については、

宿題を出しました。

 

結局、家でもやっいてただかないと

覚えられない…ということを、

皆で共有しました。

IMG_2698

 (平日は、非同期型のmラーニング併用します)

 

ご本人たちに納得してもらい、

理解してもらうことも、

教室機能としては大事な役目です。

 

次に、自己紹介では、

保護者会バージョンを取り入れました。

 

このクラス、

実は隣の教室で子供向け「ハロハロ教室」

をやっているんです^^

IMG_2699

 

子供の送迎のために自分も日本語を勉強したい!

という親御さんも多いんですね。

 

はじめまして。〇〇の父(母)です。

よろしくお願いします。

 ↑↑↑

「この挨拶が使えるようになるといい!」

と教えてくれたのは、

うちのバイリンガルスタッフたち。

 

先輩ママとして「大切」だと思った

フレーズなのですね。

 

そして自分の名前だけでなく

子供の名前を書けるようになりたい!

 

そう思っていらっしゃる親御さん

いっぱいいます。

 

ですから、

書き留めましょう。(シュワッチ)

 IMG_2665

 

最後に今月の心配ごと。

「台風」「大雨」による被害と、

避難時の意思疎通に使える会話を覚えました。

IMG_2668 

IMG_2672

(使用教材、出典:静岡県)

 

本日習った平仮名を、書き入れながら。

 

クラスでは

「みんなで勉強した」「楽しい」という思い出が

記憶に残るよう努めています。

IMG_2686

2回目以降も、どんな展開になるか、

とても楽しみです^^

 

・・・

 

最後に、もう少し追記。

皆の情報収集源は「SNS」!

 

そのため災害時の情報収集先として

(大使館情報のほか)

当法人のFacebook、

HICE、出入国在留管理庁、

NHKワールドジャパンのFacebookを

お伝えしました。

 IMG_2670

 IMG_2701

 

過去に県や市が様々に出した資料が

たくさんあります。

授業でも教材として活用していきます。

 

皆様、おつかれさまでした。

スマホ決済×フィリピノナガイサ

こんばんは。

今週は全国的に豪雨による被害が続いています。

被災された皆様にお見舞い申し上げ、

一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

さて、今日は土曜日。

いつも通り、日本語教室がありました。

 

ところで、

最近はスマホ決済が見直されていますね。

 

浜松市でもウィズコロナ時代の

新しい生活様式として、

 

金銭授受による接触が低減されると

いうことで提案されています。

(参考「コロナビ浜松」)

IMG_1669

 

スマホ決済は、

接触が少なくて安心!

還元があってお得!!

 

なのに、あれ!?

みんなあんまり知らないみたい…

 

ということで今話題の、

「がんばれ!浜松!対象のお店で最大30%戻ってくるキャンペーン」

の出前講座を、浜松市に依頼しました。

20200711_065438864_iOS (2)

 

授業でも使用した紹介動画やサイトは、

次の通りです。

 

【PayPay】
①浜松30%キャンペーンについて(7月31日まで)
https://coronavi.hamamatsu-pippi.net/202007011118/

②対象店舗に貼ってあるポスター
https://paypay.ne.jp/event/hamamatsu-city/

③PayPay(androidインストール方法)
https://www.youtube.com/watch?v=VZdO5g_P1lI

④PayPay(iPhoneインストール方法)
https://www.youtube.com/watch?v=86wQbXLv1TM

⑤チャージ方法(3つ)
https://paypay.ne.jp/guide/charge/#balanceCharge

⑥セブンイレブンチャージ動画
https://paypay.ne.jp/guide/start/

 

そのほか、本事業の日本語教師からも

スマホ決済時に店舗で使われる日本語を

教示しました。

IMG_1671

 

浜松市は身分資格での外国人市民が8割以上と、

生活者が大変多い地区です。

 

 そして!!

主婦も大変多いんです^^

 

ですから、事業主のみなさん!

