動詞「-iる」「-eる」のグループ分けと変化(防災のテーマから)

今日は終日雨でしたが、バヤニハン日本語教室はハロハロ教室・青年クラスの保護者を含めて6名が受講しました。

使う教材は本日も「静岡県地震防災ガイドブックやさしい日本語版」です。

これに基づき、オリジナルワークシートを作成していますが、今日は「テ形」の整理です。

動詞の辞書形「-iる」「-eる」を集約して取り上げ、「テ形」を一気に取り上げないようにしてみました。

「生活者としての外国人」の皆さん、実はこのような動詞の変化は簡単にできます。日々の生活で耳から覚え、自然と使っているのです。それでも、「正しい日本語を覚えたい」と言うので、従来の日本語教室とは逆の発想で授業を展開しています。

ヒントを出しながら、「なぜ、そういうルールなのか」「どのような文法の規則に則ってこうなったのか」を、みんなで探しあてられるようにしています。そうすることで、「へ~」「そうだったの!?」「知らなかった」を引き出します。この引き出しに成功すると「勉強になりました」という感想がいただけることがわかってきました^^

ちなみに「-iる」「-eる」ですと、「Ⅲグループは、ごめんなさい。覚えてください」「Ⅱグループは、”る”を取って、”ない・ます・て”を付ける(みたい)」「Ⅰグループは”ない・ますを付けたとき、辞書形へもどったとき、aiu…と変化する(みたい)」という風に…会話をしながら導きます。

こうして、なんとな~く勘がつかめたところで、

自力でグループ分けに挑戦。これらの動詞の多くは静岡県地震防災ガイドブックからなのですが、防災に使われる動詞はなんと「-iる」「-eる」が多いことでしょう( ゚Д゚)

ちなみに右側には、これら動詞を「テ形」に変えて、災害時に使うシチュエーションに合わせて各自が表現を考えて言ったり書いたりしました。

みなさんからは、このような表現が出てきました~

「じゃぐち」はタガログ語で「gripo」と言うそうで~す。

さて、勉強の最後には、みなさんに白い紙を渡しています。

左側に「日本語で、今日覚えたことを1つ以上」書き留めます。右側は自分の言葉(タガログ語や英語)で、「このクラスの感想を好きなように」書きます。

皆さんが左側に書いてくれたことを読みますと、「生活者としての外国人」を対象としているこのクラスらしさが非常によく表れており、発見があります。数年ぶりに参加する生徒が来たり、数週間あけてやってくる生徒もいたり、来日年数もバラバラ、レディネスも違うみなさん。

今日のクラスの内容から「ひらがなが勉強になった」「漢字を覚えた」「辞書形をがんばった」「テ形はもう少し」「読むことと書くことと話すことをおぼえました」「文をつくりました」など。個々により、覚えたこと・勉強になったと感じたことはバラバラなんです。しかし、このようなバラエティに富んだ感想を引き出せることこそが地域日本語教室の良さと成果であり、12年やってきたこのバヤニハン日本語教室のスタイルも形になりつつあります。

トラブルさえなければ、日々の生活に困ることはあまりない皆さんですが、それでも「まだ日本語ができない」と感じている思いを、どのように引き上げればいいのか。滞在年数が長くなりつつある方が増えてきたバヤニハン日本語教室は、次のステージに入っています。

皆さんとの集合写真は、フィリピノナガイサの歴史と宝物です♪

また、来週あいましょう。Maraming salamat po.

「日本語教室」×「防災」という組み合わせへの挑戦

こんにちは。1月~3月までは「防災・減災」をテーマにしています。(先週の様子は「こちら」)

下記、1月16日の報告です。

今回も先週に引き続き、静岡県発行「地震防災ガイドブックやさしい日本語版」より、p.1を使いました。

ところで、日本語教室で「防災」をテーマに扱うこと、実はそんなにニーズが高いとは言えません。

学習者の側も支援者の側も、災害への知識を学ぶことについて、大事だと思ってはいるんだけど、「日本語を勉強した気にならない」「日本語を教えた気にならない」という双方の認識が、このテーマを取り上げる際に立ちはだかっています。

「でも、大事なテーマだとは思っている」ことに違いはないので、「(皆の描くイメージの)わかりやすい日本語教室らしさに寄せつつ、防災をテーマにして勉強するにはどうしたらよいか?」ということに挑戦しています。

