読む、読む、しゃべる。たまに書く。「ひらがな・カタカナ」/浜北クラス

こんにちは。

梅雨明けが待ち遠しいですね。

 

さて、今日も土曜日。

浜北クラスの報告です。

 

このクラスでは主にひらがな・カタカナが

「読める」ように練習しています。

 

みなさん、

ひらがな、カタカナの粒読みは、

すっかりスラスラできるようになりました^^

IMG_1722

 

次のステップとして、

私たちは2つメニューを用意しまして、

 

①書く練習も取り入れていく

②読めた一文字を文レベルで読めるようにしていく

 

もちろん①も大事にしていますが、

滞在年数が長いからこそ②も見直したいところ^^

 

どういうことかと言うと…

試しに、こういったものを読んでいます。

(静岡県防災ハンドブックやさしい日本語版)

IMG_1732

とくに、水害のところを読んでいます。

最近、とても多いので。

 

これを一人一文ずつ読んで、

災害の種類をイラストから選ぶ

ということをしています。

IMG_1715

 

1回目は一つずつの文字を拾って読むのがやっと。

と・て・も・つ・よ・い?あ・め・が・ふ・り・ま・す…

とてもつよい・か・ぜ・が・ふ・き・ま・す…

 

「もう一回、読み直してみて」と言うと、

あ~、

とても・つよい・あめがふります

とても・つよい・かぜがふきます

(わかった!)となるんです^^

 

一度声に出して読んでみて、

ひらがな「一つ一つの音」が「意味の塊」になって

「つながる」と…

 

「台風」のイラストを選べます~!(^^)!

IMG_1733

 

身分資格の方は生活の中で

サバイバルに日本語を身に着けている方が多く、

座学としての読み書きは苦手な傾向にあります。

いっぽうで、

耳から聞いて日本語を覚えている方が多いのです。

そして、

生活のために「日本語で喋る」ということもしてきました。

 

読むのは時間がかかりますから、

「文字」は面倒に思っていますし、

これに根気よく励ましてくれたり、

付き合ってくれる場も

あまりなかったかもしれません。

 

「生活者としての外国人」に「読む」ということの

梯子をかける場づくりの意義が、

お示しできれていればいいなと思います。

IMG_1727

IMG_1729

 

・・・

そうそう、

本日から委託元である浜松市より、

各教室に1台、タブレット貸し出しが

始まりました。

 

(喚起のため窓全開なので、逆光です^^;)

IMG_1728

タブレットで「ひなんじょ」がどんなところか、

画像検索しましたよ。

 

「ひなんじょ」という言葉を知らなくても、

 写真を見て、

 

津波の時、地震のとき、

家がこわれたら逃げるところでしょ

という話が出てきました。

 

これも年数が長い故ですね~

 

このタイミングで「ひなんじょ」

という言葉を覚えてもらうと同時に、

 

今度はディクテーションを入れてみました。

「じょ」は再現が難しかったですね(><)

IMG_1734

 

と、こんな感じで

皆さんとおしゃべりを楽しみながら、

授業を進行しています^^

 

それではまた、来週♪