スタッフ紹介

代表理事 中村グレイス

皆さんお元気ですか。代表理事の中村グレイスと申します。フィリピノナガイサに関わって20年が過ぎました。何かしら少しでもフィリピンの人達の助けになればいいと思っています。いつも笑顔で幸せになりましょう。

Kumusta po mga kaibigan, Ako po ay si Grace Rosendal Nakamura
Simula noon hanggang ngayon ang pagtulong sa kapwa ay hindi nawawala sa puso ko.
“Always Be Positive Happy & Smile”

代表理事 松本義一

大学卒業後カナダ留学を経て、フィリピノナガイサでフィリピン人児童生徒の日本語教育に関わる。その後、フィリピン共和国ダバオ市にあるフィリピン日系人会インターナショナルスクールで日本語教育コンサルタントとして活躍、帰国後、同団体の活動に復帰。2011年よりフィリピン人若者支援を開始。2016年より静岡県内定時制高校非常勤講師・外国人生徒支援員(日本語教育・就職支援)、2018年より浜松市教育委員会外国人子供支援協議会委員。<所属学会>・移民政策学会

 

理事・事務局長 半場和美

フィリピノナガイサには任意団体の頃から在籍し、2012年、団体がNPO法人取得以降は理事として会を支えてきました。同法人では、定住外国人向けの日本語指導・教室運営はもとより、日本人向けに「やさしい日本語講座」や「タガログ語教室」を企画し、主にコーディネーター業務にあたっています。多文化共生がギュッと詰まったフィリピノナガイサの活動は、今では私のライフワークになっています。

理事 吉田佐織

学生の頃から、浜松市の在住外国人、特に子どもの教育に関心がありました。仕事でナガイサと出会い、その後、ご縁があり理事になりました。
社会が変わるには、公的な機関だけではもちろんムリで、地域の人たちの力が大切です。
フィリピン・日本のスタッフが一緒に活躍するナガイサは、その力がある団体だと思っています。

理事 平原マリアエテル

平成22年に浜松市の外国人児童生徒サポーターとして働いていました。さらに、社会経験を積みたいという思いでフィリピノナガイサのボランティアとしての活動も行っていました。現在は神奈川県横浜市に移りましたが、変わらずフィリピノナガイサでの活動を続けています。

理事 鈴木エバ

8年前、日本語教室を探して、フィリピノナガイサに出会いました。最初は、ひらがなとカタカナだけを勉強するつもりでした。しかし実際はそれだけではなく、日本での生活において大切なことや必要な情報、日本の文化などさまざまなことを学ぶことができました。
これからもフィリピノナガイサの活動を続けたいと思っています。よろしくお願い致します。

アバスマリ 6年前に、フィリピンから日本に来ました。中学のときにハロハロクラスに生徒として通っていましたが、高校生になったとき、日本語ができるようになって他のフィリピン人の子供たちに日本語を教え始めました。現在は大学1年生で勉強を頑張っています。

田中寛美             Magandang hapon po sa iyong lahat!
Ako po si Hiromi Tanaka.
Teacher ako sa kindergarten.
Gusto ko ang Pili nut.           青年海外協力隊の幼児教育隊員として、2年間、フィリピンで活動していました。帰国後、ご縁があって、フィリピノナガイサで、時々、手伝いをしています。フィリピン人の陽気さからいつもパワーをもらっています。
幼稚園教諭の専門性を活かして、フィリピノナガイサの活動に貢献できるといいなあと思っています。