言い換えますと、地域の日本語教室で「防災」のテーマを、誰もが納得する形で取り入れることを模索している段階…ということになります。

そこで、当法人では行政資料をレアリアにして、オリジナルワークシートを付けてみています。

漢字学習についてはアプリで調べることもできるのですが、自発的にはそれが進まない人が多いこと、でも学習ニーズが高いことから「今日覚えた漢字」という魅せ方にして、取り入れてみています。

そして、学習者たちが「サバイバルで身に着けた日本語を脱して、正しい日本語を勉強したい」と言う点については、文法の整理を取り入れて応えています。

そこで、「自助」においては「すぐ」という副詞がキーワードになるので、それに焦点を当てました。「言葉の足し算」として、「動詞の変化」や「適切な助詞を選んで入れる」ということもやってみました。

ところで昨年、当法人が浜松市から委託を受けて実施した「浜名1期」の教室で、「生活者としての外国人は読むことが苦手…という自己評価を持つ人が多い」という報告をしましたが、このことにも向き合っています。

読解のためのワークシートを、

ハサミで切り離します。
ガイドブックを読みながら、カードの用語との意味を合わせていきます。何度か「バラバラにして、照合して」を繰り返して、最終的にはガイドブックを見なくても組み合わせがスムーズにできるようになったところで…
この問題に挑戦しました。

このような授業の後、皆さんから寄せられた授業の感想ですが…

★私は新しい漢字と日本の文化について覚えました。地震についても勉強しました。

★ひらがなとカタカナを読む練習もできたし、新しい日本語も覚えました。漢字も覚えることができました。いくつかのテストもしました。たくさんのことを習うことができて、先生ありがとうございました。

★今日はたくさん新しいことを勉強しました。漢字を覚えることができてうれしいです。災害のときにすべきことも習いました。

ということでした。日本語教室ではマンネリ化しているように思われる「防災」かもしれませんが、取り上げ方、魅せ方の工夫でまだまだ「新しい学習項目」に変える余地があります。

上記のほか板書をご覧いただきますと、「脱線」でアレンジを加えていることがわかるでしょうか。

来週は、この日に覚えた漢字「山」「海」から、浜松北部で起こりやすい自然災害と南部で想定される災害について、考えてみたいと思います。

ソーシャルディスタンス、ご協力ありがとうございました。

文化庁「つながるひろがるにほんごでのくらし」の使い方をみんなでいっしょに考えませんか

こんにちは。1年のくくりを年度で動いている私たちは、3月までラストスパート!

今年度の最後は、私たちといっしょに文化庁の日本語学習サイト「つながるひろがるにほんごでのくらし」使う工夫を学んでみませんか。

お申込みは、「コチラ

文化庁の「つながるひろがるにほんごでのくらし」のウェブサイトは「コチラ

「つながるひろがるにほんごでのくらし」、通称「つなひろ」は、空白地域に在住し、近隣に日本語教室がない人たちのために開発されたウェブサイトですが、地域日本語教室でも工夫すれば自律学習やコミュニケーションの促進に活用できそうです。

まだ開発されたばかりですので、関わる日本語学習者や地域ごとにあわせて活用のアレンジは様々に考えられます。

今回は制作メンバーでもある有田玲子さんを講師にお招きします。有田先生にアドバイスをいただきながら、皆さんとともに使う工夫をたくさん考えて、事例を集めたいと思います。

集めた事例は「つながるひろがる」の言葉通り、さらに全国の皆さんと共有し活用できるよう公開する予定です。まずは、その事例を一緒に考えてくださる40名の皆さん!お待ちしていますm(__)m

本講座は文化庁委託、浜松市後援、(公財)浜松国際交流協会(HICE)後援、そして特定非営利活動法人フィリピノナガイサ主催にて実施します。

今年の土曜日の教室が始まりました!(バヤニハン報告)

今年も土曜日、教室が始まりました。2021年、どうぞよろしくお願いします。

南部協働センターの入り口にも「新年のご挨拶」を発見。今年もヨロシクなのじゃ(家康くんより!?)