 

★私たちのコミュニティはクチコミ力ありま~す

★もし接客時に言葉に困ったら、

 「ボイストラ(無料アプリ)」を

 使ってみてくださ~い

 

ぜひ、フィリピンのみんなに

お店の新規開拓をしてもらい、

 

安全にお得に買い物を楽しんでほしいと思います♪

 

ちなみにこの講座、皆の反応は上々!

その場でほぼ全員が、

ペイペイのインストールしていました。

 

「なぜ、今までインストールしなかったのか?」

を聞いてみたところ、

 

「身近にここまで詳しく説明してくれる人が

いなかったから」

 

ということでしたので、

今後も丁寧に説明していく場づくりを

心がけようと改めて思いました。

 

これにご協力いただいた、浜松市

デジタルスマートシティ推進事業本部さま、

 

本日はどうもありがとうございました。

IMG_1670

【重要】フィリピノナガイサの新型コロナウィルス感染拡大防止対策

当法人の対面での活動は6月6日から、

再開します。

 

2月22日を最後に、

対面での活動は休止しておりましたので、

 

皆さんにお目にかかるのは実に、

3か月以上ぶりになります。

 

再開に際し、当法人では以下の対策を講じます。

FNコロナ対策_page-0001 FNコロナ対策_page-0002

 

 FNコロナ対策

 

この中には、

皆さまにご協力いただかなければならないものが

いくつかあります。

 

ぜひ、お越しになる前に

ご一読のほどお願い申し上げます。

 

最後になりましたが、

今年度事業のチラシができあがりました。

 

(ハロハロクラス)

ハロハロチラシ

  

新型コロナウィルスには最善の注意を払って、

慎重な行動、できる限りの予防に努めます。

 

その中で皆様にお目にかかれるのを、

楽しみにしています。

 

よろしくお願いいたします。

【報告】防災講座(写真たくさん載せました)

土曜日、

文化庁「生活者としての外国人」のための

日本語教育事業の一環で、

防災講座を実施しました。

 

この講座では、静岡県くらし・環境部

県民生活局 多文化共生課と

静岡県西部危機管理局の協力のもと、

起震車乗車体験ができました。

 

講座には既に通訳を仕事としている人、

日本語ができるので友人からよく通訳を頼まれる

という人たちが中心に集まりました。

 

また近年の傾向として、

講座には日本の大学、高校へ進学する若者が

参加してくれています。

 

活動が世代を超えて受け継がれてきていることを

実感し、ありがたく思います。

 

下記、この日の写真をご覧ください。

 

★「起震車乗車体験」

震度7…「地震の大きさ7」

 

揺れが始まる前から

怖くて手すりに捕まってしまいましたが、

 

県職員から、

「地震は突然来ます。ふだんは手すり、ありません」

「いつも身を守ることを考えてください」

とアドバイスをいただきました。

 

IMG_7927 

揺れが収まった後、

腰が抜けてしまうほどでした。

IMG_7929

 

寝ている時に揺れたら?

これを体験した方は、

「全く起き上がることができない」と

言っていました。

IMG_7931

寝ているときに揺れが起きたとき、

「起き上がれないと逃げられないのでは?」

ということを心配する声が聞かれました。

 

この対策として、倒れてきそうな家具の固定の

大切さを実感しました。

 

 

★「ARシミュレーション(津波体験)」

 

中を覗くと今見える視界が海の中に

あるように見えます。

とても怖いです。

 

家やゴミ、木材などが

流れてきました。

 

上と下で見える景色はどのように

違うでしょうか。

IMG_7623

IMG_7618

 

子連れの参加者は子ども目線でも

シミュレーターの中を覗いてみました。

 

今いる視界はすべて海の中に

すっぽり埋まってしまいました。

 

こんな状況に接したとき、

誰もが身を守るためには

どうしたらいいのでしょうか?

