【報告】新しい教室様式!?一粒で二度おいしい学習を目指して(浜北クラス)

こんにちは。

浜北クラス5回目について報告します。

全10回ですので、折り返しでした。

 

この日は「ひらがな」総まとめの回。

これまで学習した「ひらがなを使った単語」は、

全部で44個Σ(・□・;)

 

これらをどのくらい覚えているかの

確認です。

 

「かるた」なら、

①読み手は札が正しく読めるか?

②聞き手は正しく文字を理解して、

 カードを取ることができるか?

 

ということで、

読み手も聞き手も双方の確認ができるんですよね。

 

しかし今、「かるた」を推奨してよいものか…

夢中になって盛り上がってしまうと、

マスクしているとはいえ飛沫の不安が生じたり、

 

カードを皆で共有して触るということも、

なんとなく敬遠しがちになっていますものね…

 

あれこれ考えまして、

黒板にこれまで学習したすべての文字カードを

整然と配置しました。

20200704_070655491_iOS1

読み手は好きなカードを読み、

聞き手は正しい文字カードを、

 

「右から〇ばんめ、上から〇ばんめ」

「左から〇ばんめ、下から〇ばんめ」

「いちばん右の、いちばん上」

 

など、そのような言葉を使って、

講師が代わりに文字カードを取りました。

20200704_053342975_iOS

これなら新しい日本語表現も覚えられて、

一粒で二度おいしい学習です♪

 

「密を避ける」「非接触」など、

教室活動は制限がかかりますが、

 

これからも屈することなく、

代案を考えていこうと思います。

20200704_060008394_iOS