ところで、みなさんは静岡県の「地震防災ガイドブック”やさしい日本語”版」というのをご存じでしょうか。

ウェブサイトからダウンロードもできるのですが、今回は静岡県から冊子タイプになったものをご提供いただきました。

バヤニハン教室ではコレを3月まで教材に使っていきます。

3月までの本テーマの趣旨は、自分の命を守れるよう知識を身に着けること。そして、読んだり書いたり聞いたり話したりしながら、日本語学習も取り入れるという欲張りなメニューに挑戦しています。

そんな中、今日の目標は「地震の大きさについてイメージを持って備えられるようにすること」としました。

さっそく、youtube動画で東日本大震災の動画を検索し、みんなで見ました。巨大地震の揺れを体験したことがない私たちですが、個人の方がアップしていた動画から、大きな揺れの怖さと緊張感を目の当たりにしました。

「このような激しい揺れと恐怖の中で、自分の身を守らなければならない」ということで、全員の身が引き締まりました。

動画視聴後、今日はこのページを使って覚える言葉をオリジナルのワークシートに書き留めていきました。

こちらは静岡県の「地震防災ガイドブック”やさしい日本語”版」の「震度」について書かれたページです
ガイドブックから、今日の目標である「地震の大きさ」をイメージするために必要な言葉を、抽出して書き留めるシートを作りました。
漢字の書き順を講師やボランティアさんたちから教わったり、
わからない言葉を自分たちで調べたりしながら、ワークシートが埋まっていきます。
「消してもいいですか」と講師が聞くと、「待って、先生!」と前に飛んできて板書の写真を撮る皆さんです。コロナ対策で窓を全開にしているので、ホワイトボードが光ってしまい、撮影に苦戦しました。それに、エアコンも効かないのでみなさん厚着です。
さぁ、今日はこれを覚えてくるというのを宿題に出しています。来週は確認テストをしましょう。

クラスではまとめとして、白い紙を渡しています。①今日、おぼえたこと(勉強になったこと・できるようになったこと・わかったことなど)を日本語で文章を1つ書く(紙の左側) ②タガログ語や英語など自分の言葉で自由に書く(紙の右側)

皆が右側に書いてくれたコメントを、スタッフが翻訳してくれました。翻訳後、各自が書いた方の紙は返却します。何を勉強して学んだのかという記録として残しておいてくれると嬉しいです。

皆さんのコメントを読むと、「日本は地震がよく起こる国だ」という認識を持っていることが伺えます。そして、今日の学習をきっかけに「各自が」「これから」気を付けたいと思ったこと、できそうなことを書いてくれていました。

私たちのところは防災教室ではなく、「日本語教室の中にテーマとして防災を取り入れて学ぶ」という手法です。こうして気づいたこと自体が、学びとして得られるような進め方を模索しています。

そして知識としての防災は日本語教師やボランティア、同胞と学びあうだけでは至らないところもあります。このあと3月までの間に、県や市の危機管理部門と協力しながら、展開していく予定です。

最後に、日本語学習としては・・・

防災のほかにも使える汎用性の高い語彙や表現を取り入れるように努めています。今日は覚えた「大中小強弱」の漢字を自分の家庭の中で探して写真を撮る。それを講師に送るという宿題を出しました。ヒント「これらの漢字は家電に多いですよ」。

さっそく、今夜は学習者たちから写真が送られてきています^^

みなさんも、ご自宅の中を探してみてくださいね。

「外国人の生活と就労」在留資格を扱う行政書士と、外国人支援団体との連携から見る

みなさん、こんにちは。今日は文化庁から委託を受けて実施している人材育成事業、公開講座のお知らせです。

当法人は今年度から、行政書士の古橋洋美先生と連携をしております。その中で、先生からこんな話をお聞きしました。

行政書士という仕事は在留資格に関する業務までは携わるけど、資格認定が取れたところで手を離れてしまうので、生活相談として受けていた案件については橋渡し先として、NPO法人の存在は貴重だというものでした。

いっぽう、私たちも日ごろの活動において、在住外国人から様々な相談を聞くけれど、専門家への橋渡しは欠かせないということを強く感じています。

この両者が手を携えて、外国人のための支援をするという事例はきっと、今後、外国人の定住化が進む上では参考になる取組の一つではないかと考えます。

皆様のご参加を、お待ち申し上げます。

お申込みは「コチラ

理由を伝えて、「休みます」「おくれます」を言いましょう

最近バヤニハン日本語教室では、出入国在留管理庁が出している「生活・仕事ガイドブック(やさしい日本語版)」を教材に使っています。

今日はここからp.13の「市役所・区役所」のところを読み、そこから発展する形で、仕事を「休みます」「おくれます」を理由を添えて伝える練習をしました。まず、読みましょう。

