(ご報告)学社連携「ことばの教育の今と未来」

2月14日のご報告です。このたび、「第11回はままつグローバルフェア(オンライン)」に、当法人が文化庁から委託を受けて実施した「多文化共生時代」を縦と横につなぐ 学校教育×社会教育「ことばの教育の今と未来」のライブ配信を提供しました。

広報開始から大きな反響を頂戴し、後日、録画配信希望のご希望も多く寄せていただきましたので、どなたでも見られるように致しました。ぜひ、ご覧ください。

また、本講座は静岡新聞(2月17日朝刊)にも掲載していただきました。(やさしい日本語ツーリズム研究会のサイトに飛びます

さらに、一般財団法人日本青年館が発行する「社会教育」からも取材を受けました。こちらは6月に発行される第900号という節目に、特集が組まれて掲載されることに!掲載が決まり次第、本サイトでもご報告申し上げます。

ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

今年度8月の成田氏萩元氏の講座により「学社連携」というキーワードに接して実施するに至った本講座ですが、今回は「知の循環型社会」という新たなキーワードに巡り合うこととなりました。

私たちは活動に参加するすべてのひとが、支援する・されるという関係を超えて学び合い、D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)が波及することを願っています。

また、皆様とお目にかかれるのを楽しみにしております♪