 

さて後半は座学のため、講座室へ移動です。

IMG_7632

 

 

★自分の命は自分で守る(座学)

タガログ語資料を交えて

IMG_7633 IMG_7634 IMG_7636

IMG_7638

IMG_7641

IMG_7642 IMG_7643 IMG_7644 IMG_7645IMG_7646 IMG_7647IMG_7650 IMG_7651 IMG_7652 IMG_7653

IMG_7654

 

非情持ち出し袋については、

 

「一般的に必要と言われている持物」

「自分にとって必要な持ち物」

 

について、ワークショップで考えてみました。

IMG_7675

IMG_7665 IMG_7670

 

非情持ち出し袋の実例を背負ってみたり、

中身を見せていただきました。

 IMG_7689IMG_7686

IMG_7684

IMG_7693

 

最後に非常食の試食をしてみました。

皆さんにとっては、ちょっと薄味だったようですね。

IMG_7701

 IMG_7713

IMG_7714

IMG_7712

 

フィリピノナガイサは「生活者としての外国人」が

日本での生活に困らないような活動をしています。

 

年々、様々な在留資格の方が暮らすように

なっていますが、

 

長く日本に暮らしてきた身分資格の方々は、

新たに来日する方々のお役に立てることが

あるかもしれません。

 

ぜひ、この日に学んだこと、

感じたことを多くの方々に発信していただければ

幸いです。

 

ありがとうございました。 

みらい~ら「浜松科学館」

12月7日、

浜松科学館「みらい~ら」へ行きました。

 

浜松駅南口から「みらい~ら」までは

道しるべがあり、とてもわかりやすかったです。

IMG_4879

IMG_4878

IMG_4884

 

さっそく、チケットを自分たちで購入して、

中へ入りましたよ。

IMG_5486

 

さぁ、ワークシートを持って館内へGO~

科学館ワーク

 

みらい~らはいくつかのゾーンに分かれています。

IMG_5479 自然ゾーン 光ゾーン力ゾーン 音ゾーン

 

みなさん、思い思いの場所を

見学してきました。

 

IMG_4888

IMG_5475

IMG_5472

IMG_4903

IMG_5476

 

最後にみんなでプラネタリウムを

みましたよ♪

IMG_5568

テーマは「浜松市の施設いろいろ」

11月~12月にかけて、

バヤニハン中区クラスでは

「浜松市内の施設について」勉強しています。

 

★施設には公共と民間があること

公共には協働センターや図書館、市役所…

それから、

浜松市の場合は動物園やフラワーパーク、

楽器博物館などのお楽しみ施設もありますね。

 

いっぽう、民間だとアクトタワー展望室や、

スズキ歴史館など。

 

11月16日 施設

 

★次に施設利用に関する言葉を覚えました。

・施設名

・所在地

・開館時間/閉館時間(利用時間)

・休館日

・入館料(大人、子供、割引、無料)

など。

 

施設利用のワーク

 

それぞれの施設の特徴を見比べ、

実際に課外授業で行きたい施設を決めましたよ♪

IMG_4683

IMG_4684

 

決まったのは、

浜松科学館「みらい~ら」でした。

 

つづく・・・

http://filipinonagkaisa.org/%e3%83%90%e3%83%a4%e3%83%8b%e3%83%8f%e3%83%b3/4342/

 

 

秋は台風が多い季節です

夏が終わり、秋がやってきます。

9月は台風が多い時期です。

 

以前、バヤニハンクラスで、

「台風の時に使う日本語教材」を

作ったことがあります。

 

参考に掲載します。

台風のときのテレビ画面

ちなみに浜松市のうち、

天竜区のみ「遠州北」、

ほかの区はすべて「遠州南」にあたるんだとか。

 

天気予報の区分、ご存知でしたか?

 

さて、週末も台風がやってくるようです。

気をつけて すごしましょう。

 

【報告】遠鉄バスと赤電に乗って(中区クラス)

東海地方も梅雨入りしたそうですね。

 

そんな中、

中区クラスのスタディツアーへ

行きましたが、その日は晴天でした。

 

今月のテーマの本丸ともいえる、

「実際にバスと電車に乗ってみよう」

 には、19名が参加。

 

かなりの大所帯となりました。

 

この日はワークシートを持って、

体験に行きましたよ。

  

さっそく、写真とともにご報告します。

 

(新浜松駅前のローソンで待ち合わせして)

出発、わくわく~

IMG_9094

IMG_9095

 

 

(バスロータリーで、ナイスパスを作って)

真剣な表情!