市役所はどんなところ?「生活が変わったら行くところ」「生活にこまったら行くところ」
大事なポイントは色を付けて覚えます。

「みんなが市役所へいくのは、どんなとき?」と質問しました。「戸籍謄本、住民票、税金の書類がほしいとき」ということでした

「転入届」「転出届」では、とくに「出(out)」「入(in)」の漢字の意味を知り、矢印やイメージ図で文章全体のニュアンスをつかみました。

ところで、引っ越し時は結構バタバタしますし、書類の提出関連でしばらく仕事にも影響が出るもの。次に理由を伝えて、休みの許可をもらう言い方をみんなで考えました。

仕事を休みたいとき、遅れてしまうとき、市役所へ行く以外にもいろいろありますよね。「どうしても」という理由を考えて、会社の人にていねいに伝えられるようにしましょう。

日本語そのものも大事なのですが、コミュニケーションが成立するための「伝え方」も大事ですよね。みなさんが考えた伝え方で「いいな」と思ったところは、

★自分の名前を先に言ったところ

★休んだり、遅れたりしたい日を入れて、伝えたこと

★自分の用件だけを一方的に言わずに、最後に「いいですか」「だいじょうぶですか」と尋ねるようにしたこと

・・・日本で働いた年数が長い方もいて、滞在年数の浅い人たちに日本語以外の「立ち居振る舞い」「マナー」をアドバイスしていました!おみごと^^

それから、英語やタガログ語では「休みます」が先でそのあと理由を言うのに、日本語は理由が先で「休みます(おくれます)」という用件が後なんだ…という気づき。

これは、日常生活の中でも自国の言い方をサバイバル日本語に翻訳した状態で、先にバシッと「休みます」と言ってきた可能性が(;・∀・)

しかし、長年の習慣はなかなか変わらないもの。もし「休みます」と先に言ってしまったとしてもダメということではなくて、先に言ってしまったら、すぐ後に続けて「病院へ行くので」と順番が逆になっても大丈夫。「いいですか」「大丈夫ですか」を添えればそんなに印象は悪くないということも共有しました。

でも、理由をスラスラ言えずにモゴモゴしてしまうのは、「事情があって休む」ということが伝わりにくくなってしまうので、理由はきちんと言えたほうがいいですね。

最後はいつものように、記念撮影を^^

「今日は教材を持って」ではなくて、静岡県からいただいた「やさ日富士夫」くんのやさしい日本語バッジをつけてパチリです^^

やさしい日本語、お願いします。/話そう、やさしい日本語。(静岡県「やさしい日本語」の取組

本日、新たに入会したり久しぶりに来た生徒もいたりしてレベルがバラバラ(^^;)急遽、クラスと部屋を分け、講師陣も手分けしてグループ(クラス)を増設!!

そんなわけで、「やさ日ふじ夫」くんバッジを全教室へ配布しに行くことができませんでした。まだ、お渡しできなかった生徒さんたち、ごめなさい(><)

このあと、順次お渡ししに行きたいと思います!!

(ご報告)バヤニハン日本語教室で作成したポスターを掲示しました^^

みなさん、先週の授業を覚えていますか?(こちら

できあがったポスターを、南部協働センターに掲示しましたよ♪

みんなで使うトイレ、気持ちよく使えるようにしたいですね。

「いい活動ですね、ぜひ貼ってください」と、掲示することをご快諾いただいた南部協働センターの職員の皆様、どうもありがとうございました。Maraming salamat po.

「~ないでください」を使って、南部協働センターのトイレ用ポスターを作りました!!

今回は「バヤニハン日本語教室」について書きます。このクラスには、サバイバルで日本語を身に着けた人が比較的多く、日本語を聞いたり話したりすることが不自由な人はあまりいません。そのため、今年度は読み書きや文法知識の穴埋めを意識して進めています。

ここ数回は動詞のグループ分けと変化を集中的に勉強してきました。

教室活動のほか、SNSを利用して動画配信で自律学習にも伴走しています。こうして、教室に来られない人も見られるよう配慮しています。

教室では前の回や動画の復習をかねて、みんなが自宅で書いてきたものを講師が確認します。「はじめまして」の方も「お久しぶりです」の方も、動画を見てくれているので、すぐに授業についてこられます。

