【報告】フィリピン人労働者が抱える法律問題/「通訳をつけてください」

バヤニハン日本語教室、浜北クラスのゲスト回について報告します。

このクラスの学習者は、工場に勤める方が多いです。

この日、「フィリピン人労働者が抱える法律問題」と題して、弁護士の先生から学びました。

「外国人からよく受ける法律相談」について、「みんなだったら、どのように解決するか」をグループで話しあいました。

その後、先生からわかりやすく解説を加えていただきました。

 

さて、その外国人の労働に関する法律問題でよく聞かれるケースを下記、記します。(一部)

 

(わたし)は、工場(こうじょう)でアルバイトをしているフィリピン人です。(わたし)工場(こうじょう)では、一律(いちりつ)で、男性フィリピン(じん)時給(じきゅう)1000円、女性(じょせい)フィリピン(じん)時給(じきゅう)700(えん)です。仕事(しごと)内容(ないよう)勤務(きんむ)時間(じかん)(おな)じなのにこのような差別(さべつ)(ゆる)されるのでしょうか?

 

 

(わたし)(はたら)いている会社(かいしゃ)直接(ちょくせつ)契約(けいやく)(むす)んでいます。(わたし)正社員(せいしゃいん)ですか?

 

 

(わたし)は、ある会社(かいしゃ)パート(ぱーと)として(はたら)いているフィリピン(じん)男性(だんせい)です。いまの会社(かいしゃ)(はたら)いて半年(はんとし)ですが、子供(こども)()まれました。そこで、育児(いくじ)休暇(きゅうか)をとりたいと(かんが)えているのですが可能(かのう)でしょうか?

 

 

(わたし)自動車(じどうしゃ)部品(ぶひん)製造(せいぞう)する工場(こうじょう)(はたら)いていました。ある()(かい)作業(さぎょう)をしていたところ、2(かい)から機械(きかい)()ちてきて大怪我(おおけが)をしてしまいました。とても会社(かいしゃ)にいけるような状況(じょうきょう)ではありません。どうしたらよいですか?

 

 

(わたし)食品(しょくひん)加工(かこう)工場(こうじょう)(はたら)いているフィリピン(じん)です。ある()仕事(しごと)でミスをしてケーキ100()()てることになってしまいました。社長(しゃちょう)から、ケーキ100個分(こぶん)代金(だいきん)(はら)えと()われました。(わたし)()ーキ100個分(こぶん)代金(だいきん)支払(しはら)必要(ひつよう)があるのでしょうか?

 

 

(わたし)は、一週間前(いちしゅうかんまえ)(きゅう)会社(かいしゃ)をクビになったフィリピン(じん)男性(だんせい)です。(なん)理由(りゆう)もない解雇(かいこ)無効(むこう)だと(おも)うのですが、法律(ほうりつ)知識(ちしき)はなく、どうすれば()いか()かりません。どうすれば()いでしょうか?

 

 

ここで、もう一つ「よくある声」を紹介します。

★Q:お金がないと、弁護士に相談できませんか?★

A:まず、ご相談ください。相談先はこちらをご覧ください。

法律の相談先

 

それから、法律に関する相談は複雑です。

ぜひ、問い合わせするときは「通訳をつけてください」と、一言添えてください。