一人で頑張って窓口の人に伝えています。

 IMG_9102

 

(チャージの方法は?)

ナイスパスを作って、

使い続けたら、「入金」しましょう。

 

「入金」という漢字も覚えてね^_^

 IMG_9154

 

(のりば案内と路線図を見ましょう)

実際に掲示を見て、

ワークシートに今日乗るバスのことを

書き込みましょう。

IMG_9105 

 

バスは番号管理なので、

間違えないようにしてください。

 

「のりば」を示す番号もありますし、

「乗るバス」にも番号が付いています。

 

 

(バスを待ちましょう) 

みなさん、とても静かに、

そして授業内容に付いてきてくれたので、

とても引率しやすかったです。

IMG_9120

 

(さあ、バスに乗りましょう)

ナイスパスを当てます。

 IMG_9122

 

(車内でも真剣に参加)

目的地は2つ先のバス停、「県総合庁舎」。

 

その間にも、

気を配ることがいっぱい(°▽°)

IMG_9128 

 

降車バス停の名前を聞きとる

または、

「次は」というバス停の名前の表示を見る

 

車窓の景色で「そろそろかな」

という検討もありますね^_^;

 

いずれにしても、

乗ったからには下りなくてはいけません。

 

さて、どうやって降りましょうか?!

 

(降車ボタン)

IMG_9081

 

押して、降りることを知らせましょう。

 

(降りました)

降りたバス停で、

もう一度、バスに乗ってから降りるまでの

行程を確認。

 IMG_9135

 

(HICEへ移動しましょう)

HICEは浜松市に暮らす外国人のために

情報提供したり、

相談に応じたり、

また、

国際交流などを行なっています。

IMG_9138 

 

ぜひ、活用してくださいね。

 

 

(赤電に乗りますよ〜)

さあ、帰りは赤電で新浜松駅へ戻ります。

 IMG_9143

 

(車内にも漢字がいっぱい)

 IMG_9150

 

……

 

早足のスタディツアーでしたが、

授業後、

 

「今日は新しいことをたくさん学びました」

と喜んでくださった生徒がたくさんいて、

 

実施してよかったです^_^

 

これからも、

みなさんの日本での生活が、

より豊かになるよう、 

授業計画を立てていきますね。

 

また、みんなと、

良い思い出が増えました♡

 

ということで、

集合写真をパチリ~

IMG_9116

 

【おしらせ】公開講座「外国人を取り巻く労働問題」

こんにちは。

6月29日(土)公開講座のお知らせです。

【日本語】6月29日 公開講座チラシ【タガログ語】6月29日 公開講座チラシ

昨年末ごろ、滞在年数の長いフィリピンの方から、

「労働に関する法律問題について勉強したい」

というリクエストをいただいていました。

 

昨年度のうちに実施することが

叶いませんでしたが、

今年度、実施する運びに至りました。

 

講師の長野修一先生、ありがとうございます。

 

・・・

 

静岡県西部地区は製造業に従事する外国人が

多く暮らしています。

 

非正規雇用で、

就労状況が安定しないケースもあります。

 

労働の契約や環境について、

分からないまま過ごしていることもありますし、

 

うまく日本語で意思疎通できないために、

不満や不安を抱いていることが

あるかもしれません。

 

また雇用主との関係から、

どうやって切り出せばよいかわからない

ということもあるでしょう。

 

色々なことが想定されますが、

 

滞在年数の長い方は、ご自身のことはもとより

ご家族や友達から相談されることも

しばしばとのことですので、

 

正しい情報を得る機会となれば幸いです。

 

なお、今回は定住外国人のみならず、

外国人を雇用している方や、

日本語支援者の方々にも

ご参加いただければと思っています。

 

定住外国人を取り巻く労働問題について、

勉強してみませんか。

 

講座の中で外国人の質疑から、

生の声を聞いてみてください。

 

詳細はチラシをご覧ください。

 

(日本語)

【日本語】6月29日 公開講座チラシ

(タガログ語)

【タガログ語】6月29日 公開講座チラシ