動詞の変化を短い文章のかたまりに挿入してみました。学習者の皆さんから言葉を引きだし、それにシチュエーションも添えてもらいました。どんどんアイディアが出てきましたよ^^

「まだ、プレゼントをあけないでください(学習者)」「どんなとき?(講師)」「誕生日(学習者)」といった具合です。

「もう、(私のことを)待たないでください」は韓国ドラマの見過ぎかな!?(笑)

次にもっと定着を図るため、出入国管理庁と文化庁が出した「生活・仕事ガイドブック(やさしい日本語版)」を使いました。公的機関からは「やさしい日本語」で様々な資料が発行され、情報提供されています。「やさしい日本語」だと、みなさん日常で聞いたり話したりしている言葉に近いので、内容がわかりやすいです。

今回はp.89の「騒音」の箇所から、×印のやってはいけないことを「~ないでください」に言い換える練習をしました。声に出して読み、書き留めます。

生活が長いからこそ混乱する言いかえもありました。「大きい音で音楽を聞いたり、テレビを見ないでください」(・・? あれ?ちょっと変ですね。

正しくは、「大きい音で音楽を聞いたり、テレビを見たりしないでください」ですね。Ⅲグループ「する」を「しないでください」に言い換えます。

最後に「活動」として、毎週利用しているこの浜松市南部協働センターのトイレを、ほかの利用者さんにも気持ちよく使ってもらおう!ということで、ポスター作成をしました♪

活動の趣旨が伝わるよう、バイリンガル講師がタガログ語でサポートしてくれます。みんなで、いいものを作りましょう。
事前に、トイレの注意喚起にどんなものがあるかを、みんなでシェア!そのあと、だれが何を書くかを決めて・・・

いざ、書きます!!

できあがり♡

わ~い!(^^)!

後で、協働センターに話をしたところ、「ぜひ、トイレに貼ってください」とおっしゃっていただきました!職員の方々が一つずつに目を通して、「これは男子トイレに欲しいね」「これは女子トイレじゃない?」と…。それぞれ、守られていないところに貼りたいということでした。役に立てる活動ができて、よかったです^^

後日、ラミネートしてから、改めて協働センターに持っていきます。次回、みなさんが来た時には貼ってありますのでお楽しみに。

日本語は家族の呼称が複数あります(バヤニハン)・ハロハロ・青年クラス

土曜日です。

1週間、あっという間ですね。

さて、本日のご報告です^^

 

★ハロハロクラス

 

カメラ目線の子もいます♪

IMG_2850 IMG_2849

 

こちらは体を動かして勉強中^^

IMG_2851

 

おっ、ヒーローだね!!

IMG_2852 IMG_2853

IMG_2855 IMG_2856

 

★青年クラス

こちらは、みんな真剣。

IMG_2848

 

★バヤニハンクラス

まずは「先週の復習」から。

平日のFacebook非公開グループでの学習

(mラーニング)の成果、出てましたね~

無題2

みんな、動画を見てくださっているようで、

嬉しいです!!

 

宿題もバッチリでしたね。

IMG_2699

 

さぁ、今日の新しい内容は、

日本語独特の家族の呼び方。

 

他者に家族のことを伝える際に、

場面に合わせた言いかえを覚えておきたいもの。

 

おじいちゃん・おばあちゃん→そふ・そぼ

お兄さん、お姉さん→あに、あね

わたしの子供→むすこ、むすめ

など。

IMG_2818

ご自身のファミリーツリーを書き出し、

単語を声に出して、書いて覚えて、

フレーズ(自分について)にして。

IMG_2828

IMG_2836

IMG_2835

IMG_2821

IMG_2819

 

「うまく言えない、もう一回挑戦させて、お願い!」

というジェスチャーをして、

再チャレンジしてくれた方もいました。

 

2回目はうまくいって、聞いていた皆も

拍手っ!(^^)!

