私の大切な人は…→尊敬する人は…(面接)

こんにちは。いつもなら駅南教室がある月曜日ですが、今日は勤労感謝の日のため、休みです。さて、その駅南教室について。先週の報告をもう少し。

先日、東京都のコロナウィルス感染防止呼びかけ動画を見ながら、聴解・読解問題に挑戦したことを書きました(こちら)。その続きです。

ところで、ここには「大切な人」と書いてありますよね。みなさんの大切な人はだれですか?

私の大切な人は、〇〇です。

①この時間は会話練習なので、発表してもらいます。

それを聞きながら、講師はひらがなで板書していきます。「かれし」って言った子もいました。紹介してもらわなくちゃ(笑)

②次に、生徒たちは自分で漢字を調べながらノートに自分が発表した文章を書き留めます。

③「どんな人ですか?」という問いに、形容詞を入れて考えます。

まずは自分で辞書(グーグルを使う人が多いようです)で調べますが、きれいに翻訳されることはまずないですね。確かめが必要です。そのため、

④「私の母は〇〇です」「私の父は▲▲です」など。もう一度、講師が発表を聞きながら日本語を整理していきます。

こうして自分と関係性のある人たちの呼称を覚えたり、その人たちがどんな人かを習った形容詞を使って言い表したりしながら、語彙を増やしています。

ところで、この子達は近いうちに高校受験が控えています。そのため、少し聞き方を変えてもう一度、尋ねます。

「あなたの尊敬する人は、だれですか?」

面接や作文ではこのような質問の仕方をされることもしっかり押さえてもらって、この時間は終了です。コロナウィルス感染防止の呼びかけについても、「具体的に大切な人を思い浮かべながら」聞いてもらうことができたと思います。

次はバイリンガル講師による漢字の授業!この日は「これまで覚えた漢字を誰が一番多く書けるか?」ホワイトボードに書いて競っていましたよ^^

すごい!まだ先月、クラスに参加したばかりの子供たちも多いのですが、平日継続して通った成果が出ています♪みんな、真剣で楽しそう!!

このクラスにはバイリンガル講師3名、日本語教師3名、算数の講師1名、合計7名が子供たちの支援にあたっています。子供たちがどんどん幹を太くし、枝を伸ばし、葉、実、花が着けられるようサポートしていきたいと思います。

このあと、ちょっと寒くなってきますが頑張りましょうね♪