【ご報告】浜松市立中央図書館スタディツアー

12月10日(土)青年クラスでは、浜松市立中央図書館へスタディツアーに出かけました。

図書館は日本語の本ばかりだから、外国人が行っても借りられる本がない?

そもそも図書館という存在を知らない…

外国の方が図書館をあまり利用しない理由は色々と想像されますが、

実は図書館は外国人も借りられる本がたくさんあります。

 DSC_0207

とくにフィリピンの方は「書籍は英語で読む」人がほとんどだそうです。

フィリピンは言語が100以上ある国で、日本の事情とは違います。

話すときには「公用語」「日常的に使う地方の言葉」がありますが、書物などの読み物としては「英語」で書かれたものを選ぶ方が多いようです。

私たちの教室でも休憩時間、英語で書かれた本を読んでいる読書好きな子どもを見かけることがあります。

英語の書物を読むとなると、図書館を利用する際に借りられる本の幅が広がりますね。

 

今日は、

「図書館という存在を知ること」

「利用カードを作ること」

「図書館のどこに、自分たちが借りられる本が置いてあるのかを知ること(配置を知る)」

「借りたい書籍が見つかったあと、借りる方法を学ぶこと」

を目標にしました。

 

図書館職員の方々が全面協力をしてくださいました。

利用カードを作ったり、図書館をご案内してくだったり、読み聞かせをしてくださったり…

 

利用カードつくるための申込書を書くときには、図書館の方とスタッフがサポートしました。

図書館は浜松市に住んでいる、または仕事をしている方が利用できます。

身分証明として保険証や在留カードなどが必要になります。

FullSizeRender

IMG_4870

 

読み聞かせでは、「聞き取れた日本語を書きとる」というタスク活動を事務局で用意しておきました。

DSC_0194

IMG_4890 

 

職員の方が館内を案内してくださいました。

DSC_0179

DSC_0181

DSC_0184

 

借りたい本が見つかったら、自動貸し出し機があります。

機械の使い方を教わりました。

DSC_0202

 

図書館が閉館しているときに図書を返却したいときもありますね…

図書館の外にある「返却ポスト」はここにあります。 

IMG_4900

 

さて、今年はさまざまなカードを作りました。

「遠鉄バスカード」「ビックカメラポイントカード」そして、この日の「浜松市立図書館利用カード」・・・

 http://filipinonagkaisa.org/news/1502/

 

いろいろなサービスに繋がって、楽しく充実した生活を送ってくれたらうれしいです。

計画からこの日まで協力を賜りました浜松市立図書館の皆様、どうもありがとうございました。