IMG_2831

IMG_2833

 

真剣に授業に向き合っている姿と、

最後のオフショット♡

このオフショットが皆から、

評判がよくて^^

 

「授業のこと忘れない」って

言ってもらえました。

 

本日、「自分が勉強になった」と思った

ハンドアウトを持って、黒板前にてパチリ^^

IMG_2830

 

来週も全クラスあります。

よろしくおねがいします。

【バヤニハン】文化庁「生活上の行為の事例」+α(アルファ)

こんにちは。台風が来ています。

西日本の方々、お気をつけて過ごしてください。

浜松の皆さまも、決して油断されませんように。

 

さて、今年度のバヤニハンクラスが始まりました~

(パチパチパチ)

 IMG_2689

開講にあたり、

内容をいろいろ考えてみたんですが。

 

例年、このクラスでは

「フィリピン人が生活で困っていること」を

テーマに取り上げておりました。

 

もっと言うと、

「できなくて困っている」ですかね。

(場面シラバス)

 

でも、皆に聞きますと、

「できなくて困る場面って少なくなった」

って言うんですよ。

 

★滞在年数が長くなり、なんとかなっちゃう

★スマホあるし、なんとかなっちゃう

★日本社会の側も寄り添ってくれる

★テーマによっては、

母国とシステムいっしょなので、

わかってます…

 

理由はいくつか考えられます。

これはこれで、いいことですよね。

 

でも、

「まだ自分は日本語ができないと思っている」

とも言うのです。

 

「まだできないと思っている」

を次のステージにどのように上げるのか?!

この課題は解決しないまま、

 

1990年の入管法改正以来、

地域日本語教室は歩んできたのかもしれません。

 

この状況って、

仕方なかったことでもあります。

 

非正規雇用で働く方が多く、

日本語教室に

継続して通うことが難しいという中、

すぐに役立つフレーズを丸ごと取り上げてきた。

 

そういう経緯なのだと理解しています。

 

でも、滞在年数のわりに

「できない」と皆が感じる理由はなんなのか?!

何を「できない」と感じているのか?

 

この思いを見過ごすわけに参りません。

 

実際、日本社会に接して

「できないと思われていること」が

事実としてあり、

それを痛感しているのかもしれません。

 

さて、それでフィリピノナガイサが

何をやっているのかと言いますと、

 

耳で覚えて、

実際使っている(しゃべっている)日本語を、

 

①読めるようにすること

②書き留めて定着すること

 

この2つを重点的に進めることにしました。

 IMG_2688

テーマを特に大きく

変更しているわけではありませんが、

進め方は少し変えています。

 

1回目は

★ひらがな「あ~さ行」 読みを中心に

★自己紹介のバリエーションを増やす

★災害の種類と避難に関する言葉を書き留める

 IMG_2673

 (使用教材、出典:静岡県)

 

「ひらがなを書く」については、

宿題を出しました。

 

結局、家でもやっいてただかないと

覚えられない…ということを、

皆で共有しました。

IMG_2698

 (平日は、非同期型のmラーニング併用します)

 

ご本人たちに納得してもらい、

理解してもらうことも、

教室機能としては大事な役目です。

 

次に、自己紹介では、

保護者会バージョンを取り入れました。

 

このクラス、

実は隣の教室で子供向け「ハロハロ教室」

をやっているんです^^

IMG_2699

 

子供の送迎のために自分も日本語を勉強したい!

という親御さんも多いんですね。

 

はじめまして。〇〇の父(母)です。

よろしくお願いします。

 ↑↑↑

「この挨拶が使えるようになるといい!」

と教えてくれたのは、

うちのバイリンガルスタッフたち。

 

先輩ママとして「大切」だと思った

フレーズなのですね。

 

そして自分の名前だけでなく

子供の名前を書けるようになりたい!

 

そう思っていらっしゃる親御さん

いっぱいいます。

 

ですから、

書き留めましょう。(シュワッチ)

 IMG_2665

 

最後に今月の心配ごと。

「台風」「大雨」による被害と、

避難時の意思疎通に使える会話を覚えました。

IMG_2668 

IMG_2672

(使用教材、出典:静岡県)

 

本日習った平仮名を、書き入れながら。

 

クラスでは

「みんなで勉強した」「楽しい」という思い出が

記憶に残るよう努めています。

IMG_2686

2回目以降も、どんな展開になるか、

とても楽しみです^^

 

・・・

 

最後に、もう少し追記。

皆の情報収集源は「SNS」!

 

そのため災害時の情報収集先として

(大使館情報のほか)

当法人のFacebook、

HICE、出入国在留管理庁、

NHKワールドジャパンのFacebookを

お伝えしました。

 IMG_2670

 IMG_2701

 

過去に県や市が様々に出した資料が

たくさんあります。

授業でも教材として活用していきます。

 

皆様、おつかれさまでした。