(参加のお礼)今、地域に求められている日本語教育とは(浜松市の多文化共生施策から考える)

本日、人材育成のための公開講座、文化庁委託「今、地域に求められている日本語教育とは(浜松市の多文化共生施策から考える)」を実施しました。

講師として、浜松市国際課より古橋広樹様、文化庁国語課日本語教育専門職の松井孝浩様にご登壇いただきました。

古橋様には浜松市の多岐にわたる多文化共生の取組をお聞きしました。

松井様には、様々な施策や制度を知り、自分たちはそのどこに関わっているかを知ることの大切さ、そして「日本語教育」「日本語学習者」とは言うけれど、何を目的にしていて何を学ぶのかを考える必要性をお話していただきました。

オンラインにて開催したことで、遠くはカリフォルニア州から、そして全国各地から、50名近くの方々にご参加いただきました。

こうした市外の方々からのご質問には、同じく聴講いただいていた(公財)浜松国際交流協会(HICE)の職員の皆様にもご回答のサポートをしていただきました。みなさん、本当にありがとうございました。

後日、報告動画を本HPに掲載する予定です。お待ちください。